今週のメインdeパツイチ2010
第142回天皇賞秋出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第142回 天皇賞秋 東京・芝2000m  3歳上オープン(GI) 2010年10月31日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ショウワモダン 安田記念 1着 荒れ馬場は問題ないが前2戦がさっぱりで... -
2 ブエナビスタ ヴィクトリア 1着 実績認めるが今回休み明け。さらに道悪だと? -
2 3 ジャガーメイル 天皇賞春 1着 道悪は目黒記念2着あるが今回距離微妙で。 - -
4 エイシンアポロン 毎日王冠 2着 休み明けの前走上々。重こなすし注意必要。
3 5 オウケンサクラ 桜花賞 2着 秋2戦がどれも案外。この条件では苦しく。 - -
6 スマイルジャック 安田記念 3着 大きいところでは詰め甘く。重馬場も?で。 - -
4 7 ペルーサ 青葉賞 1着 前走は出遅れがすべて。ただ今回は道悪が... - -
8 シルポート エプソムC 2着 前2戦が物足りず。この条件では荷が重い。 - -
5 9 トウショウシロッコ 新潟記念 2着 末脚まずまずだがGIではさすがに苦しく。 - -
10 シンゲン オールカマー 1着 休み明けの前走評価。あとは馬場こなせれば。 -
6 11 アクシオン 中山金杯 1着 宝塚記念15着が問題。前走も差のある3着で。 - -
12 アーネストリー 宝塚記念 3着 好調続く。展開さえ嵌れば逆転あっていい。
7 13 ヤマニンキングリー 札幌記念 1着 2桁着順ばかり。一時期ほどの勢いは... - -
14 ネヴァブション AJC杯 1着 東京でも十分やれる。時計掛かる馬場で。
15 スーパーホーネット 安田記念 2着 安田記念2着評価。休み明けだが注意。 -
8 16 キャプテントゥーレ 皐月賞 1着 今回は同型のマーク有。一押し足りないか。 - -
17 コスモファントム JDダービー 2着 芝は問題ないが前走の負け方気になり。 - -
18 アリゼオ 毎日王冠 1着 前走は嵌った感あるが十分評価できる内容で。

以上登録18頭(出走馬、五十音順)
※念の為、第142回天皇賞秋枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第142回天皇賞秋の展望と予想とヨタ話

 3歳クラシック路線も秋華賞・菊花賞で終了。
 今週からは古馬の出番。伝統の一戦・第142回天皇賞秋。

 という訳で、この天皇賞秋。前述の通り、古馬にとってはこのレースが秋のGI開幕戦。中長距離、そしてマイル路線の有力馬が集い、ハイレベルな一戦に... といいたいところだが、ドリームジャーニー・ロジユニヴァースは回避、オウケンブルースリは故障で戦線離脱、 ナカヤマフェスタ・ヴィクトワールピサ・レッドディザイアは海外遠征との兼ね合いでここには出走して来ず、と、今年は何かと欠けてしまって微妙な一戦に。

 とはいえ、今年はヴィクトリアマイルを勝ったブエナビスタを筆頭に、天皇賞春秋制覇を狙うジャガーメイル、安田記念勝ちのショウワモダンといった今年のGI勝ち馬に加え、 ペルーサ・アリゼオ・エイシンアポロンといった重賞での好走光る3歳勢、重賞できっちり結果出したアーネストリー・シンゲン・ネヴァブション、 過去に数々の名馬を破り、前走の安田記念では2着に突っ込み復活を果たしたスーパーホーネットといった古馬勢と、それなりのメンバーは揃っているんですけどね。

 で、そんな面子でお送りする今年の天皇賞秋。これまでの走りを評価すれば「ブエナビスタ一強」といってもいいのだが...今回の天皇賞秋、波乱要素が多いですからねぇ。 ブエナビスタ・ジャガーメイルはともに宝塚記念以来の出走となる「ぶっつけ本番」だし、この天皇賞秋の前哨戦となる毎日王冠が波乱の決着になってしまい、どう評価していいのか分からなくなってますからねぇ。

