今週のメインdeパツイチ2010
第64回セントライト記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第64回 セントライト記念 中山・芝2200m  3歳オープン(GII) 2010年9月19日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ナイスミーチュー ラジオNIKKEI 4着 重賞好走は評価するも少しジリっぽく。 - -
2 アロマカフェ ラジオNIKKEI 1着 青葉賞で多少決着済の感あるがこの相手なら。 -
2 3 ゲシュタルト 日本ダービー 4着 ダービー4着を評価。前で楽に競馬できれば。 -
4 ミッションモード 青葉賞 7着 今回叩き2戦目。上積みあれば多少は。 - -
3 5 フェイルノート 500万下 1着 堅実駆け評価。今回重賞だがそれなりに。 - -
6 シルクスチュアート 500万下 2着 未知数な面あるが重賞ではさすがに辛いか。 - -
4 7 ベストアンサー 浦佐特別 1着 末脚なかなか。展開向けば重賞でも出番。 -
8 ミキノバンジョー 西部スポニチ 1着 この連勝は評価。流れに乗れればここも。
5 9 ファーストグロース 佐渡金銀山 4着 昇級後の成績今一つも時計掛かれば多少は。 - -
10 ゲームマエストロ 佐渡金銀山 1着 復帰初戦上々の内容。展開鍵だが嵌れば。 -
6 11 シャイニンアーサー ラジオNIKKEI 7着 前走案外。嵌れば一発ある馬だが、さて? -
12 ダークシャドウ 支笏湖特別 4着 前走は出遅れてチグハグ。巻き返しを。 -
7 13 クォークスター ラジオNIKKEI 2着 末脚はなかなか。展開次第で逆転もあり得る。 -
14 ガナール 東京ダービー 2着 共同通信杯9着が問題。この条件では辛い。 - -
8 15 ヤマニンエルブ 阿賀野川特別 1着 ここもハナ?楽に行ければ押し切りも。
16 ヤングアットハート プリンシパル 4着 ワンパンチ足りない。ここは3着までか。 - -
17 コスモヘレノス 弥生賞 5着 ここ数戦の成績物足りず。重賞では力不足か。 - -

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第64回セントライト記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第64回セントライト記念の展望と予想とヨタ話

 何とか3歳牡馬クラシック最終戦・菊花賞への切符を...
 菊花賞トライアル、第64回セントライト記念。

 という訳で、このセントライト記念。前述している通り、上位3頭に菊花賞への優先出走権が与えられる菊花賞トライアル。 すでに重賞勝ちなどで賞金が足りている馬にとってはここは叩き台なのかもしれないが、夏場の条件戦を勝ち上がった馬にとっては本番に出走するための最終関門といっていい一戦。 1000万下勝ち程度の賞金では本番出走はほぼ絶望的なだけに、ここは何とか上位3頭に入って優先出走権ゲットしたいところ。

 しかし、今回のセントライト記念。日本ダービー4着のゲシュタルトやラジオNIKKEI賞勝ちのアロマカフェ、同レース2着のクォークスターといった強敵がいますからねぇ。 菊花賞の切符はかなり入手困難なんじゃないでしょうか。まぁ、これらの馬、間隔が開いている上に、ここはあくまで叩き台だろうから、その分付け入る隙はあるのだが... 能力差はさすがにねぇ。一応、ヤマニンエルブやベストアンサー、ゲームマエストロにダークシャドウ、ミキノバンジョーなど、まだ底を見せていない馬が多いだけにあっさり通用しちゃったりするのかもしれないが... 勝ったのが下級条件だけというのがちと心細く。

 そんなこんなで、セントライト記念の予想は春の実績馬中心で。ただ、注意しないといけないのが展開。先週の京成杯AHがそうだったように、前に行った馬がなかなか止まらないのが今の中山。 さらに、今回前に行く有力所がゲシュタルト・ヤマニンエルブぐらいしかいませんからねぇ。楽に行かせると、これらの馬、止まらないんじゃないでしょうか。 そこまで極端でなくても追い込み一辺倒の馬はかなり苦しい筈。中団につけるアロマカフェが差しきれるかどうか、そこまででしょうな。

<第64回セントライト記念予想>

◎ゲシュタルト
○ゲームマエストロ
▲クォークスター
△ヤマニンエルブ
△ミキノバンジョー
△アロマカフェ

 まぁ、うまく瞬発力勝負に持ち込めれば2・3着ならアリですけどね。

結果

1着クォークスター
2着ヤマニンエルブ
3着アロマカフェ
4着ゲームマエストロ
5着ダークシャドウ

タイム:2分10秒9 3F:37.0秒
クォークスター 牡3歳
騎手:藤岡佑介 厩舎:美浦・堀厩舎
単勝:13番640円
複勝:13番190円、15番230円、2番170円
枠連:7-8 1850円 馬連:13-15 2040円
馬単:13-15 4430円
3連複:2-13-15 3110円
3連単:13-15-2 19020円
ワイド:13-15 860円
    2-13 500円 2-15 780円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、悪くない配当でしたな。
 しかし、ゲームマエストロが来ていればなぁ。うーむ。

 でもって、セントライト記念の結果。同型馬が積極的に動かなかったこともあって、外枠引いてしまったヤマニンエルブがすんなりハナへ。 その後も逃げの手を緩めず前半3ハロン通過が34.8秒、1000m通過が0:58.7というペースで飛ばし、大逃げ体勢に。しかし、今の中山の馬場状態を考慮すればこのペース、 「速すぎる」とはいえないペース。

 そんなこともあってか、逃げたヤマニンエルブ、なかなか止まりません。3〜4コーナーにかけて後続との差が縮まるかと思いきや、その差をキープしたまま直線へ。 で、このまま押し切ってしまう勢いだったが...さすがに最後は止まってしまったようで。坂を登り切ったところで後続との差が一気に縮まり、 後方待機で直線勝負に賭けたクォークスターがこれを強襲。ゴール直前で入れ替わりクォークスターが1着、ヤマニンエルブが2着に。

 まぁ、レース自体はかなり極端な展開になってしまいましたが、終わってみれば2〜4番人気が上位を独占する手堅い結果に。 しかし、1番人気のゲシュタルトが14着と大敗。道中はこれまで通り好位からの競馬だったが、勝負所でちっとも前に出られずずるずる後退。 ペース自体は、大逃げしたヤマニンエルブ1頭だけが飛ばしていっただけなので、追走で手一杯になるペースでもなかったんだがなぁ。 実際、同じような位置にいたアロマカフェは3着に入っているんだし。休み明けとはいえ、嫌な負け方してしまいましたな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。