今週のメインdeパツイチ2010
第12回小倉サマージャンプ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第12回 小倉サマージャンプ 小倉・芝3390m  3歳上オープン(J.GIII) 2010年7月24日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 トウカイポリシー 中山GJ 5着 少し足りない。うまく流れに乗れないと。
2 2 ゴルデンシュライン 障・オープン 8着 前走イマイチ。流れ向けばもう少しは... - -
3 3 ゴールデンカイザー 障・オープン 4着 昇級後頭打ち。オープンでは入着までか。 - -
4 ランヘランバ 障・オープン 1着 嵌れば前走ぐらいは走る。ここも展開次第。 -
4 5 スプリングカエサル 障・オープン 5着 クラス慣れあれば多少は。3着なら。 - -
6 カブリオール 福島ジャンプ 12着 昇級初戦が散々。もう少し時間がかかるか。 - -
5 7 ハッピーヘイロー 春麗ジャンプ 1着 前2戦が今一つ。OP快勝時の勢い戻れば。 -
8 コウエイトライ 東京ジャンプ 2着 いい頃の走り戻ったか。前走ぐらい走れば。 -
6 9 バトルブレーヴ 京都ハイJ 2着 前2戦の走りを評価。復調してきたか。 - -
10 ワンダールストラー 障・オープン 4着 相手なりには走りそう。3着穴で一考。 -
7 11 マッキーガリウム 障・オープン 3着 昇級後頭打ち気味だが流れが向けば多少は。 -
12 ドリームガールズ 障・オープン 3着 同型の出方次第だが楽に行ければ重賞でも。
8 13 ワンダーシンゲキ 東京ハイJ 3着 休み明けの前走悪くなく。叩き2戦目で。 -
14 パルティアシチー 障・オープン 1着 OPでも手堅く走る。重賞でもそれなりに。 -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第12回小倉サマージャンプ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第12回小倉サマージャンプの展望と予想とヨタ話

 この時期の重賞ということで手薄になりがちだが...
 このレースに限ってはそうとも言えません。第12回小倉サマーJ。

 という訳で、この小倉サマージャンプ。前述している通り、夏場のローカル場、しかもジャンプ重賞ということもあってメンバーが手薄になってしまっても不思議ではないのだが、 この小倉サマージャンプは妙にメンバーが揃う一戦に。しかも、揃うだけではなく、ここを足掛かりにして一気に飛躍する馬もいますからねぇ。軽く扱うと後々痛い目に遭う重賞。

 でもって、今回の小倉サマージャンプ。過去にこのレースで好走しているコウエイトライ・バトルブレーヴが前走の東京ジャンプステークスでようやくスランプ脱出しただけに、 この2頭で勝負したくなるところだが...なかなか成績安定しないのが問題。前走がそうだからといって今回もそうなるかといえば微妙なところ。だったら、他の馬で勝負するのもアリでしょう。 クラス慣れしたのか粘りが増してオープンでも通用しだしたランヘランバ、流れに乗れれば手堅く上位確保できるパルティアシチーとかさ。

<第12回小倉サマージャンプ予想>

◎ランヘランバ
○ワンダーシンゲキ
▲パルティアシチー
△ドリームガールズ
△トウカイポリシー
△コウエイトライ

 穴なら休み明け悪くなかったワンダーシンゲキだが、10歳じゃキツいかなー

結果

1着ランヘランバ
2着バトルブレーヴ
3着コウエイトライ
4着トウカイポリシー
5着ハッピーヘイロー

タイム:3分40秒0(R) 3F:38.5秒
ランヘランバ 牡7歳
騎手:五十嵐雄祐 厩舎:栗東・藤沢則厩舎
単勝:4番360円
複勝:4番150円、9番150円、8番140円
枠連:3-6 910円 馬連:4-9 1070円
馬単:4-9 1830円
3連複:4-8-9 880円
3連単:4-9-8 5810円
ワイド:4-9 440円
    4-8 330円 8-9 280円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。まぁ、買えなくはない組み合わせなんだが...
 バトルブレーヴが抜けてるんじゃなぁ。うーむ。

 でもって、小倉サマージャンプの結果。ドリームガールズ・コウエイトライが互いに譲らず、この2頭が後続を引き離して逃げる展開。 そして勝ったランヘランバはこれを見る形で2番手集団を追走。ドリームガールズが早々にバテ、コウエイトライが単騎で逃げる形になると、 ランヘランバが徐々に差を詰めにかかり3コーナーで併走状態に。そして最終的には中団待機していたバトルブレーヴも加わり、3頭並んだまま直線へ。

 あとは、この人気3頭の争いになるかと思ったが...コウエイトライがあっさり脱落、ランヘランバ・バトルブレーヴの一騎打ちに。 体勢的には先に動いたランヘランバの方が有利だったが、バトルブレーヴもこれにしぶとく食い下がり、並んだままゴールへ。ただ、結果は入れ替わりナシ。 ランヘランバがバトルブレーヴをクビ差封じて1着に。

 そんなこんなで、勝ったのはランヘランバ。重賞好走あるバトルブレーヴ・コウエイトライを下しての重賞制覇は評価していいでしょう。 しかも、3着以下には9馬身という決定的な差をつけてますからね。これからも十分期待できる一頭なんじゃないでしょうか。 あと、負けたとはいえバトルブレーヴ・コウエイトライも2・3着確保。ここ数戦が「気まぐれ」ではなく、本格的に復調してきたと考えるのが妥当なのかもしれませんな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。