今週のメインdeパツイチ2010
第14回スパーキングレディーカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第14回 スパーキングレディーカップ 川崎・ダ1600m  3歳上牝オープン(JpnIII) 2010年7月7日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ベルモントプロテア トゥインクル 2着 ここ2戦2桁着順続く。一時期の勢いはないか。 - -
2 2 メイショウバトラー 南部杯 3着 今回牝馬同士だが相手揃った感有。どこまで? - -
3 3 テイエムヨカドー クイーン賞 2着 やや持ち直す。展開次第で一発ありそう。
4 ハチマンダイボサツ 京成盃GM 4着 ダートでもそこそこ走る。3着穴で一考。 -
4 5 トウホクビジン さきたま杯 4着 連闘も前走が全くいいところなかっただけに。 - -
6 ジョーイロンデル しらさぎ賞 1着 この条件厳しいがこれまでの走りは評価でき。 -
5 7 プティフルリール プランタン賞 3着 前走が負けすぎ。さらに今回古馬相手では... - -
8 タカヒロチャーム ロジータ記念 1着 あと一押し足りない。ここでは入着まで。 -
6 9 キープザチェンジ 霜月特別 1着 今回同型強力。逃げても粘れるかどうか... - -
10 チヨノドラゴン メトロJ 1着 この距離ちと長い感あり。単騎逃げでも... - -
7 11 タッチブライト 皐月特別 1着 楽に先手なら粘りあるがこの組み合わせでは。 - -
12 ウェディングフジコ 中山牝馬S 2着 この条件なら巻き返しある。展開も向きそうで。
8 13 トーホウドルチェ マリーンC 1着 内に行く馬揃った上に外枠。思わぬ苦戦も。 -
14 ラヴェリータ 名古屋大賞典 1着 相手揃った前走の勝利を評価。ここなら。

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第14回スパーキングレディーカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第14回スパーキングレディーカップの展望と予想とヨタ話

 大きいレース続くダート界ですが、ひっそりこんな重賞も。
 貴重な夏場の牝馬限定交流重賞、第14回スパーキングレディーC。

 というわけで、このスパーキングレディーカップ。冬場には数多く開催されている牝馬限定交流重賞ですが、 前述している通り、その時期を外れるとほどんど開催されず。さらに2歳限定のエーデスワイス賞、3歳限定の関東オークスと出走条件が限られてる重賞ばかり。 古馬牝馬が出られる重賞といえば、このスパーキングレディーカップぐらい。

 まぁ、そういうこともあってか、毎年それなりのメンバーが揃うのがこのスパーキングレディーカップ。去年このレースを勝ったラヴェリータに、 直近の牝馬限定交流重賞マリーンカップを勝ったトーホウドルチェ、芝・ダート問わず重賞で好走しているウェディングフジコが参戦。 重賞好走馬が少ない等、南関東勢がやや手薄なのがちと残念だが、まぁ、今年もまずまずのメンバーが揃った一戦になったんじゃないでしょうか。

 でもって、そんなスパーキングレディーカップの予想を。重賞で結果を出しているだけにラヴェリータ・トーホウドルチェ・ウェディングフジコの3頭で勝負すればいいのだが... 気掛かりなのが展開。これらの馬、ことごとく外枠を引いてしまった上に、キープザチェンジ・チヨノドラゴン・タッチブライトといった内にいますからねぇ。 あまり前に行かないラヴェリータ・ウェディングフジコはそこまで気にしなくてもいいんだろうけど...トーホウドルチェはどうなんでしょうかねぇ? 力でねじ伏せればこれらの先行勢には勝てるだろうが、後ろにはラヴェリータ・ウェディングフジコが控えていますからね。今回はこっちから勝負するのが正解でしょうな。

<第14回スパーキングレディーカップ予想>

◎ラヴェリータ
○ウェディングフジコ
▲トーホウドルチェ
△テイエムヨカドー

 一発狙うならクイーン賞2着のテイエムヨカドー。前が止まれば...

結果

1着ラヴェリータ
2着トーホウドルチェ
3着ウェディングフジコ
4着テイエムヨカドー
5着ベルモントプロテア

タイム:1分40秒0 3F:39.3秒
ラヴェリータ 牝4歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・松元茂厩舎
単勝:14番130円
複勝:14番100円、13番110円、12番130円
枠連:8-8 280円 馬連:13-14 270円
枠単:8-8 270円 馬単:14-13 360円
3連複:12-13-14 280円
3連単:14-13-12 770円
ワイド:13-14 130円
    12-14 150円 12-13 250円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。といってもこの配当ではなぁ。
 テイエムヨカドーが来れば...といっても、この差だし。うーむ。

 でもって、スパーキングレディーカップの結果。展開的にはあれやこれやとあったが、結局終わってみれば1・2・3番人気がその順序通り入線するというガチガチの決着に。 注目のハナ争いはキープザチェンジ・タッチブライトが積極的にハナを奪いに行き、それを追いかける形でトーホウドルチェ、そしてラヴェリータが追走。 ただ、さすがに無理してハナを奪いにいったのが堪えたのか、前に行ったキープザチェンジ・タッチブライトは早々に後退。

 で、あとはトーホウドルチェ・ラヴェリータ、そして中団待機から勝負所で上がっていったウェディングフジコ、この3頭の争いに。 展開的には、後ろから行ったウェディングフジコに分がありそうな流れだったが、マクって脚を使い果たしたのか直線で思ったほど伸びず。 結局、ラヴェリータが抜け出し独走態勢に持ち込み、そのまま楽勝。

 そんなこんなで、勝ったのはラヴェリータ。スパーキングレディーカップ連覇達成となりました。 しかも、2着に3馬身差をつけ完勝。やはり牝馬同士では能力が一枚上だったようですな。あと、負けたトーホウドルチェ・ウェディングフジコも悪くはない結果。 これだけやれれば牝馬限定戦なら十分勝ち負けできるでしょう。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。