今週のメインdeパツイチ2010
第15回武蔵野ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第15回 武蔵野ステークス 東京・ダ1600m  3歳上オープン(GIII) 2010年11月14日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ケイアイガーベラ プロキオンS 1着 後のJBCスプリント馬に完勝。距離こなせれば。 -
2 バトードール JDダービー 3着 今回休み明け。実績は認めるがどこまで? - -
2 3 イブロン 京葉S 1着 嵌ればまずまずの脚使う。東京も良績あって。 -
4 グロリアスノア フェブラリS 5着 春2戦が案外。一休みして復活すればいいが。 - -
3 5 マルカシェンク 米子S 5着 ダート使ってみるがどこまで変わる? - -
6 ワンダーポデリオ コーラルS 2着 OPまでの馬っぽく。この相手では嵌らぬと。 - -
4 7 ブラボーデイジー クイーンS 7着 ダートは大丈夫だが近走成績今一つでは。 - -
8 エーシンクールディ テレビ静岡賞 1着 前走完勝。今回重賞だが展開嵌れば上位も。
5 9 ダイショウジェット 武蔵野S 2着 去年の2着馬。近走悪くないし今年も穴開ける? -
10 スズカコーズウェイ 京王杯SC 5着 ダートはこなすがそれでも入着あるかどうか... - -
6 11 ナニハトモアレ アンタレスS 2着 前走案外も一叩きして変われば多少は通用。 -
12 ユノゾフィー 欅S 2着 良績東京に集中。ただ今回相手も揃って... -
7 13 ティアップワイルド プロキオンS 5着 重賞がちょっと壁っぽく。今回相手も揃うし... - -
14 バーディバーディ ユニコーンS 1着 成績頭打ち。叩き2戦目で変わればいいが。 - -
8 15 ダノンカモン ペルセウスS 1着 この連勝は評価。重賞でも好勝負できそうで。
16 シルクフォーチュン 中山オータム 1着 距離は大丈夫。重賞まで一気に上り詰める?

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第15回武蔵野ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第15回武蔵野ステークスの展望と予想とヨタ話

 先週は京都でみやこSがありましたが...今週は東京。
 JCダートへのステップ、第15回武蔵野ステークス。

 という訳で、この武蔵野ステークス。今年からみやこステークスが新設されたこともあって、そっちとこっちで有力馬が分散されることになったが... それでも十分濃いメンバーがこの武蔵野Sに集結。ステップレースとして見逃せない一戦に。

 さすがにGIを勝っているような馬はJBCシリーズに向かうこともあって、ここには出走してこないのだが...その分、準OP・OP勝ちの新興勢力が揃ってますからねぇ。 準OP・OPと連勝したダノンカモンや、4連勝でOP入りしたシルクフォーチュン、前走のテレビ静岡賞を楽勝したエーシンクールディ、東京では滅法強いユノゾフィーとかさ。 一応、重賞勝ち馬も、プロキオンSでJBCスプリントを制することになるサマーウインドをぶっちぎったケイアイガーベラを筆頭に、3歳ダート戦線で活躍したバーディバーディ、GIでも好走しているグロリアスノア等、 それなりの馬が揃っているが...この相手であっても、いきなり好勝負に持ち込むことが出来るんじゃないでしょうか。

 まぁ、実績が実績なだけに、まずケイアイガーベラを中心に据えるが、他はこの手の準OP・OP勝ち馬で勝負してみましょうか。 あとはその順序。OP走ってないのが多少気掛かりだが、まだ底見せていないシルクフォーチュン、OP勝ちを評価してダノンカモンを2番手に、 そしてエーシンクールディ・ユノゾフィーといった感じですかねぇ。

<第15回武蔵野ステークス予想>

◎ケイアイガーベラ
○ダイショウジェット
▲シルクフォーチュン
△ダノンカモン
△エーシンクールディ
△ユノゾフィー

 一発狙うなら大駆けタイプの馬。ダイショウジェット・ナニハトモアレとか。

結果

1着グロリアスノア
2着ダノンカモン
3着ブラボーデイジー
4着ユノゾフィー
5着マルカシェンク

タイム:1分36秒6 3F:35.8秒
グロリアスノア 牡4歳
騎手:戸崎圭太 厩舎:栗東・矢作厩舎
単勝:4番1480円
複勝:4番530円、15番290円、7番780円
枠連:2-8 3520円 馬連:4-15 5820円
馬単:4-15 14210円
3連複:4-7-15 55300円
3連単:4-15-7 402630円
ワイド:4-15 1880円
    4-7 4870円 7-15 3700円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。実績的には比較的無難な結果。
 しかし、ケイアイガーベラがここまで負けるとはねぇ。ブービーですか。

 でもって、武蔵野ステークスの結果。ここ数戦イマイチで評価を落としていたグロリアスノアだが、重賞勝ちある東京ダートできっちり変わりましたな。 今回休み明けだったが仕上がりも問題なし。となれば、こういう結果になっても不思議ではないでしょう。2着のダノンカモンもここ2戦がそうだったように、相変わらず好調キープでこの結果に。

 しかしなぁ。問題はこの馬、ケイアイガーベラ。前述している通り、ブービーという結果に。ハナは奪えなかったが、緩い流れの中好位を確保。 直線で馬群から抜け出して独走態勢に...といきたかったが、早々に失速。好位にいたブラボーデイジーがいい勝負していることを考慮すれば、 前に行った馬が苦しくなる展開ではないのだが...ねぇ。マリーンCや端午Sでも今回同様ぱったり止まっているだけに、やはり1400mまでの馬なんでしょうなぁ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。