今週のメインdeパツイチ2010
第53回スワンステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第53回 スワンステークス 京都・芝1400m  3歳上オープン(GII) 2010年10月30日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 グランプリエンゼル オパールS 1着 斤量増微妙だが前走のような競馬出来れば注意。
2 2 ショウナンアルバ テレビU福島 1着 前走が案外。現状では重賞は荷が重い様子で。 - -
3 3 マイネルフォーグ バレンタイン 3着 前走多少マシになるが今回重賞だしさすがに。 - -
4 ジョーカプチーノ NHKマイルC 1着 ダービー大敗は無視していいが長期休養明けは... - -
4 5 マイネルレーニア ポートS 5着 一昨年の勝ち馬だが最近はもう勢いなくて。 - -
6 エーシンフォワード 高松宮記念 3着 安田記念はちと距離長かった?千四で巻き返し。 -
5 7 ヘッドライナー CBC賞 2着 前走より相手楽になり。単騎逃げに持ち込めば。
8 アーバニティ 京王杯SC 3着 多少走るようになる。もう一変あれば。 -
6 9 ファイングレイン マイルCS 3着 休み明けとはいえ前走のビリは...まだ様子見。 - -
10 アーリーロブスト スワンS 2着 去年は2着に入り波乱の立役者になったが... -
7 11 プレミアムボックス 京阪杯 1着 前2戦案外だが今回叩き2戦目&相手弱化で注意。
12 マルカフェニックス 京王杯SC 2着 この相手なら多少は。展開次第で3着はある。 -
8 13 ダノンムロー アクアマリン 1着 ここ数戦は入着すら出来ず。重賞ではさすがに。 - -
14 ファリダット 安田記念 6着 一時期の切れ味戻れば怖いが、どこまで変わる? -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第53回スワンステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第53回スワンステークスの展望と予想とヨタ話

 マイルCSへの布石?それともスプリンターズSの余力でもう一戦?
 マイルチャンピオンシップへのステップ・第53回スワンステークス。

 という訳で、このスワンステークス。マイルCSの前哨戦となるレースだが、比較的距離が短めということもあって、短距離路線の馬も多数出走してくるのがこのスワンステークス。 ただ、「この距離が大丈夫だったらマイルCSにも挑戦してみますか」というノリで出てくる馬よりも、前述している通り「スプリンターズSの余力でもう一戦」という馬が多いのが実情。

 で、今年のスワンステークスも同じような傾向に。ジョーカプチーノやファリダットのようにマイルで結果を出している馬もいることはいるが... どちらかというと持って1400mまでという馬がメイン。まぁ、次が云々を抜きにして、このレースに限って言えばこういう馬でも問題はないんだけどさ。

 まぁ、それはともかく。スワンステークスの予想を。NHKマイルC勝ちのジョーカプチーノがいたりするが、今回は長期休養明けのためパス。 ここは相手弱化で巻き返しありそうなスプリンターズS組を狙ってみましょうか。そのスプリンターズSがぶっつけ本番だったため、思うような結果が出なかったプレミアムボックスや、 今回はこれといった先行馬もいないし楽に先手取れそうなヘッドライナーとかさ。あとは距離短縮で巻き返しありそうなエーシンフォワードも。

<第53回スワンステークス予想>

◎ヘッドライナー
○グランプリエンゼル
▲エーシンフォワード
△プレミアムボックス
△ファリダット

 一発狙うならグランプリエンゼルかな。前走ぐらい走れば...

結果

1着マルカフェニックス
2着ショウナンアルバ
3着ジョーカプチーノ
4着アーバニティ
5着グランプリエンゼル

タイム:1分21秒0 3F:34.7秒
マルカフェニックス 牡6歳
騎手:福永祐一 厩舎:栗東・松永昌厩舎
単勝:12番570円
複勝:12番220円、2番630円、4番940円
枠連:2-7 6500円 馬連:2-12 8210円
馬単:12-2 13610円
3連複:2-4-12 68080円
3連単:12-2-4 418640円
ワイド:2-12 2200円
    4-12 3240円 2-4 7280円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。印打った馬、どれもイマイチでした。
 マルカフェニックスは仕方ないとしてもヒモがちょっとなぁ...

 でもって、スワンステークスの結果。台風の影響で馬場が荒れそうな感じだったが、結局影響はほとんどなし。良馬場での開催に。 そんなこんなで、馬場状態という波乱要素はなくなったのだが...レース自体は荒れてしまいました。人気を背負ったエーシンフォワード・グランプリエンゼルが今一つで馬券に絡めず。 一応、3番人気のマルカフェニックスが1着となったが、2・3着に9番人気ショウナンアルバ、10番人気ジョーカプチーノが入ったもんで3連単41万馬券とかなりの波乱になってしまいました。

 レース自体は、行くと目されていたヘッドライナーが思ったほど積極的に出て行かず3番手からの競馬。逃げたのはジョーカプチーノとアーリーロブスト。 勝ったマルカフェニックスはこれまでと違い積極的に動きヘッドライナーの後ろへ。そしてこれを見る形で2番人気のグランプリエンゼル、1番人気のエーシンフォワードが追走。

 そんなこんなで隊列は決まったのだが、前2頭が後続を引き離して逃げたにも関わらず、ペース自体は前半3ハロン通過が34.6秒とそれほど速くならず。 これでは前に行った馬が残ってしまうのも仕方がないでしょう。結局、好位にいた馬が上位を占める結果に。唯一、後方から突っ込んできたのがショウナンアルバだが... これは4コーナーでうまく立ち回り、ロスを最小限に留めた分突っ込んでこれた、そんなところでしょうか。内から馬群を割って抜け出し、逃げ粘るジョーカプチーノをハナ差交わし2着確保。

 という訳で、勝ったマルカフェニックス。ここ数戦結果が出ていなかったが、GIだったし、着順の割には大きく負けていないこともあって、それなりの力は出していたんでしょうな。 今回相手が楽になった上にうまく流れに乗れたこともあって、一昨年の阪神カップ以来の重賞制覇に。ただ、今回は勝ったマルカフェニックスよりもジョーカプチーノでしょう。 長期休養明けで馬体重+38kg。しばらく様子見するのが妥当な状態だったが...それでこの結果ですからね。次は一叩きした分の上積みもあることだし、期待していいんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。