今週のメインdeパツイチ2010
第12回新潟ジャンプステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第12回 新潟ジャンプステークス 新潟・芝3250m  3歳上オープン(J.GIII) 2010年8月21日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ニューパワー 障・オープン 5着 バテバテの競馬続く。ついて回るのが精一杯。 - -
2 2 タイキレーザー 東京オータム 1着 重賞勝ちあるが今回長期休養明け。様子見。 -
3 3 サニーネイティブ 障・未勝利 1着 展開嵌って勝てた感有。重賞ではさすがに。 - -
4 コウエイトライ 東京ジャンプ 2着 前2戦の走りを評価。展開次第で押し切りも。 -
4 5 トップフリーダム 障・未勝利 1着 そこそこの脚使う。流れに乗れれば重賞でも。
6 エイシンニーザン 中山GJ 5着 久々すぎ。とりあえずここは様子見か。 - -
5 7 トーセンコックス 障・オープン 1着 昇級戦も完勝。今回相手強化されるがここも。
8 トキノナスティア 障・オープン 3着 前走まずまずも勝ち馬を逆転するのはさすがに。 -
6 9 アイズオブゾロ 障・未勝利 1着 未勝利脱出に時間を要す。OPでは苦しい? -
10 マイネルネオス 障・オープン 1着 能力は悪くないが落馬少し多いのが気掛かり。
7 11 タマモサプライズ 障・オープン 1着 前走の東京JS大敗が問題。揉まれ弱いのか? -
12 マヤノスターダム 阪神ジャンプ 1着 春の成績案外。平地使って変わればいいが... - -
8 13 ビコーフェザー 京都ジャンプ 5着 後方をついて回るだけ。よほど嵌らぬと。 - -
14 パルティアシチー 障・オープン 1着 嵌れば馬券には絡む馬。ただ重賞となると... - -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第12回新潟ジャンプステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第12回新潟ジャンプステークスの展望と予想とヨタ話

 秋の大一番・中山大障害に向けて有力馬始動。
 ...とか言ってみたいですな。第12回新潟ジャンプステークス。

 そんなこんなで、この新潟ジャンプステークス。時期も時期だし条件も中途半端ということもあって、これといった大きなレースに繋がりそうもない一戦。 まぁ、ここを使って阪神ジャンプステークス、東京ハイジャンプで一稼ぎを目論む馬はいるかもしれませんが...

 という訳で、この新潟ジャンプステークス。前述している問題もあるのか、メンバーがイマイチ揃わない一戦。そして、波乱になりがちな一戦。 とにかく2桁人気馬がよく馬券に絡みます。去年こそ2〜4番人気で無難に決着したが、それ以前は3連単10万越えなんてザラでしたからねぇ。 一波乱あると考えて予想するのが正解でしょう。

 そんなこんなで、新潟ジャンプステークスの予想を。無難に予想するなら近走成績を評価してコウエイトライ・トーセンコックスなのだが...ねぇ。 とりあえずこの辺りはおさえにしておいて、穴っぽいところをうまく引っかけることに集中しましょうか。未勝利勝ちが地味だが、嵌ればいい末脚使うトップフリーダムとか、 前走の快勝を評価してマイネルネオス、相手なりには走ってくれそうなトキノナスティアとかどうでしょうかねぇ。あと、エイシンニーザン・タイキレーザーといった長期休養明けの馬を狙うのもアリだが、 そこはあくまで仕上がり次第かな。

<第12回新潟ジャンプステークス予想>

◎コウエイトライ
○トップフリーダム
▲トーセンコックス
△マイネルネオス
△トキノナスティア

 しかし、こういう時に限って順当に決まりそうな気が...

結果

1着コウエイトライ
2着トップフリーダム
3着ビコーフェザー
4着トーセンコックス
5着マイネルネオス

タイム:3分32秒0 3F:37.2秒
コウエイトライ 牝9歳
騎手:高田潤 厩舎:栗東・山内厩舎
単勝:4番280円
複勝:4番150円、5番840円、13番300円
枠連:3-4 3230円 馬連:4-5 9040円
馬単:4-5 14400円
3連複:4-5-13 29190円
3連単:4-5-13 162800円
ワイド:4-5 2810円
    4-13 710円 5-13 5840円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。トップフリーダム来ましたな。
 出来れば3着まで当てたかったんだが...4・5着止まり。うーむ。

 でもって、新潟ジャンプステークスの結果、この条件だったらきっちり結果出しますな。コウエイトライ。相手も展開も楽で、終始先頭のままゴールへ。 そんなこんなで、1番人気のコウエイトライが順当に勝った訳ですが...一筋縄ではいかないのがこの新潟ジャンプステークス。2着に12番人気のトップフリーダムが入ったもんで3連単16万馬券と波乱の決着に。

 まぁ、それはともかく。勝ったコウエイトライ。前述している通り、相手関係も楽だったし、展開自体もマイペースの逃げに持ち込めたこともあって、直線に入っても勢いは衰えずそのまま押し切り勝ち。 一時期スランプに陥っていたが、ここ数戦で持ち直し、そして今回の重賞制覇。本格的に復調したと考えていいんじゃないでしょうか。

 あと、他の馬。2着のトップフリーダムは最終障害着地後にバランスを崩したのがイタかったか。これがなければもう少し際どい勝負に持ち込めたんじゃないでしょうか。 トーセンコックス・マイネルネオスはちょっと大事に乗りすぎたか。差は詰めたが、前がなかなか止まらないこの流れではねぇ。 まぁ、とりあえず重賞でもそれなりにはやれることは証明できたんで、それで良しとしましょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。