 そして、とどめが台風。週末の天気がかなり荒れそうなだけに、良馬場での開催なんてのはまず望めないでしょう。今回の天皇賞秋、能力云々よりも重馬場の巧拙や展開がモノをいうんじゃないでしょうか。 切れ味勝負の馬が思うような末脚を使えず馬群に沈んでしまったり、逆に後方から誰も来ないもんで前に行った馬が残ってしまったりとかさ。あと、時計不足でこの条件では通用しないと思われた馬が、時計の掛かる馬場で浮上したりというケースもあるでしょう。

 で、この辺りを踏まえた上で予想を。ブエナビスタはやや時計の掛かった宝塚記念で2着に入っているように、重馬場を極端に苦手にする様子はないが...それでも、展開、そして休み明けと不安材料を抱えているだけに過信はできないでしょう。 ここはアーネストリーで勝負してみましょうか。前走の札幌記念を快勝している上に宝塚記念3着と、ここでも十分通用する能力は持っているんだし、何よりも前で競馬できるのは大きい。 あとは、乗り方ハマった感あるがやや時計掛かる馬場で結果出した毎日王冠1〜3着のアリゼオ・エイシンアポロン・ネヴァブション、そして、馬場こなせるか微妙なところだが、勢いを評価してシンゲンを。

<第142回天皇賞秋予想>

◎アーネストリー
○ネヴァブション
▲アリゼオ
△シンゲン
△エイシンアポロン
△ブエナビスタ

 まぁ、開催順延しちゃったらこの通りにはいかないだろうけどさ。

結果

1着ブエナビスタ
2着ペルーサ
3着アーネストリー
4着オウケンサクラ
5着ネヴァブション

タイム:1分58秒2 3F:34.9秒
ブエナビスタ 牝4歳
騎手:C.スミヨン 厩舎:栗東・松田博厩舎
単勝:2番220円
複勝:2番110円、7番240円、12番150円
枠連:1-4 1010円 馬連:2-7 1030円
馬単:2-7 1660円
3連複:2-7-12 1680円
3連単:2-7-12 7480円
ワイド:2-7 430円
    2-12 210円 7-12 910円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。人気所で順当な決着だったが...
 前提の段階で間違ってましたな。馬場状態がこれではねぇ。

 でもって、天皇賞春の結果。台風だなんだがあったが、結局、馬場状態は稍重止まり。さらに稍重と言ってもそれなりにタイムが出る様子だっただけに、実質的には良馬場といっても差し支えのない馬場状態。 重の巧拙はほとんど関係なくなってしまいました。となれば、能力がモノをいうレースになってしまうのは仕方がないところ。実際、その通りの結果になってしまったし。

 レース自体は、大方の予想通りシルポートが逃げる展開。そして、これを見る形でオウケンサクラ・キャプテントゥーレが追走。勝ったブエナビスタは中団から、 2着のペルーサは前走同様出遅れたこともあって後方からの競馬に。ペースはというと、それなりに前に行く馬が揃ったこともあって前半3ハロン通過は35.3秒とそれなりの速さだったが、 その後落ち着き、1000m通過が0:59.1と平均的なペースに。

 そんな中、勝ったブエナビスタ。道中は相変わらず中団のまま。しかし、直線に入って追い出すと前をあっさり捕らえ、あとは独走態勢に。 最後に出遅れて末脚勝負に切り替えたペルーサが上がってきたが、開いた差を挽回するまでには至らず。結局、ブエナビスタが2馬身の差をつけ完勝。

 という訳で、勝ったのはブエナビスタ。休み明けと馬場状態が心配だったが、どっちもこれといった問題は発生しなかったようで。 となればこういう結果になってしまうのは仕方がないでしょう。順当勝ち。2着のペルーサは「出遅れがなければ...」という話になるのだが、 今回がたまたまそうだった訳ではないからなぁ。出遅れグセが解消するまでは、こういうことになると折り込んで予想しないと...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。