今週のメインdeパツイチ2010
第42回函館2歳ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第42回 函館2歳ステークス 函館・芝1200m  2歳オープン(GIII) 2010年8月8日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 マイネショコラーデ ラベンター賞 2着 前走はハナ差の2着。スピードで押し切りも? -
2 2 トラストワン 芝千二1:11.8 1着 平凡。重賞ではさすがに足りないか。 - -
3 3 ディアマンボウ ダ千1:00.4 1着 ダート向きの感否めず。芝ではちと苦しい。 -
4 4 アポロジェニー ダ千1:00.9 1着 地味。芝ではスピード不足の感あって。 - -
5 テイエムシャトウ 芝千二1:12.4 1着 前走快勝も時計不足。重賞では厳しいか。 - -
5 6 タイセイファントム ラベンダー賞 4着 前走前と差のある4着。ちと足りないか。 - -
7 マジカルポケット 芝千二1:11.4 1着 新馬で後のラベンダー賞勝ち馬を撃破。注意。
6 8 コットンフィールド 芝千二1:10.9 1着 新馬戦快勝。ただ今回は前走のようには... - -
9 ドリームバロン 芝千二1:13.3 1着 新馬は展開嵌った感否めず。ここでは。 - -
7 10 イーグルカザン ダ千1:00.0 1着 時計は悪くない。芝こなせればそれなりに。 -
11 エーシンジャッカル 芝千二1:10.4 1着 新馬勝ちの内容上々。この相手なら。
8 12 ラッシュウインド ダ千二1:14.8 1着 今回芝の重賞だし前走展開嵌った感あって... - -
13 ルリニガナ 芝千0:57.8 1着 新馬戦余裕の勝利。重賞でも十分やれそうで。

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第42回函館2歳ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第42回函館2歳ステークスの展望と予想とヨタ話

 夏競馬といえば、これを忘れちゃいけませんよ。2歳戦。
 そんな2歳馬にとって初の重賞・第42回函館2歳ステークス。

 そんなこんなで、この函館2歳ステークス。新種牡馬ディープインパクトの仔が早速新馬戦を勝ち上がったりするなど、 この時期にしては何かと2歳馬の話が出てくる昨今ですが...この函館2歳ステークスはそういうのとはあまり縁がないようで。地味な一戦になってしまいました。

 とはいえ、まぁ、2歳戦がスタートしてから間もないということで、この辺りのバラつきは大目にみておきましょうか。とりあえず、函館2歳ステークスの予想を。 地味な一戦に相応しく(?)、これといって抜けた馬がいない一戦。新馬戦を快勝したルリニガナとか、ラベンダー賞でレコード勝ちした馬とハナ差の2着があるマイネショコラーデ、 そのラベンダー賞を勝ったロビンフットを新馬戦でちぎったマジカルポケット、この3頭がそれなりのポジションにつけていると考えられるが...この程度だったら他の馬でも通用するんじゃないでしょうか。 何かあれば一波乱あっても不思議ではないでしょう。

 そんなこんなで、なかなか難解な一戦。とりあえず、前述の3頭はマークしておくが、他の穴っぽい馬も拾っておくのが吉でしょう。 新馬勝ちの時計上々のエーシンジャッカルとか、芝こなせれば出番ありそうなイーグルカザン・ディアマンボウとかさ。

<第42回函館2歳ステークス予想>

◎マイネショコラーデ
○エーシンジャッカル
▲マジカルポケット
△ルリニガナ
△エーシンジャッカル

 あとはオッズ次第。うまく妙味ある配当になればいいんだが...

結果

1着マジカルポケット
2着マイネショコラーデ
3着ルリニガナ
4着エーシンジャッカル
5着タイセイファントム

タイム:1分11秒2 3F:36.2秒
マジカルポケット 牡2歳
騎手:安藤勝己 厩舎:栗東・領家厩舎
単勝:7番410円
複勝:7番140円、1番120円、13番150円
枠連:1-5 390円 馬連:1-7 620円
馬単:7-1 1220円
3連複:1-7-13 1090円
3連単:7-1-13 4390円
ワイド:1-7 260円
    7-13 400円 1-13 290円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中!まぁ、人気の組み合わせでしたけどね。
 エーシンジャッカルがもう少し頑張れば3連単多少ついたんだが...

 という訳で、人気所が上位を手堅く確保した今回の函館2歳ステークス。勝ったのは2番人気のマジカルポケット。 逃げ粘る1番人気のマイネショコラーデをゴール手前で捕らえ並んだままゴールへ。写真判定に持ち込まれたが、軍配はマジカルポケットの方に。

 そんなこんなで、目立った波乱もなく下馬評通りといっていい結果に終わった今回の函館2歳ステークス。 内容の方も「上位馬がその実績通りの走りをした」、まぁ、そんなところじゃないでしょうか。あとは、これらの馬が今後どこまで通用するか、でしょうな。 この辺りは暫く様子を見てみないと分からないだけにねぇ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。