今週のメインdeパツイチ2010
第10回兵庫ゴールドカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第10回 兵庫ゴールドカップ 園田・ダ1400m  3歳上オープン(JpnIII) 2010年12月28日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 タガノブリガデイロ ニッカン菊園 1着 地元での成績評価も中央での成績今一つで。 - -
2 2 ラブミーチャン 全日本2歳 1着 今年の成績物足りないが一変の余地あって。
3 3 イイデケンシン スプリント 1着 地元ではまずまずもこの条件では苦しい。 - -
4 4 スーニ JBCスプ 4着 今年の成績イマイチ。59kgでは辛いか。 -
5 5 メイショウバトラー 南部杯 4着 この相手ならもう少しやれる。3着なら。 -
6 ゼットカーク 師走特別 1着 成績不安定。ダートは合わないのか? - -
6 7 ファイングレイン オーシャンS 5着 ダートはこなせる血統。一変あれば。
8 ポートジェネラル 東京スプ 4着 今回相手かなり楽。53kgだし一発ある。
7 9 アルドラゴン 摂津盃 1着 一昨年の2着馬。近走も上々だし注意。 -
10 ハイパーフォルテ 兵庫Ch 4着 前2戦の負け方が問題。一変は望めぬか。 - -
8 11 トーセンブライト 兵庫ゴールド 1着 去年の勝ち馬。この条件なら巻き返しある。
12 ジョインアゲン 黒潮マイル 1着 前2走悪くないが交流重賞の成績散々で。 - -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第10回兵庫ゴールドカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2010年版
第10回兵庫ゴールドカップの展望と予想とヨタ話

 ここで結果を出して来年のフェブラリーSへ?
 短距離の交流重賞・第10回兵庫ゴールドカップ。

 ...といってみたが、フェブラリーステークスに繋がるかどうかは微妙な一戦。時期的な問題なのか、メンバーがイマイチ集まり辛い上に、 ここで結果を出しても元々短距離向きの馬が多いのか、マイルのフェブラリーSでは今一つという馬ばかり。

 まぁ、それはそれとして。とりあえず兵庫ゴールドカップの予想を。スーニやトーセンブライトといった交流重賞勝ち馬に、 去年のNAR年度代表馬ラブミーチャンといった実績馬が参戦してきたのだが...どの馬も近走ぱっとしないからなぁ。 相手手頃になったここなら巻き返しあっていいんだろうけど、さて、どこまで巻き返せるんでしょうか?

 とりあえず、今回はトーセンブライト中心で。近走ぱっとしないといっても、能力発揮できるマイル前後では大崩れしていないんだしさ。 この条件、この相手だったら上位争い出来ていいでしょう。あとは休み明けを一叩きして上積みあればラブミーチャンも出番ありそうだし、 今回ダートだがこなせればいきなり勝ち負けできそうなファイングレインとかさ。

<第10回兵庫ゴールドカップ予想>

◎トーセンブライト
○ポートジェネラル
▲ラブミーチャン
△ファイングレイン
△スーニ

 あと、単騎逃げできればポートジェネラルも。53kgだし。

結果

1着トーセンブライト
2着スーニ
3着ラブミーチャン
4着タガノブリガデイロ
5着メイショウバトラー

タイム:1分26秒9 3F:38.4秒
トーセンブライト 牡9歳
騎手:安藤勝己 厩舎:美浦・加藤征厩舎
単勝:11番320円
複勝:11番130円、4番110円、2番130円
枠連:4-8 330円 馬連:4-11 360円
馬単:11-4 840円
3連複:2-4-11 790円
3連単:11-4-2 3890円
ワイド:4-11 180円
    2-11 360円 2-4 220円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。とはいえ、人気所の決着。
 まぁ、トーセンブライト1着付けが出来れば悪くないかと。

 そんなこんなで、前述している通り、人気所が上位を占めた兵庫ゴールドトロフィー。まぁ、人気順通りという訳にはいかなかったが、 2番人気のトーセンブライトが勝ち、1番人気のスーニが2着、3番人気のラブミーチャンが3着が入るという無難な結果に。

 レース自体はラブミーチャンが単騎で逃げる展開。ポートジェネラルは行ききれず、さらにスーニにも先に出られてしまい3番手から。 そんな中、勝ったトーセンブライトはこれら先行集団から少し離れた5番手を追走。向こう正面から徐々に押し上げ、4コーナーで前に行ったラブミーチャン・スーニの後ろまで進出。 コースがコースなだけに、前に行ったスーニに押し切られてしまいそうな勢いだったが、そこはなんとか力でねじ伏せ、ゴール手前で逆転。3/4馬身抜け出して先頭でゴールへ。

 でもって、勝ったトーセンブライト。まぁ、相手が相手だっただけにこういう結果になるのも仕方がないところ。順当勝ち。2着のスーニはここ数戦の結果や59kgが微妙だったが、 蓋を開けてみればこれですからね。2着に負けはしたものの、能力あるところは見せたんじゃないでしょうか。逆に3着のラブミーチャンは...どうなんでしょうか? ハンデも相手も悪くなかったのだが、イマイチ踏ん張りきれず。最近こういう内容続いているだけにねぇ...早熟だったのかもしれませんな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。