今週のメインdeパツイチ2010
第11回ジャパンカップダート出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第11回 ジャパンカップダート 阪神・ダ1800m  3歳上オープン(GI) 2010年12月5日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 シルクメビウス ブリーダーズ 1着 一叩きした効果あり。あとは仕掛け所次第。 -
2 キングスエンブレム シリウスS 1着 前走はやや流れ向かず。展開次第で逆転も。 -
2 3 トランセンド みやこS 1着 前走楽勝。今回も楽に先手取れそうで。 -
4 マルカシェンク 武蔵野S 5着 ダートこなせたのは収穫。ただこの条件だと? - -
3 5 ラヴェリータ スパーキング 1着 前走が今一つ。前々走ぐらい走ればいいが... - -
6 ダイショウジェット サマーCh 2着 一叩きした効果あれば多少は。3着穴で。 -
4 7 アリゼオ 毎日王冠 1着 今回初ダートだが一変する可能性あり。注意。 -
8 バーディバーディ ユニコーンS 1着 良化スロー。春ほどの勢いはないのかも。 - -
5 9 トーセンブライト 兵庫ゴールド 1着 成績伸び悩む。去年ほどの勢いはないか。 - -
10 ヴァーミリアン 川崎記念 1着 前走案外。年齢的に辛くなってきたようで。 - -
6 11 クリールパッション エルムS 1着 夏場の成績を再評価。流れに乗れれば... -
12 アドマイヤスバル JBCクラ 3着 手堅く走る。勝ち負けは辛いがヒモなら。
7 13 ダイシンオレンジ アンタレスS 1着 2戦目で一変期待したいが前走負けすぎで... -
14 グロリアスノア 武蔵野S 1着 一息いれて立ち直った様子。この条件でも。
8 15 マカニビスティー 東京ダービー 1着 中央転厩初戦が今一つ。この相手では。 - -
16 オーロマイスター 南部杯 1着 前走が負けすぎ。巻き返しあればいいが... - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第11回ジャパンカップダート枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第11回ジャパンカップダートの展望と予想とヨタ話

 今週から阪神・中山開催。...ですが、先週のJCはまだ続いています。
 今週はダートのジャパンカップ。第11回ジャパンカップダート。

 しかしだ。「ジャパンカップ」ではあるのだが、先週のジャパンカップとは違って海外勢の出走はなし。普通のダートGIになってしまいました。 まぁ、元々、こっちにはあまり海外勢が出て来ないだけに、こういうことになるのは不思議でもなんでもないんですけどね。

 という訳で、国内最強のダート王を決定する一戦となった今回のジャパンカップダート。...なのだが「国内最強」というのも、また微妙なところ。 何せ、国内最強のエスポワールシチーはいないし、さらにJBCクラシックを楽勝したスマートファルコンも先週の浦和記念に回ったもんで、ここには出走せず。 さらに、今年の帝王賞を制した南関東の雄・フリオーソもここをパス。そんなこんなで、今回のジャパンカップダート、今年のダート戦線を賑わした馬が揃って出て来ないという微妙な一戦に。

 ただ、実績は伴っていないが、これから先、ダート界を担っていけそうな逸材がちらほらいるだけに、そこまで悲観視することもないのが今回のジャパンカップダート。 前哨戦のみやこSを完勝したトランセンドに、シリウスS勝ちのキングスエンブレム、一休みして立ち直ったグロリアスノア、去年このレースで2着に入ったシルクメビウスとかさ。 まぁ、実績馬もヴァーミリアン・オーロマイスターとそれなりにいるのだが、今回はそっちの方に期待するのが正解でしょうな。

 でもって、ジャパンカップダートの予想。前述した馬中心で勝負すれば、まぁ、大丈夫なんじゃないでしょうか。中心はトランセンドで。時々凡走あるのが気掛かりだが、 揉まれなければ問題ない筈。今回も前走同様楽に先手取れそうなメンバー構成だし、押し切り濃厚なんじゃないでしょうか。対抗できるとすれば、シルクメビウス。 東海Sで逃げ切り体勢のトランセンドを差し切っているだけに、真っ向勝負でも十分通用するでしょう。あと、一発あるとすればアリゼオ。 ダート替わりで一変する馬がちらほらいるシンボリクリスエス産駒ですからね。今回初ダートだが、嵌れば怖いんじゃないでしょうか。

<第11回ジャパンカップダート予想>

◎トランセンド
○アリゼオ
▲シルクメビウス
△キングスエンブレム
△アドマイヤスバル
△グロリアスノア

 しかし、どうも信頼できないのがトランセンドだからなぁ...

結果

1着トランセンド
2着グロリアスノア
3着アドマイヤスバル
4着バーディバーディ
5着シルクメビウス

タイム:1分48秒9 3F:36.6秒
トランセンド 牡4歳
騎手:藤田伸二 厩舎:栗東・安田隆厩舎
単勝:3番350円
複勝:3番160円、14番660円、12番530円
枠連:2-7 1600円 馬連:3-14 4350円
馬単:3-14 6310円
3連複:3-12-14 20840円
3連単:3-14-12 94860円
ワイド:3-14 1500円
    3-12 1140円 12-14 5270円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中!かなりいい配当になりましたな。
 にしても、グロリアスノアもアドマイヤスバルも人気なかったなぁ...

 でもって、ジャパンカップダートの結果。すんなり先手取れればこんなもんでしょうな。好スタートからハナに立ったトランセンド、 途中でダイシンオレンジ・バーディバーディ・ラヴェリータが迫ってくるがハナは譲らず、結局、そのまま押し切ってしまいました。

 そんなこんなで、トランセンドが押し切った今回のジャパンカップダート。ペース自体は、前半3ハロン通過が35.9秒、1000m通過が1:00.0と、 マイペースで逃げた割にはそれなりの速さになったのだが...止まりませんでしたねぇ。最後3ハロンを36.6秒でまとめて後続を完封。 あとは、バーディバーディが粘って2着...かと思いきや、グロリアスノア、アドマイヤスバルにあっさり捕まってしまい4着。 直線入った段階では、トランセンドを見る形で競馬をしたバーディバーディがこれを交わすぐらいの勢いがあったんだがねぇ。ムリに追いかけたのが原因か、直線半ばで止まってしまいました。

 あと、他の人気所。2番人気のシルクメビウスは最後一応突っ込んできたが、勝負所で終始外を回らされたロスもあって5着が精一杯。 3番人気のキングスエンブレムはいいポジションを確保していたが、直線入って全く伸びず。先頭集団から大きく離された9着という結果に。 アリゼオは出遅れた上に終始チグハグな競馬。全く競馬にならずビリ。今回はダート適性云々より気性的な問題といった方がいいんでしょうな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。