今週のメインdeパツイチ2010
第45回京都大賞典出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第45回 京都大賞典 京都・芝2400m  3歳上オープン(GII) 2010年10月10日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ゴールデンメイン ステイヤーズ 2着 大きいとことでは今一つ。この相手では... -
2 2 メイショウベルーガ 日経新春杯 1着 牡馬相手に好走ある馬。この条件でも侮れぬ。
3 3 ベンチャーナイン 菊花賞 6着 ここ数戦いいところなく。条件悪くないが... - -
4 4 ベストメンバー 京都新聞杯 1着 長期休養明けの前走悪くなく。上積みあれば。
5 5 シルクネクサス 小倉日経OP 7着 良化スロー。相手も強いしここでは。 - -
6 6 プロヴィナージュ 秋華賞 3着 今回も楽に先手。京都だし前走以上の粘りも。
7 フィールドベアー 函館記念 5着 成績イマイチ。相手強くなるここでは。 - -
7 8 スマートギア 京都大賞典 2着 去年の2着馬。末脚は相変わらずだし出番も。
9 オウケンブルースリ 菊花賞 1着 実績認めるが今回久々。仕上がり次第。 -
8 10 ドリームフライト ダイヤモンド 3着 単騎逃げには注意。たださすがに相手強く。 -
11 フォゲッタブル 菊花賞 2着 春の成績物足りず。一変に期待したいが... - -

以上登録11頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第45回京都大賞典枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第45回京都大賞典の展望と予想とヨタ話

 今週から秋の東京・京都開催スタートです。
 こちらは長距離専門、第45回京都大賞典。

 という訳で、この京都大賞典。東の毎日王冠と違ってこっちは芝2400m。そういうこともあってか、毎日王冠のように天皇賞秋のあとマイルCSを目指すような馬はほとんどおらず、 どちらかというとジャパンカップ・有馬記念やアルゼンチン共和国杯・ステイヤーズSなど中長距離を目指す馬が主体となるのがこの京都大賞典。

 で、今年の京都大賞典も同じような傾向。去年秋以来久々の出走となるオウケンブルースリや去年の菊花賞2着・有馬記念4着のフォゲッタブル、去年このレースで2着に入ったスマートギアなど、 中長距離をメインとした有力馬がセオリー通り出走。ただ今年の京都大賞典、ちょっと違うのが、メイショウベルーガやプロヴィナージュといったエリザベス女王杯を目指す牝馬が混じっている点。 しかも、メイショウベルーガは日経新春杯勝ち、プロヴィナージュは朝日CC2着と牡馬相手に好走している馬ですからね。「ここはエリザベス女王杯のステップ。結果はあまり気にしない」と割り切って使ってきたと考えるのは早計。 相手がそれなりに揃っているが、各馬休み明けだということもあるし、この牝馬2頭、それなりに通用してしまっても不思議ではないでしょう。

 でもって、その辺りを踏まえて京都大賞典の予想を。GI実績を考慮すると、オウケンブルースリ・フォゲッタブルなんだが... オウケンブルースリは長期休養明け、フォゲッタブルは春の成績が散々だっただけに、ここでその実績通りの走りが出来るかどうかは微妙なところ。 だったら、他の馬で勝負するのが正解でしょう。去年2着で近走も上々の末脚使っているスマートギアや、前述している牝馬2頭、久々の前走が悪くない内容だったベストメンバーとかさ。

<第45回京都大賞典予想>

◎スマートギア
○プロヴィナージュ
▲メイショウベルーガ
△ベストメンバー
△オウケンブルースリ

 開幕週だし思い切って逃げならドリームフライトもアリだが、能力差がなぁ...

結果

1着メイショウベルーガ
2着オウケンブルースリ
3着プロヴィナージュ
4着ベストメンバー
5着ゴールデンメイン

タイム:2分25秒0 3F:36.8秒
出走取消:7番
メイショウベルーガ 牝5歳
騎手:池添謙一 厩舎:栗東・池添厩舎
単勝:2番350円
複勝:2番120円、9番140円、6番150円
枠連:2-7 390円 馬連:2-9 600円
馬単:2-9 1230円
3連複:2-6-9 870円
3連単:2-9-6 3880円
ワイド:2-9 250円
    2-6 270円 6-9 360円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。とはいえ、1番人気の組み合わせではなぁ。
 にしても、メイショウベルーガがここまで人気になるとは。うーむ。

 そんなこんなで、いろいろ波乱材料はあったが結局順当に決まった今回の京都大賞典。メイショウベルーガが馬体重+10kg、 オウケンブルースリが+22kgと微妙な状態ではあったが、それでもきっちり1・2着。力の違いを見せつける結果に。

 レース自体もドリームフライト・ゴールデンメインが後続を大きく引き離して逃げる形になったが、最後までもちませんでしたなぁ。 直線で中団から伸びてきたメイショウベルーガ、後方2番手から追い込んできたオウケンブルースリにあっさり交わされ終了。

 という訳で、勝ったメイショウベルーガ。馬体重が+10kgだったが、これまで順調に使われていたことを考慮すればこれ位は大丈夫だったんでしょうな。 うまく流れに乗れたこともあってGII制覇。あと2着のオウケンブルースリ。今回負けてしまったが、長期休養明けで馬体重+22kgだったことを考慮すれば上々の内容。 次は上積みも見込めそうだしさ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。