今週のメインdeパツイチ2010
第46回七夕賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第46回 七夕賞 福島・芝2000m  3歳上オープン(GIII) 2010年7月11日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 エリモハリアー 金鯱賞 11着 2桁着順連発。さすがに衰えたようで。 - -
2 フサイチアウステル 鳴尾記念 7着 復帰戦大敗。しばらくの間は様子見必要か。 - -
2 3 ダイワジャンヌ 阿武隈S 1着 ハマれば走る馬。前走フロック視できぬ。 -
4 ブレーヴハート ダイヤモンド 2着 多少マシに。叩き2戦目で上積みあれば。 -
3 5 ニルヴァーナ 福島TVOP 2着 前走は展開嵌った感あって。今回は? - -
6 ホッコーパドゥシャ 新潟記念 1着 去年の3着馬。近走悪くないし57kgでも。 -
4 7 アルコセニョーラ 福島牝馬S 4着 去年は2着。この条件ならもう少しやれる。
8 ドモナラズ 福島TVOP 4着 大駆けタイプ。手頃な条件だし一発あっても。 -
5 9 サンライズベガ 新潟記念 2着 この条件なら手堅く走る。あとは展開次第。 -
10 バトルバニヤン 福島TVOP 1着 前走評価もOPで伸び悩んだのが気掛かりで。 - -
6 11 イケドラゴン 目黒記念 2着 前走は展開に助けられた感有。ここでは。 - -
12 トウショウシロッコ AJC杯 3着 前2戦が案外。一息入れて巻き返しあれば。 -
7 13 サニーサンデー 福島記念 1着 重賞勝ちあるが54kg止まり。チャンス。
14 ゼンノグッドウッド 金鯱賞 9着 相変わらず入着すらできず。この条件では。 - -
8 15 マイネルグラシュー 美浦S 1着 重馬場&単騎逃げなら一発あるが...さて? -
16 キョウエイストーム 韓国馬事会杯 1着 昇級後の成績冴えず。ハンデは楽だが... - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第46回七夕賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第46回七夕賞の展望と予想とヨタ話

 今週で夏の福島開催も終了。来週からは新潟です。
 そんな夏の福島開催ラストはこの重賞・第46回七夕賞。

 という訳で、この七夕賞。1番人気が連敗し続けるなど「荒れる重賞」として知られたこの七夕賞だが、 最近は比較的無難に決まることもしばしば。去年は1番人気のミヤビランベリが勝ち、以下4番人気・2番人気と続き本命サイドの決着に。 まあ、それでも人気が割れていたお陰で、馬単で3970円、3連単で2万円台とそれなりの配当にはなってしまいましたが。

 ま、それはともかく。今回の七夕賞。荒れる重賞とか夏の福島開催の締めくくりとなる重賞とか謳い文句はいろいろあるが、基本的にはローカル場のハンデ重賞。 新潟大賞典やエプソムカップ、福島テレビOP等各種中距離OPを使って来た馬が「無難なレース」として次に選んだのがこの七夕賞。そんなこんなで、 出走メンバーもこれら重賞・OPとあまり変わらない面々に。

 となれば、予想はこれらのレースで好走した馬中心でいいでしょう。前走は案外だったが、GIIIで好走多いサンライズベガや、 去年は3着、その後新潟記念を制したホッコーパドゥシャ、去年の福島記念を勝ったサニーサンデーとかさ。ただ、何だかんだいっても「荒れる重賞」。 ここまでスンナリ決着しないんじゃないでしょうか。不振続いたがたまに一発あるドモナラズや、重賞でビリ2連発するも一息入れて多少持ち直したブレーヴハート、 重馬場になってかつ楽に単騎逃げできれば前残りもありそうなマイネルグラシューとかさ。

<第46回七夕賞予想>

◎サンライズベガ
○ドモナラズ
▲ホッコーパドゥシャ
△サニーサンデー
△アルコセニョーラ
△トウショウシロッコ

 しかし、どの馬が人気になるか読めないなぁ...

結果

1着ドモナラズ
2着アルコセニョーラ
3着サンライズベガ
3着バトルバニヤン(同着)
5着トウショウシロッコ

タイム:2分00秒4 3F:35.7秒
ドモナラズ 牡5歳
騎手:柴田善臣 厩舎:栗東・音無厩舎
単勝:8番1980円
複勝:8番370円、7番230円、9番170円 10番180円
枠連:4-4 11440円 馬連:7-8 11440円
馬単:8-7 23040円
3連複1:7-8-9 12600円
3連複2:7-8-10 14180円
3連単1:8-7-9 91300円
3連単2:8-7-10 99480円
ワイド:7-8 1780円
    8-9 1400円 8-10 1320円
    7-9 710円 7-10 840円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中!穴予想◎のドモナラズが来ましたな。
 しかし、11番人気で単勝1960円っていうのはなぁ。うーむ。

 でもって、七夕賞の結果。最後はハンデ戦らしい横一線の争いになったが、最終的に軍配が上がったのは大外を回った組。 道中最後方追走から大外を回って伸びてきたドモナラズが抜け出し1着、そしてその内にいたアルコセニョーラが単独で2着確保。 3着はサンライズベガ・バトルバニヤンが並んだ状態で入線、写真判定の結果同着に。

 というわけで、今年の七夕賞は波乱に終わった訳ですが...勝ったドモナラズを除けばそれなりに無難な結果。 まぁ、こういう馬が勝ってしまうから荒れる重賞なんですけどね。

 ま、それはともかく。勝ったドモナラズ。ハンデが軽かったとか展開がハマったとか、まぁ、勝因はそんなところだろうけど... これまでがそうだったように「急に思い出したかのように走り出す」のがこの馬ですからねぇ。今回もその範疇だったんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。