今週のメインdeパツイチ2010
第5回キーンランドカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第5回 キーンランドカップ 札幌・芝1200m  3歳上オープン(GIII) 2010年8月29日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ビービーガルダン 高松宮記念 2着 斤量1kg減。ライバルは休み明けだしチャンス。
2 ローレルゲレイロ スプリンタS 1着 実績ダントツも休み明け走らない傾向あって。 -
2 3 ベストロケーション 京都牝馬S 2着 今年春の成績が散々。一息入れて巻き返しは? -
4 キルシュブリューテ サンライズS 1着 2桁着順連発。OPなら兎も角重賞では辛い。 - -
3 5 ジェイケイセラヴィ アイビスSD 2着 昇級後も上々の成績。ただ今回強敵揃って。 -
6 モルトグランデ UHB杯 2着 休み明け後も悪くなく成績続く。ヒモで。
4 7 マヤノツルギ UHB杯 5着 休み明けの前走まずまずも重賞が壁っぽくて。 -
8 ウエスタンビーナス UHB杯 1着 どうやら復調した様子。ただ今回相手強く... -
5 9 ピサノパテック TV愛知OP 6着 煮え切らない内容続く。あって入着までか。 - -
10 ワンカラット 函館SS 1着 別定戦と条件楽に。重賞連勝でシリーズ制覇も。 -
6 11 サープラスシンガー 淀短距離S 1着 叩き2戦目で上積みあるが...前走負けすぎで。 - -
12 ポートジェネラル 東京スプ 4着 芝の重賞ではさすがにスピード不足の感あって。 - -
7 13 ケイアイアストン 尾張S 3着 伸び悩む。重賞では力不足のようで... - -
14 ゲイルスパーキー バレンタイン 1着 ここ数戦いいところなく。相手も揃ったし。 - -
8 15 トウカイミステリー 札幌日刊スポ 1着 一旦降級するも巻き返し。だが重賞だと? - -
16 トシギャングスター ファルコンS 2着 この距離なら巻き返しあっていい。侮れず。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第5回キーンランドカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第5回キーンランドカップの展望と予想とヨタ話

 栄冠は北海道滞在組に輝くのか?
 サマースプリント第4戦・第5回キーンランドカップ。

 という訳で、このキーンランドカップ。前述の通り、サマースプリント第4戦。同日開催の新潟記念でサマー2000シリーズは終了なのだが、このサマースプリントシリーズはセントウルSが残っています。 そんなこんなで、シリーズ自体はまだ続くのだが...ねぇ。函館SS勝ちのワンカラットや同レース2着のビービーガルダン、アイビスSD2着のジェイケイセラヴィ辺りが勝ってしまうと、他の馬はちょっとやそっとじゃ逆転できなくなりますからね。 ここの結果次第で体勢決してしまう可能性も十分あるでしょう。

 とまぁ、サマースプリントに関する諸々があったりするのだが、ぼちぼちこっち方面で動いてくる馬もいる訳で。スプリンターズステークス。 今回はそのスプリンターズステークス連覇を目論むローレルゲレイロがこのキーンランドカップで始動。さらに、函館SS2着のビービーガルダンもどちらかといえばサマースプリントというよりも目標はこっち。

 そんなこんなで、スプリント路線の一線級がここで激突することになるのだが...「今回は」ビービーガルダンに分があるんじゃないでしょうか。 実績的には去年のスプリンターズSではローレルゲレイロがビービーガルダンを破っているだけに、ローレルゲレイロ優勢なのだが、今回そのローレルゲレイロは休み明け。 元々、休み明けは凡走傾向あるだけに今回はちと苦しいんじゃないでしょうか。さらに斤量差もあったりするし。あとはヒモ。この辺りは手堅く実績馬を拾っていけばいいんじゃないでしょうか。別定戦だし。 ローレルゲレイロは走る走らないがはっきりしている馬なので、思い切って外してしまってもいいのかもね。

<第5回キーンランドカップ予想>

◎ビービーガルダン
○トシギャングスター
▲ワンカラット
△ジェイケイセラヴィ
△モルトグランデ
△ローレルゲレイロ

 一発狙うなら距離短縮で巻き返しありそうな3歳馬トシギャングスターかな。

結果

1着ワンカラット
2着ジェイケイセラヴィ
3着ベストロケーション
4着ビービーガルダン
5着モルトグランデ

タイム:1分08秒4 3F:34.7秒
ワンカラット 牝4歳
騎手:藤岡佑介 厩舎:栗東・藤岡厩舎
単勝:10番370円
複勝:10番190円、5番480円、3番940円
枠連:3-5 1110円 馬連:5-10 3000円
馬単:10-5 4690円
3連複:3-5-10 27710円
3連単:10-5-3 110430円
ワイド:5-10 1000円
    3-10 2090円 3-5 5850円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。○▲で一応来たことは来たが...
 軸が今一つではなぁ。一応4着は確保したが馬券には絡めず。

 でもって、キーンランドカップの結果。実績馬が揃った一戦だったが、この馬に軍配が上がりました。ワンカラット。函館SSに続きこのキーンランドカップも制覇。 そしてサマースプリントシリーズ制覇に王手。まぁ、最後のセントウルSがGIIなので、一部の馬にはまだ逆転のチャンスは残っていますが...なかなか厳しいんじゃないですかね。 次のスプリンターズステークスのことも考えないといけないし。

 まぁ、それはともかく。キーンランドカップの詳細を。それなりに行く馬揃ったが、内枠引いたことだしローレルゲレイロがハナへ...となるかと思いきや、 スタート直後の行き脚が今一つでハナどころか中団まで下げてしまう始末。代わって逃げたのがサープラスシンガーとポートジェネラル、そしてこれを見る形で勝ったワンカラット、 1番人気のビービーガルダンが追走。

 そんな中、真っ先に動いたのがワンカラット。3コーナーでスパートし逃げた2頭と並んだまま直線へ。直線では、ワンカラットの直後にいたジェイケイセラヴィも馬群を割って抜け出してきたが、 脚色はワンカラットの方が上。結局、1/2馬身差をつけ勝利。

 しかし、1番人気のビービーガルダン。結果は4着でしたが、4コーナーでうまく馬群を捌けていれば勝ち負け出来る内容だったんじゃないでしょうか。 枠順なりに最内を走り4コーナーでも内。ただ、逃げた2頭が下がってきたんで、これを交わすために外へ出したのだが...空いているスペースをジェイケイセラヴィに取られてしまう始末。 前が開いてからはそれなりに伸びているだけにねぇ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。