今週のメインdeパツイチ2010
第13回富士ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第13回 富士ステークス 東京・芝1600m  3歳上オープン(GIII) 2010年10月23日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 リザーブカード 関屋記念 3着 多少マシになるが一時期ほどの勢いはなく。 -
2 セイクリッドバレー セントライト 2着 やや展開に左右される面あるがこの条件なら。
2 3 ライブコンサート 京都金杯 1着 成績低迷。京都金杯みたいに大駆けある? - -
4 マルタカエンペラー クリスマスC 1着 今年の成績がどれもイマイチ。一変は? - -
3 5 リルダヴァル NHKマイルC 3着 久々の前走快勝。斤量有利だしチャンス。
6 マルカシェンク 富士S 2着 去年の2着馬だが一時期ほどの末脚なくて。 - -
4 7 ショウワモダン 安田記念 1着 GI勝ちの舞台だが前走が負けすぎの感あって。 - -
8 ブレイクランアウト 共同通信杯 1着 実績認めるが今回久々。いきなりでは。 - -
5 9 ダノンヨーヨー ポートS 1着 3連勝は一応評価も今回相手一気に強くなり。 -
10 テイエムアタック 関屋記念 4着 嵌ればいい脚使うが、最近ジリ傾向強くて。 -
6 11 ダンスインザモア 小倉大賞典 4着 成績低迷続く。時計掛からないと出番はナシ? - -
12 スピリタス 湘南S 1着 関屋記念が6着と今一つ。重賞では苦しい? - -
7 13 キョウエイストーム 京成杯AH 2着 斤量増&相手強化が問題。さすがに辛いか。 - -
14 ガルボ シンザン記念 1着 前走相手楽になったが巻き返しなくて... -
8 15 コスモヴァシュラン OROカップ 1着 中央OPで散々な成績ばかり。入着すら厳しい。 - -
16 サンカルロ スプリンタS 3着 前走は不利あっての3着。ここなら勝ち負け。 -
17 マイネルファルケ マイルCS 2着 安田記念ビリ問題も楽に先手とれれば一変も。

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第13回富士ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第13回富士ステークスの展望と予想とヨタ話

 スプリンターズSが終わり短距離路線は一段落したが...
 マイルこなせる馬はまだ次があります。第13回富士ステークス。

 という訳で、この富士ステークス。マイルCSへのステップ。条件的にはステップとして手頃なレースなのだが、中距離までこなせるマイラーは毎日王冠や天皇賞秋、 マイルよりやや短めの距離がいい馬はスワンSに回ることもあって、手薄になりがちな一戦。

 で、この傾向は今年も変わらず。一応、安田記念馬ショウワモダンがここに出走してきてはいるのだが...前走の毎日王冠がブービーの9着と全く振るわなかっただけにねぇ。数に入れていいのか微妙なところ。 これを除くと、ほぼいつも通りの富士ステークス。大きいところをなかなか取れない馬や、準OP勝ち上がり馬、重賞勝ちあるが近走頭打ち気味になっている馬が集結。

 でもって、そんなメンバーの中で筆頭となるのがスプリンターズS3着のサンカルロとNHKマイルC3着のリルダヴァル。サンカルロは春はイマイチだったものの、秋になって一変。 前走のスプリンターズSでは不利があったにも関わらず3着(繰り上がり)確保。リルダヴァルは秋初戦となる大原Sで力の違いを見せつけ楽勝。実績的にはやや中途半端な感じはするが、 前走の好走は素直に評価してもいいんじゃないでしょうか。

 そんなこんなで、今回の富士ステークスはこの2頭中心で勝負。あとは、前走は案外だったが56kgで出走できるここなら巻き返しありそうなセイクリッドバレー、 安田記念のビリと休み明けが気掛かりも、去年のマイルCS2着、そして今回楽に先手取れそうなマイネルファルケ、相手関係微妙なOP戦だったが楽勝は評価できそうなダノンヨーヨー辺りでいいでしょう。

<第13回富士ステークス予想>

◎リルダヴァル
○マイネルファルケ
▲サンカルロ
△セイクリッドバレー
△ダノンヨーヨー

 一発狙うなら嵌ればいい脚使うリザーブカード・テイエムアタック辺りかな。

結果

1着ダノンヨーヨー
2着ライブコンサート
3着ガルボ
4着リルダヴァル
5着ブレイクランアウト

タイム:1分32秒8 3F:34.5秒
ダノンヨーヨー 牡4歳
騎手:北村友一 厩舎:栗東・音無厩舎
単勝:9番510円
複勝:9番210円、3番1920円、14番1590円
枠連:2-5 11120円 馬連:3-9 22000円
馬単:9-3 38130円
3連複:3-9-14 309520円
3連単:9-3-14 1718480円
ワイド:3-9 5150円
    9-14 6030円 3-14 28240円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ダノンヨーヨーは妥当なところだが。
 ヒモはちょっとなぁ。一応今年マイル重賞勝ちある馬だが...

 という訳で、かなり荒れてしまった富士ステークス。2番人気のダノンヨーヨーが勝ったものの、2着に14番人気のライブコンサート、3着に13人気のガルボが入ったもんで、 3連複30万馬券、3連単171万馬券と大波乱の決着に。頭一つ人気が抜けていた1番人気のリルダヴァルはいいポジションにつけていたが、結局、前を捕らえきれず馬券対象外の4着止まり。

 レース自体は大方の予想通りマイネルファルケが単騎で逃げる展開。行く馬がすんなり行ったこともあって、前半3ハロン通過が35.0秒、1000m通過が0:58.3と極端なペースにはならず。 ただ、11秒台のラップが続いているようにペースが緩くなることもなかったようで。どこかで何かしらのロスをした馬は最後の最後でそのツケを払わされるような展開になってしまいした。 後方でじっくり脚を溜めていたダノンヨーヨーが勝ち、終始最内をロスなく進んだライブコンサート・ガルボが最後まで踏ん張り2・3着確保。 1番人気のリルダヴァルは、前に行って粘るといったことや、脚を溜めて末脚勝負ということもできず中途半端な競馬に。そして着順も4着と中途半端な結果に。

 まぁ、それはそれとして。勝ったダノンヨーヨー。4連勝で重賞制覇。妙に詰めが甘いところがあって500万下を脱出するのに時間が掛かったが...本格化したのかそれも解消したようで。 それどころか、前走のポートアイランドSでは2・1/2馬身、今回の富士ステークスは1・1/4馬身と、それぞれ昇級戦にも関わらず後続を離すような競馬をするようになりましたからねぇ。 ダノンヨーヨー、今、かなり充実しているんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。