今週のメインdeパツイチ2010
第30回新潟2歳ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第30回 新潟2歳ステークス 新潟・芝1600m  2歳オープン(GIII) 2010年9月5日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 マイネルラクリマ ダリア賞 3着 前走はやや差のある3着。逆転は苦しいか。 - -
2 リーサムポイント 芝千八1:48.7 1着 前走余裕の勝利。展開嵌ればここでも。 -
2 3 クラウンフィデリオ 芝千二1:11.3 1着 スピード不足の感。時計掛からないと。 - -
4 クリーンエコロジー 芝千八1:50.5 1着 新馬戦は展開嵌った感あるも強い内容で。
3 5 コスモイーチタイム ダ千二1:14.0 1着 今回は芝。ダートの持ち時計も今一つで。 - -
6 サイレントソニック ダリア賞 2着 相手揃うとこんなもん?上位はあるが... -
4 7 マルタカシクレノン ダリア賞 8着 粘り足りず。楽に行けても瞬発力勝負だと... - -
8 ニシノクエーサー 芝千四1:23.9 1着 末脚悪くなく。展開嵌れば一発あっても。 -
5 9 ホーマンフリップ 芝千四1:24.3 1着 前走2着とは小差もその後ろは5馬身差。注意。
10 リュウシンヒーロー ダ千二1:13.9 1着 芝こなしていい血統。注意は必要かも。 -
6 11 ワイルドジュニア ルーキーCh 1着 今回芝の重賞。さすがにスピード不足か。 - -
12 レッドセインツ 芝千六1:36.9 1着 新馬ではいい脚使って抜け出す。能力非凡。 -
7 13 ヴァナディース 芝千六1:36.7 1着 地味だがそこそこ走る。軽視は禁物で。 -
14 フロールジェナ ダリア賞 6着 ダリア賞が今一つの結果。入着までか。 - -
15 デラコリーナ 芝千四1:22.8 1着 新馬戦まずまず。今回重賞だが多少は通用。 -
8 16 マイネイサベル 芝千四1:22.4 1着 新馬戦の時計悪くなく。流れに乗れれば。 - -
17 エーシンブラン ダリア賞 1着 前走完勝。この勢いはまだ続くか。 -
18 キッズニゴウハン 芝千六1:35.0 1着 前走悪くないが、新馬が今一つだったのが... - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第30回新潟2歳ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第30回新潟2歳ステークスの展望と予想とヨタ話

 9月に入ったこともあって今週で夏競馬終了。
 最後の〆は2歳戦。こっちはマイル戦・第30回新潟2歳S。

 とまぁ、そんなこんなで、サマーシリーズ以外にも夏競馬にはこれがある訳でして。2歳戦。 先月の函館2歳ステークスはこれといって波乱もなく順当に決まったが...ぼちぼち新馬の頭数も揃ってきて、なかなか思うようにいかなくなってくる時期。 そのせいか、この新潟2歳ステークス。かなり荒れます。一応、セイウンワンダーやエフティマイア、シンメイフジのように人気馬が上位に来ることは来るのだが...他がねぇ。 かなりの人気薄が絡んで荒れることがしばしば。

 で、この辺りを踏まえて新潟2歳ステークスの予想を。エーシンブランやサイレントソニック、マイネルラクリマといったダリア賞上位馬が揃っているだけに、 このダリア賞組で順当に決まってもいい気がするが...そこまで抜けている存在でもないだけに、他の馬も十分勝負になるんじゃないでしょうか。 新馬戦で逃げてそのまま後続をちぎってしまったクリーンエコロジーや、中団から突き抜け圧勝したリーサムポイントとかさ。

<第30回新潟2歳ステークス予想>

◎クリーンエコロジー
○ヴァナディース
▲エーシンブラン
△リーサムポイント
△ホーマンフリップ
△レッドセインツ

 一発狙うなら地味な新馬勝ち組でしょうな。
 この時期じゃ1戦ぐらいではどうとも言えないこと多いんで...

結果

1着マイネイサベル
2着マイネルラクリマ
3着レッドセインツ
4着エーシンブラン
5着デラコリーナ

タイム:1分34秒5 3F:34.2秒
競走除外:9番
マイネイサベル 牝2歳
騎手:松岡正海 厩舎:美浦・水野厩舎
単勝:16番2630円
複勝:16番750円、1番850円、12番300円
枠連:1-8 930円 馬連:1-16 29400円
馬単:16-1 67100円
3連複:1-12-16 107160円
3連単:16-1-12 867410円
ワイド:1-16 6380円
    12-16 3690円 1-12 3850円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。あーあ、荒れちゃいましたか。
 しかも今年は人気所がどれも絡めず。5番人気が3着に入った程度。

 でもって、新潟2歳ステークスの結果。前述している通り、1着に9番人気のマイネイザベル、2着に10番人気のマイネルラクリマ、3着に5番人気のレッドセインツが入ったもんで、 馬連・馬単は万馬券、3連複10万馬券、3連単86万馬券という大波乱の結果に。逆に人気所は1番人気のクリーンエコロジーが10着、2番人気のキッズニゴウハンが8着、 3番人気のリーサムポイントが12着と散々な結果に。やはり2歳戦は読み辛いですなぁ。

 レース自体は、この時期の2歳マイル戦ということもあって、前半3ハロン通過が36.0秒、1000m通過が1:00.3と緩めのペース。そんなペースの中、1番人気のクリーンエコロジーが快調に逃げていたのだが... 直線では新馬戦ほどの伸びを見せることが出来ず馬群に沈む結果に。2番手につけていたマイネルラクリマは最後まで粘るが、外から伸びてきたマイネイサベルに最後差されてしまい2着。

 という訳で、勝ったのはマイネイサベル。今回人気はあまりなかったが、新馬戦のタイムは上々だったんだし、こういう結果になっても不思議ではないでしょう。 今回の新潟2歳ステークス、どちらかというと、勝った馬の勝因より負けた馬の敗因が気になるところ。ゲートでのゴタゴタや緩めのペースで掛かってしまったとか、 そんなこんなで集中力を欠いて負けた、というなら巻き返しあってもいいのだが...さて、どうなんでしょうか?



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。