今週のメインdeパツイチ2010
第27回マイルチャンピオンシップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第27回 マイルチャンピオンシップ 京都・芝1600m  3歳上オープン(GI) 2010年11月21日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ファイングレイン 高松宮記念 8着 一昨年の3着馬だがここ数戦が今一つで。 - -
2 スマイルジャック 安田記念 3着 前2戦が物足りず。距離短縮で変わる? - -
2 3 ライブコンサート 京都金杯 1着 一息入れて調子戻った?それともたまたま? - -
4 オウケンサクラ 桜花賞 2着 天皇賞秋4着は評価も今回その再現は? - -
3 5 テイエムオーロラ 府中牝馬S 1着 前走は展開嵌った感有。今回同型いるだけに... - -
6 ジョーカプチーノ NHKマイルC 1着 休み明けの前走上々。うまく先手取れれば。
4 7 ショウワモダン 安田記念 1着 秋の成績が散々。一変を望むのは酷か? - -
8 ダノンヨーヨー 富士S 1着 4連勝で重賞制覇。この力は本物っぽく。 -
5 9 トゥザグローリー カシオペアS 1着 前走完勝だがGIはさすがに壁ありそうで。 - -
10 マイネルファルケ マイルCS 2着 去年の2着馬。一叩きして変われば怖い。 -
6 11 ワイルドラズベリー 秋華賞 4着 前走の末脚悪くなく。この相手なら3着も。 -
12 アブソリュート マイルCS 5着 去年の末脚侮れず。あとは仕上がり次第か。
7 13 エーシンフォワード 高松宮記念 3着 マイルは大丈夫。一叩きして変われば... -
14 ガルボ シンザン記念 1着 重賞勝ちの舞台。前走悪くなかっただけに。 -
15 ゴールスキー 清水S 1着 連勝は評価するがいきなりのGIではさすがに。 - -
8 16 サプレザ サンチャリS 1着 去年の3着馬。今年は相手手頃でチャンス。 -
17 キンシャサノキセキ 高松宮記念 1着 前走取消明けだったが問題なく。上位は堅い? -
18 キョウエイストーム 京成杯AH 2着 前走で決着済か。今回57kg背負うし苦しい。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第27回マイルチャンピオンシップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第27回マイルチャンピオンシップの展望と予想とヨタ話

 短距離路線とは違って混沌としているマイル路線。
 秋も一波乱あるか?第27回マイルチャンピオンシップ。

 そんなこんなで、有力所が中距離路線に行ってしまうこともあって、なかなか定着せず、混沌とした状態が続いている今のマイル路線。 春の安田記念はブエナビスタ・レッドディザイアが出てきても不思議ではなかったのだが、結局出て来ず。でもって、3連単が34万馬券になるという波乱の決着に。

 そんなマイル路線も、秋になって一変。ブエナビスタ・レッドディザイアが出て来ないのは相変わらずだが、安田記念を勝ったショウワモダンは秋の成績がどれも散々、安田記念2着のスーパーホーネットは引退するなど、春に結果を出した馬がことごとく失脚。 で、これら実績馬に代わって、4連勝で富士ステークスを制したダノンヨーヨーや、久々のスワンSで好走したNHKマイルC馬ジョーカプチーノ、古馬相手に天皇賞秋で4着に入った桜花賞2着馬オウケンサクラといった新興勢力が台頭。 さらに、高松宮記念を制し、スプリンターズSでも2着に入ったキンシャサノキセキや、去年このレースで3着に入った外国馬サプレザも参戦。

 という訳で、ガラッと様変わりしたマイル戦線だが...混戦模様なのは相変わらず。春の安田記念に続いて、秋のマイルCSも一波乱あっていいんじゃないでしょうか。 ダノンヨーヨーは重賞勝ちしたとはいえ相手手薄な富士S勝ち、サプレザは去年好走したとはいえ3着止まり、キンシャサノキセキは距離延長と、有力視される馬もそれぞれ不安要素抱えてるんだしさ。 他の馬の大駆けがあっても不思議ではないでしょう。ただ、どの馬が来るかさっぱり読めませんが。一叩きして変わりそうな去年の2着馬マイネルファルケ、高松宮記念3着馬エーシンフォワードとか、 シンザン記念を楽勝しているガルボ、休み明けだが去年のマイルCSの末脚評価できるアブソリュート辺りが何かやらかしそうな気がするが...うーむ、どうだろう?

<第27回マイルチャンピオンシップ予想>

◎サプレザ
○ジョーカプチーノ
▲ダノンヨーヨー
△キンシャサノキセキ
△アブソリュート

 とりあえず、サプレザ・ダノンヨーヨーの2頭を軸にして勝負してみますか。

結果

1着エーシンフォワード
2着ダノンヨーヨー
3着ゴールスキー
4着サプレザ
5着ライブコンサート

タイム:1分31秒8(R) 3F:35.1秒
エーシンフォワード 牡5歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・西園厩舎
単勝:13番5240円
複勝:13番1070円、8番160円、15番380円
枠連:4-7 1650円 馬連:8-13 14240円
馬単:13-8 40970円
3連複:8-13-15 53970円
3連単:13-8-15 473970円
ワイド:8-13 3740円
    13-15 10900円 8-15 920円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。エーシンフォワードはアリなんだが...
 それはあくまでヒモ穴での話で。勝ち切っちゃうとはなぁ。

 という訳で、マイルCSの結果。ダノンヨーヨー・サプレザといった人気所は来たことは来たんだが、もう一歩詰め切れず。横一線で並んでゴールするも、 ダノンヨーヨーは2着、サプレザは4着という結果に。13番人気のエーシンフォワードが勝ち、3着に6番人気のゴールスキーが人気2頭の間に割って入ったため、3連単は47万馬券と波乱の決着に。

 レース自体もやや波乱含みの展開に。それなりに先行馬が揃った一戦だったが、やはりジョーカプチーノがハナへ。ただ、このジョーカプチーノ、前半3ハロン通過が33.7秒、1000m通過が0:56.7とかなりのペースで飛ばしていきましたからねぇ。 まぁ、比較的時計の出やすい馬場だったことや、このペースでもばったり止まってしまう馬がいなかったことを考えれば、この位が丁度いいペースだったのかもしれないが...ねぇ。結局、これが原因で1分31秒台に突入するレコード決着に。

 そんな中、勝ったエーシンフォワード。道中は中団につけ、4コーナーで内が開いたところを突いて一気に先頭へ。外から人気のダノンヨーヨー・サプレザが差を詰めてくるが、 追走で余計な脚を使わされたのか思ったほど切れず。さらに外を回ったロスもあって、エーシンフォワード、僅かにリードを保った状態でゴールへ。

 しかし、エーシンフォワードが勝ち切っちゃうとはねぇ。高松宮記念3着のように大きいところではあと一歩足りない、そんな感じの馬だと思っていたんだが、結果はこれですからね。 まぁ、メンバーがやや手薄だったことや、鞍上がうまく乗ったこともあって、こういう結果に結びついたんでしょうけど...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。