今週のメインdeパツイチ2010
第10回JBCクラシック出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第10回 JBCクラシック 船橋・ダ1800m  3歳上オープン(JpnI) 2010年11月3日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 クレイアートビュン ゴールドC 3着 地元でようやく連絡み出来る程度。ここでは。 - -
2 2 マグニフィカ JDダービー 1着 前走評価も今回久々。同型もいるし苦しい? - -
3 3 フリオーソ 帝王賞 1着 前哨戦のNTV盃完勝。今回も前走同様の強さを。 -
4 アドマイヤスバル かしわ記念 3着 あと一押し足りない。3着ならありそうだが... -
4 5 ラヴェリータ スパーキング 1着 牡馬相手に好走した前走評価。軽視は禁物。
6 ジャングルスマイル 白山大賞典 2着 交流重賞好走は評価。ただ今回相手が強く... -
5 7 トウホクビジン NクイーンC 3着 大きいところで結果出ず。ここでは嵌っても。 - -
8 グランシュヴァリエ 南部杯 3着 前走まさかの一変。この調子維持できる? -
6 9 セレン 東京記念 1着 交流重賞だとちと足りぬが前崩れあれば。 -
10 シルクメビウス JCダート 2着 能力認めるが仕掛け所が難しく。届く? -
7 11 オーロマイスター 南部杯 1着 立ち直った様子。この勢いならJpnI連勝も。
12 ボンネビルレコード 帝王賞 3着 一時期ほどの勢いはない。今回は入着まで。 - -
8 13 スマートファルコン さきたま杯 1着 頭打ち気味。一叩きして変わればいいが... -
14 アドマイヤフジ 武蔵野OP 2着 前2戦が散々。ダート云々より力の差か。 - -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第10回JBCクラシック枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第10回JBCクラシックの展望と予想とヨタ話

 JBCシリーズ、スプリントの次はクラシック。
 今年は船橋ダ1800mで行われる第10回JBCクラシック。

 そんなこんなで、今回のJBCクラシック。前哨戦となる日本テレビ盃と全く同じコースで行われることもあって、その日本テレビ盃を楽勝したフリオーソの一強状態になっても不思議ではないのだが... そこまでうまくいかなかったようで。エスポワールシチーこそいないが、南部杯でそのエスポワールシチーを破ったオーロマイスターやJCダート2着のシルクメビウスとかなりのメンバーが揃った上に、 マグニフィカやジャングルスマイルといった厄介な同型馬も出走。今回は前走よりもかなり厳しい戦いを強いられるんじゃないでしょうか。

 で、予想の方もフリオーソをちと薄めにして勝負。人気も背負いそうだしさ。ここはオーロマイスターを中心で。南部杯はエスポワールシチーが仕上がっていなかったから勝てた、 という言い方も出来る内容だったが、破った相手云々よりも、この馬にとっては休み明け後の低迷から脱出できたことが何よりの収穫。あとはその相手探し。 とりあえずフリオーソは入れておいて、展開が鍵だが能力はあるシルクメビウス、牝馬だが前走の2着は評価できるラヴェリータ、一叩きして上積みあればもう少しやれていいスマートファルコンでどうでしょうか。

<第10回JBCクラシック予想>

◎オーロマイスター
○ラヴェリータ
▲フリオーソ
△シルクメビウス
△スマートファルコン

 でも、オーロマイスターもかなり人気になるんだろうなぁ...

結果

1着スマートファルコン
2着フリオーソ
3着アドマイヤスバル
4着シルクメビウス
5着ボンネビルレコード

タイム:1分49秒9 3F:39.3秒
出走取消:14番
スマートファルコン 牡5歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・小崎厩舎
単勝:13番1610円
複勝:13番270円、3番120円、4番420円
枠連:3-8 920円 馬連:3-13 1040円
枠単:8-3 3040円 馬単:13-3 3590円
3連複:3-4-13 5830円
3連単:13-3-4 44360円
ワイド:3-13 400円
    4-13 3200円 3-4 780円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。だけど、軸がサッパリではなぁ。
 オーロマイスターが10着、ラヴェリータが8着と散々な結果に。

 でもって、JBCクラシックの結果。内にマグニフィカ・フリオーソが入ったもんで、この辺りが先手を取るかと思ったが...思い切って行きましたねぇ、スマートファルコン。 ただねぇ...前半3ハロン通過が34.1秒、1000m通過が0:58.1とJBCスプリント並みのペースで逃げるとは。さすがにこのペースでは最後まで持ちそうもなかったが、 すべての馬がこのペースに巻き込まれてしまったもんで、全馬バタバタになってしまい、直線ではどの馬も伸びて来ず。結局、逃げたスマートファルコンが脚色がないとはいえ、 出走馬中最速の上がり3ハロン39.3秒でまとめ完勝。

 そんなこんなで、勝ったスマートファルコン。かなりのペースで逃げ、追走する馬を潰すというパターンは今年のフェブラリーステークスでエスポワールシチーがやっていたりするのだが、 これをスマートファルコンがやってしまうとは。最近は帝王賞・NTV盃と詰め甘い競馬続いたし、ハイペースで逃げるパターンも去年の浦和記念で逃げバテして7着という結果に終わっていたりと、 このような結果になるとは到底思えない内容続いていただけにねぇ。休み明けを一度使って状態がかなり良くなったんでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。