今週のメインdeパツイチ2010
第58回クイーンステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第58回 クイーンステークス 札幌・芝1800m  3歳上牝オープン(GIII) 2010年8月15日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ショウリュウムーン チューリップ 1着 オークスブービーも距離短縮で巻き返し。 -
2 2 プロヴィナージュ 阪神牝馬S 2着 この条件なら巻き返しある。ヒモで一考。 -
3 3 マルティンスターク 釜山S 3着 準OPでなんとか掲示板確保する程度では。 - -
4 ダークエンジェル かもめ島特別 1着 相手一気に手強くなる上に別定戦では... - -
4 5 ヒカルアマランサス ヴィクトリア 2着 前走今一つだったが巻き返しあれば通用。 -
6 ブラボーデイジー エンプレス杯 1着 トーンダウン。立て直していればいいが... - -
5 7 モーニングフェイス オークス 8着 それなりに走る。さらなる成長あれば。
8 カウアイレーン 東京スマイル 1着 ここ数戦の充実っぷりを評価。重賞でも。 -
6 9 ラヴドシャンクシー 雄国沼特別 1着 ここ数戦手堅く走るがさすがに重賞では。 - -
10 ムードインディゴ 府中牝馬S 1着 前走かなりマシになる。そろそろ出番? -
7 11 レジネッタ 桜花賞 1着 前走の負け方問題。実績認めるか過信は禁物。 - -
12 アプリコットフィズ クイーンC 1着 GIでも好走ある馬。3歳馬で斤量も有利で。
8 13 ピエナビーナス クイーンS 1着 去年の勝ち馬。近走冴えないが一発注意。 - -
14 ウェディングフジコ 中山牝馬S 2着 重賞でも手堅く結果出す。この相手なら。

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第58回クイーンステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第58回クイーンステークスの展望と予想とヨタ話

 夏競馬真っ盛り。北海道シリーズは今週から札幌開催に。
 そんな札幌開催一発目の重賞・第58回クイーンステークス。

 でもって、このクイーンステークス。古馬牝馬の大一番・エリザベス女王杯に向けて有力馬始動、といいたいところだが、 この時期から3歳馬も古馬といっしょに走ることができることもあって、ここ経由で秋華賞を目指す3歳牝馬もちらほら。 まぁ、どちらにせよ秋の牝馬路線を占う上で大事な一戦であることには違いないですが。

 ま、それはともかく。今回のクイーンステークス。前述している通り、3歳馬がちらほら出走してくるのがこのクイーンステークス。 で、今年は出走馬のレベルもまずまずだったりするだけに、この辺りもマークしつつ予想を。とりあえず、ヒカルアマランサスやウェディングフジコ、プロヴィナージュといった古馬の重賞実績馬もいることだし、 この辺りはきっちりおさえておきましょうか。実績的にはレジネッタも問題ないのだが、前走のマーメイドSのブービーがなぁ。今回は様子見するのが正解でしょう。

 あとは3歳勢。クイーンC勝ちで桜花賞・オークスでも好走したアプリコットフィズは外せないでしょう。あとは古馬勢との兼ね合いが問題だが、 忘れな草賞勝ちのモーニングフェイス、距離短縮で変わりそうなショウリュウムーンにもチャンスはあるでしょう。

<第58回クイーンステークス予想>

◎ヒカルアマランサス
○カウアイレーン
▲アプリコットフィズ
△プロヴィナージュ
△ウェディングフジコ
△モーニングフェイス

 一発狙うならカウアイレーン。仕掛け所難しいが嵌れば。

結果

1着アプリコットフィズ
2着プロヴィナージュ
3着カウアイレーン
4着レジネッタ
5着ショウリュウムーン

タイム:1分47秒6 3F:35.0秒
アプリコットフィズ 牝3歳
騎手:武豊 厩舎:美浦・小島太厩舎
単勝:12番400円
複勝:12番170円、2番160円、8番390円
枠連:2-7 1200円 馬連:2-12 1410円
馬単:12-2 2550円
3連複:2-8-12 6890円
3連単:12-2-8 30380円
ワイド:2-12 570円
    8-12 1100円 2-8 1250円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。軸は来なかったが一応的中。
 しかし、惜しかったなぁ、カウアイレーン。もう少しだったんだが...

 それはともかく、クイーンステークスの結果。難なく勝ってしまいましたなぁ。アプリコットフィズ。 相手もそれなりに揃っていた上に、古馬との初対決。しかし、蓋を開けてみれば横綱相撲で完勝してしまいましたからね。 まぁ、3歳馬ということで-3kgの斤量の恩恵があったことを考慮すればこんなもんかもしれませんが。

 レース自体は、それなりに前に行く馬が揃ったこともあって、スタート直後は各馬1コーナーに殺到するような展開になったが、 その1コーナーを制してマルティンスタークが先頭に立つとペースは落ち着き、前半3ハロン通過が36.2秒、1000m通過が1:00.6というペースに。 まぁ、こういうペースでは前に行った馬が残ってしまうのも仕方がない訳で。結局、2・3番手にいたアプリコットフィズ・プロヴィナージュが直線に入っても止まらず、 そのまま居残り。最後、外からカウアイレーンが伸びてきたが、アプリコットフィズどころかプロヴィナージュも捕らえきれず3着。

 そんなこんなで、勝ったアプリコットフィズ。前述している通り「3歳馬の斤量の恩恵」はあるだろうけど、それを考慮してもこの勝利は十分評価できるものなんじゃないでしょうか。 春は大きいところを獲れず終いだったが、能力は未だ健在だということを今回の勝利でアピール。他の有力所が秋を迎えて「あらあら」な状態になっているようなら、 この馬にチャンスが巡ってきてもいいんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。