今週のメインdeパツイチ2010
第45回デイリー杯2歳ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第45回 デイリー杯2歳ステークス 京都・芝1600m  2歳上オープン(GII) 2010年10月16日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 トラストワン クローバー賞 2着 函館2歳S9着が気掛かり。ちと足りない? - -
2 2 アスターウィング 芝千二1:11.2 1着 未勝利戦完勝も重賞でどこまでやれる? -
3 3 アドマイヤサガス 芝千六1:35.6 1着 ややパンチ不足っぽく。展開嵌らぬと辛いか。 -
4 4 トップシャイン 芝千六1:35.3 1着 末脚はかなりのもの。展開さえ嵌れば。
5 5 グランプリボス 芝千五1:29.5 1着 前走後の重賞勝ち馬に先着。能力侮れぬ。
6 メイショウナルト 野路菊S 2着 前走やや離れた2着。ちと能力差ある? - -
6 7 エルウェーオージャ 兼六園JC 1着 地元成績悪くないが芝の重賞では辛いか。 - -
8 エイシンオスマン 芝千六1:36.0 1着 前走完勝。流れに乗れれば重賞でも通用。
7 9 ショウナンアリビオ 芝千二1:11.0 1着 持ち時計今一つ。重賞ではさすがに辛いか。 - -
10 クリーンエコロジー 新潟2歳S 10着 前走案外だった流れに乗れば巻き返しも。
8 11 ミッキーマスカット 芝千四1:22.8 1着 未勝利脱出平凡。この相手、そして重賞では。 - -
12 レーヴディソール 芝千五1:32.3 1着 前走の一伸びかなりのもの。重賞でも。 -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第45回デイリー杯2歳ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第45回デイリー杯2歳ステークスの展望と予想とヨタ話

 夏競馬も終わり、有力馬が一通り揃いだす時期。
 各2歳GIに向けての一戦、第45回デイリー杯2歳ステークス。

 とはいえ、夏場のオープンや重賞で結果を出してしまった馬は一休みして大一番に備えていることもあって、 その手のメンバーがなかなか揃わないのがこの時期の重賞。このデイリー杯、どちらかというと、9月デビュー組や野路菊S組が中心の一戦に。

 だからといって「有力馬が揃わない」とはいえないのが、このデイリー杯2歳ステークス。今年は9月デビュー組がなかなかいい面子ですからねぇ。 野路菊S組はメイショウナルトぐらいしかいないが、それを十分補えるだけの素質馬は揃ったんじゃないでしょうか。新馬戦で後に札幌2歳ステークスを制することとなるオールアズワンを破ったグランプリボスや、 直線で追い出すと後続をあっさり突き放し楽勝してしまった良血馬レーヴディソール、新馬・未勝利といい末脚使ったトップシャインとかさ。

 で、予想の方もこれら新馬・未勝利勝ち馬中心で勝負。ただ、ちょっと気になるのがクリーンエコロジー。前走の新潟2歳ステークスでは10着に敗れてしまったが、 新馬の内容を考えればそれだけで見限るには惜しい馬。今回京都コースだしうまく先手取れれば新馬みたいな押し切り勝ちあってもいいんじゃないでしょうか。

<第45回デイリー杯2歳ステークス予想>

◎グランプリボス
○クリーンエコロジー
▲レーヴディソール
△エイシンオスマン
△トップシャイン

 あとエイシンオスマン・アスターウィングも2・3着程度なら...

結果

1着レーヴディソール
2着アドマイヤサガス
3着メイショウナルト
4着クリーンエコロジー
5着トップシャイン

タイム:1分33秒6 3F:34.6秒
レーヴディソール 牝2歳
騎手:福永祐一 厩舎:栗東・松田博厩舎
単勝:12番240円
複勝:12番120円、3番200円、6番120円
枠連:3-8 1230円 馬連:3-12 1340円
馬単:12-3 1780円
3連複:3-6-12 1220円
3連単:12-3-6 6430円
ワイド:3-12 490円
    6-12 200円 3-6 440円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。アドマイヤサガスが薄くてはなぁ。
 トップシャイン、最後いい脚で伸びてきたが及ばず5着までだし。

 しかし、強い競馬でしたなぁ、レーヴディソール。スタート後行き脚が今一つで後方からの競馬。ただ、2歳戦そしてこの距離のレースにしては、 前半3ハロン通過が34.5秒、1000m通過が0:59.0とそれなりのペースになったことを考えれば、後方で末脚温存できたのは不幸中の幸いといったところ。 直線入った段階では前に行っていたクリーンエコロジー・メイショウナルトとはかなりの差があったが、前走の新馬同様大外から抜群の伸びを見せ、これを一蹴。 結局、1・1/4馬身の差をつけ完勝してしまいました。

 そんなこんなで、レーヴディソールの完勝に終わった今回のデイリー杯2歳ステークスですが...他の馬も、まぁ、それなりには結果出せたんじゃないでしょうか。 クリーンエコロジーは前走の新潟2歳ステークスから巻き返して4着確保しているし、トップシャインは5着止まりも最後いい脚使っているんだしさ。 あと、2・3着のアドマイヤサガス・メイショウナルトはこんなもんかな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。