今週のメインdeパツイチ2010
第35回エリザベス女王杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第35回 エリザベス女王杯 京都・芝2200m  3歳上牝オープン(GI) 2010年11月14日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 コロンバスサークル 中山牝馬S 4着 重賞成績が今一つ。この条件では苦しいか。 - -
2 セラフィックロンプ 府中牝馬S 2着 重賞好走は評価も2000m越えるとサッパリで... - -
2 3 レジネッタ 福島牝馬S 1着 距離が鍵。うまく流れに乗れれば怖いが... -
4 テイエムプリキュア エリ女王杯 2着 去年の2着馬。同型馬いないし去年の再現も? -
3 5 アパパネ 秋華賞 1着 秋華賞完勝で牝馬三冠達成。四冠なるか? -
6 スノーフェアリー 英オークス 1着 英愛オークス連勝評価も日本の馬場が鍵で。 - -
4 7 サンテミリオン オークス 1着 前走休み明けにしても負けすぎ。様子見。 - -
8 ブライティアパルス マーメイドS 1着 前走のブービーが問題。一変あればいいが... - -
5 9 メイショウベルーガ 京都大賞典 1着 前走強敵下して重賞制覇。古馬牝馬の代表格。 -
10 ヒカルアマランサス ヴィクトリア 2着 ヴィクトリアマイル評価も前2走が案外で。 -
6 11 プロヴィナージュ クイーンS 2着 先行できればそれなりに。展開次第で前残りも。
12 アニメイトバイオ 秋華賞 2着 前走2着も評価できる内容。連下なら。
7 13 サンレイジャスパー 小倉記念 6着 相変わらず2桁着順ばかり。出番なしか。 - -
14 アースシンボル オクトーバS 1着 前走悪くないが今回いきなりのGIでは... - -
15 ムードインディゴ マーメイドS 6着 成績低迷続く。相手も揃うし一変は望めぬか。 - -
8 16 アーヴェイ フラワー招待 1着 前走レッドディザイア下すがこの条件だと? - -
17 リトルアマポーラ 愛知杯 1着 一昨年の勝ち馬。調子戻しつつあるだけに注意。
18 シングライクバード 博多S 1着 前走が案外。重賞では壁があるようで... - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第35回エリザベス女王杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第35回エリザベス女王杯の展望と予想とヨタ話

 今週から有馬記念まで怒濤のGI攻勢。
 まずは女王決定戦・第35回エリザベス女王杯。

 という訳で、このエリザベス女王杯。女王の座を巡って、3歳牝馬・古馬牝馬、そして海外勢がこのエリザベス女王杯で激突。 古馬牝馬の代表格といえるブエナビスタ・レッドディザイアがいなのは残念だが、3歳勢は三冠馬アパパネに同着でオークス制覇となったサンテミリオン、 秋華賞2着のアニメイトバイオがいるし、古馬勢も一昨年の覇者リトルアマポーラや去年の大波乱の片棒を担いだテイエムプリキュア、ヴィクトリアマイルでブエナビスタに肉薄したヒカルアマランサス、 牡馬相手に重賞制覇しているメイショウベルーガが参戦。さらに海外勢も英・愛オークスを制覇しているスノーフェアリー、前走のフラワーボウル招待Sでレッドディザイアを破ったアーヴェイと、かなりの面子が揃った一戦に。

 とはいえ、やはり抜けているのは3歳勢。さらにその3歳勢の中でもアパパネが抜けている状態。秋初戦は休み明けということもあって負けてしまったが、叩き2戦目の秋華賞ではきっちり一変。完勝で三冠達成。 例年だと「3歳勢 VS 古馬勢」という構図になるのだが...今年はすんなりアパパネで決まってしまっても不思議ではないでしょう。まぁ、去年のエリザベス女王杯みたいに妙な展開になってしまい、 テイエムプリキュアが逃げ切ったりとか、そういうのはあるかもしれませんが...

 あとは、アパパネの相手探し。ここに秋華賞の着順通りアニメイトバイオを持ってくるか、それとも古馬勢・海外勢を持ってくるか...そこが今回のエリザベス女王杯のポイント。 海外勢はそれなりの実績あるが日本の競馬に適応できるか微妙な面もあるので外すとしても、アニメイトバイオか古馬勢かは悩ましいところ。 とりあえず、秋華賞の内容を評価してアニメイトバイオの方を重くしてみますが...

<第35回エリザベス女王杯予想>

◎アパパネ
○テイエムプリキュア
▲アニメイトバイオ
△メイショウベルーガ
△プロヴィナージュ
△リトルアマポーラ

 あと展開も注意。逃げ馬がテイエムプリキュアのみというのは...ねぇ。

結果

1着スノーフェアリー
2着メイショウベルーガ
3着アパパネ
4着リトルアマポーラ
5着ヒカルアマランサス

タイム:2分12秒5 3F:36.3秒
出走取消:11番
スノーフェアリー 牝3歳
騎手:R.ムーア 厩舎:英・E.ダンロップ厩舎
単勝:6番850円
複勝:6番220円、9番120円、5番120円
枠連:3-5 320円 馬連:6-9 1430円
馬単:6-9 3590円
3連複:5-6-9 1320円
3連単:6-9-5 10170円
ワイド:6-9 540円
    5-6 500円 5-9 210円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。まぁ、人気所の決着なのだが...
 スノーフェアリーがここまでやるとはなぁ。うーむ。

 という訳で、前述している通り人気上位馬で決まったエリザベス女王杯なのだが...順序が逆でしたねぇ。勝ったのは4番人気のスノーフェアリー、 2着に2番人気のメイショウベルーガが入り、1番人気のアパパネは3着。まぁ、そのアパパネが7番人気のリトルアマポーラとハナ差だったことを考えれば、 ギリギリ踏みとどまって波乱にならずに済んだ、といったところでしょうけど。

 レース自体は予想通りテイエムプリキュアが単騎で逃げる展開。ただ、出足が今一つで実際に先頭に立ったのは1コーナーを回った後。 その後ペースを極端には落とさず、後続を徐々に離して単騎逃げに。まぁ、そんなこんながあったが、結局、前半3ハロン通過が36.2秒、1000m通過が1:00.1と落ち着いた流れに。

 となれば、去年みたいに前残りに...となるところだが、さすがに色々衰えていたのか、直線で失速し終了。で、代わってやってきたのが勝ったスノーフェアリー。 道中は好位につけたアパパネを終始マークする形で追走していたが、4コーナーで外を回るアパパネとは逆に内へ。コーナーワークで前との差を一気に詰めると、 そのまま馬群から抜け出し独走態勢に。結局、2着に4馬身の差をつけ楽勝してしまいました。あとは、外からいい脚で伸びてきたメイショウベルーガが2着、 伸びがイマイチだったが、リトルアマポーラを何とか凌いだアパパネが3着に。

 しかし、ここまで楽勝してしまうとはなぁ。スノーフェアリー。海外勢、特に欧州勢は日本のスピード競馬に適応できるかどうかが問題となることが多いのだが... 蓋を開けてみればこれですからね。出走馬中最速の上がり34.0秒を叩き出して完勝。この辺りの適性は問題なかったようですな。あと他の馬。 メイショウベルーガは相手が悪かったとしか言いようのない結果。単独で2着は確保しているんだけどね。アパパネは道中折り合いを欠いたりしたのが原因なのか、 直線での伸びがイマイチに。まぁ、一応3着は確保したんだし、この辺りは大目にみてもいいのかもしれませんな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。