今週のメインdeパツイチ2010
第61回全日本2歳優駿出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第61回 全日本2歳優駿 川崎・ダ1600m  2歳オープン(JpnI) 2010年12月15日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 エルウェーオージャ 兵庫ジュニア 3着 前走ちょっと差のある3着。ここも3着までか。 - -
2 2 リョウウン ハイセイコー 2着 大きいところでは足りぬ。相手揃うここでは。 - -
3 3 リアライズノユメ 兵庫ジュニア 1着 重賞を楽勝。ただ今回相手それなりに揃って。 -
4 4 キスミープリンス 鎌倉記念 1着 堅実に走る。この相手でも上位あっていい。 -
5 ビッグロマンス 北海道2歳 2着 前走2着も流れに乗れればもう少しはやれる。
5 6 ミサキティンバー ゴールドW賞 1着 前2戦がイマイチ。今回相手かなり手強いし... - -
7 モエレトゥループ ジュニアクラ 1着 伸び悩む。展開嵌ってもこの条件では。 - -
6 8 オヤシオ 500万下 1着 ダートならそれなりに。ただ今回相手揃って。 - -
9 ガムラン 500万下 1着 新馬・500万下勝ちを評価。重賞でも十分通用。
7 10 トウショウクラウン もちの木賞 1着 ダートで一変。流れに乗れればここでも。
11 ドラゴンウィスカー 平和賞 2着 なかなかのシブとさある馬。ここでもヒモなら。 -
8 12 リュウノフラッシュ ジュニアGP 5着 平和賞ブービーはさすがに辛い。多くは望めぬ。 - -
13 カネマサコンコルド 北海道2歳 1着 前走は展開の差?流れ次第で逆転も可能。

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第61回全日本2歳優駿枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第61回全日本2歳優駿の展望と予想とヨタ話

 先週は阪神JF、今週は朝日杯FSと2歳GIで盛り上がっていますが...
 こっちもやってますよ。ダートの2歳JpnI・第61回全日本2歳優駿。

 という訳で、2歳ダート路線の総仕上げとなる一戦がこの全日本2歳優駿。エーデルワイス賞・北海道2歳優駿といった北海道の交流重賞に加え、 前哨戦となる交流重賞・兵庫ジュニアグランプリの上位馬がこの全日本2歳優駿に参戦。さらに地元南関東の重賞で好走した地元勢や条件戦を勝ち上がった中央勢もこれに加わり、なかなか豪勢な一戦に。

 で、そんな今回の全日本2歳優駿。これまでの実績を考慮すれば、エーデルワイス賞・兵庫ジュニアグランプリをともに楽勝した牝馬のリアライズノユメということになるのだが... どうなんでしょうかねぇ。というのも、その楽勝した交流重賞2戦、ともに駒不足だった感は否めないですからね。一応、前走で北海道2歳優駿勝ちのカネマサコンコルドを軽く捻っているのだが、 それはそのカネマサコンコルドがチグハグな競馬をした結果の楽勝ですからねぇ。リアライズノユメ、これまでの勝ちっぷりほど抜けた存在ではないんじゃないでしょうか。

 となれば、他の馬にもまだ逆転のチャンスは十分残されているでしょう。条件戦を勝ち上がったガムラン・トウショウクラウンといった中央勢の中でも最近台頭してきた新興勢力や、 カネマサコンコルド・ビッグロマンスといった北海道2歳優駿上位馬とかさ。あと、キスミープリンス・ドラゴンウィスカーといった地元重賞好走馬も、 勝てるかどうかは微妙だがヒモならチャンスあるんじゃないでしょうか。

<第61回全日本2歳優駿予想>

◎ガムラン
○トウショウクラウン
▲カネマサコンコルド
△リアライズノユメ
△ビッグロマンス

 人気がリアライズノユメに被れば、飛んだときの妙味あるのだが...どうだろう?

結果

1着ビッグロマンス
2着リアライズノユメ
3着キスミープリンス
4着ガムラン
5着トウショウクラウン

タイム:1分41秒2 3F:38.0秒
ビッグロマンス 牡2歳
騎手:田中勝春 厩舎:美浦・河野厩舎
単勝:5番620円
複勝:5番220円、3番140円、4番500円
枠連:3-4 710円 馬連:3-5 1010円
枠単:4-3 2560円 馬単:5-3 3070円
3連複:3-4-5 4840円
3連単:5-3-4 32870円
ワイド:3-5 360円
    4-5 1970円 3-4 1120円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。それなりのところは来たんだが...
 軸がイマイチではなぁ。ガムランは4着止まりだし。

 でもって、全日本2歳優駿の結果。ここで逆転しましたか、ビッグロマンス。前走の北海道2歳優駿はカネマサコンコルドに敗れ2着だったが、 今回はうまく流れに乗れたようで。好位追走から直線入ったところで先頭へ。あとは、リアライズノユメと一騎打ちに...なるかと思いきや、 これをあっさり振り切り、そのままゴールへ。1・1/2馬身の差をつけ完勝。

 そんなこんなで、それなりの差はついた一戦だったが...上位陣、ついた着差ほど能力差はないんじゃないでしょうか。4着に負けたガムランも外を回らされたロスがあったし、 5着のトウショウクラウンは出遅れて後ろからの競馬になっちゃいましたからねぇ。まだ2歳だし成長次第では逆転もあっていいでしょう。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。