今週のメインdeパツイチ2011
第45回シンザン記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第45回 シンザン記念 京都・芝1600m  3歳オープン(GIII) 2011年1月9日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 オルフェーヴル 芙蓉S 2着 能力はなかなか。出遅れさえなければ... -
2 ワイズリー かえで賞 1着 いい末脚持っている。あとは展開次第か。 -
2 3 マーベラスカイザー 京都2歳S 1着 前走は不利有。見限るのはまだ早いか。 -
4 マルセリーナ 新馬 1着 新馬戦完勝。重賞でもいきなり勝ち負けに。
3 5 アドマイヤサガス デ杯2歳S 2着 前走は不利が堪えた。巻き返しに期待。 -
6 トキノゲンジ 福島2歳S 1着 朝日杯FS悪くない内容。ここなら上位も。 -
4 7 シゲルソウサイ 朝日杯FS 10着 前走10着も大きく負けず。単騎逃げなら。 - -
8 レッドデイヴィス 千両賞 9着 前走は1着入線も降着。流れに乗れれば。 -
5 9 ヒカリトリトン つわぶき賞 5着 末脚まずまず。ただこの相手ではさすがに。 - -
10 ギリギリヒーロー 札幌2歳S 5着 前走ちと差のある内容。入着までか。 - -
6 11 ドリームバロン 500万下 1着 一叩きして変わるも函館2歳S10着が... - -
12 ドナウブルー 白菊賞 1着 前走の勝ちっぷり評価。重賞でも即通用。 -
7 13 シャイニーホーク 500万下 2着 地味だがそこそこは走る。ヒモ穴で一考。 -
14 ツルマルレオン 未勝利 1着 未勝利脱出にやや時間要す。パンチ不足? - -
8 15 シゲルシャチョウ ききょうS 4着 相手なりに走る。流れに乗れれば3着は。 -
16 ヴィジャイ 500万下 2着 嵌ればまずまずの脚使う。展開次第で。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第45回シンザン記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第45回シンザン記念の展望と予想とヨタ話

 年が明け、次の目標は3歳クラシックに?
 たまに有力馬を輩出する重賞、第45回シンザン記念。

 で、このシンザン記念。3歳クラシックはまだまだ先だが、賞金やらローテーションだとかそういう理由で、それなりの馬がぼちぼち使ってくる一戦。 とりあえず、ここを勝って賞金を上積みし本番への出走を確定的にしてからちょっと一休み。その後、ステップレースを軽く使って皐月賞・ダービーを万全の状態で迎える... まぁ、そんな感じのローテを描いていたりするんじゃないでしょうか。

 で、今年のシンザン記念も大体そんな感じの馬が集結。新馬・500万下勝ち上がり組と朝日杯FSからの巻き返しを図る2歳重賞好走馬が、次に望みを繋げるためにここに参戦。 オルフェーヴル・アドマイヤサガスといった2歳重賞組に加え、マルセリーナ、ワイズリー、ドナウブルーといった新馬・500万下を好内容で勝った馬が出走し、なかなか期待できる一戦になりました。

 でもって、予想の方もこれらの馬中心。あとはその順序なのだが...ここは前述の2歳重賞組で勝負してみましょうか。オルフェーヴルは、前走の京王杯2歳ステークスで10着に敗れるものの、チグハグなレースでしたからねぇ。 これは度外視していいでしょう。出遅れ癖あるのが難点だが、嵌ればいい脚使うだけに、能力的には十分通用していいでしょう。あとはアドマイヤサガス。前走の朝日杯FSは4コーナーで致命的な不利。 まともだったらもっとやれるんじゃないでしょうか。

<第45回シンザン記念予想>

◎オルフェーヴル
○マルセリーナ
▲アドマイヤサガス
△ドナウブルー
△ワイズリー

 で、あとは手堅く新馬・500万下好走組を。

結果

1着レッドデイヴィス
2着オルフェーヴル
3着マルセリーナ
4着アドマイヤサガス
5着ドナウブルー

タイム:1分34秒0 3F:35.2秒
レッドデイヴィス セン3歳
騎手:浜中俊 厩舎:栗東・音無厩舎
単勝:8番2230円
複勝:8番540円、1番400円、4番510円
枠連:1-4 2500円 馬連:1-8 8890円
馬単:8-1 22230円
3連複:1-4-8 35480円
3連単:8-1-4 279230円
ワイド:1-8 2930円
    4-8 3240円 1-4 2250円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。それなりの印は打っているんだが...
 それぞれの予想で肝心なところが抜けているんだよなぁ。あーあ。

 でもって、シンザン記念の結果。人気所はそれなりに突っ込んできたのだが...勝ったのは7番人気のレッドデイヴィス。シゲルソウサイ・シャイニーホークの2頭が後続を離して逃げる中、その後ろの3番手を追走。 前半3ハロン通過が35.1秒、1000m通過が0:58.8とそれなりのペースだったが...それは逃げた2頭が作り出したもの。その後ろの集団は「平均ペース」でこれを追走した形に。展開的にはどの位置でも有利不利はないといった状況に。

 となれば、あとは実力勝負。好位にいたアドマイヤサガス・ドナウブルー辺りが抜けて...くるかと思いきや、抜けてきたのはレッドデイヴィス。そのまま独走態勢に。 最後、直線一気でオルフェーヴルが伸びてきたが、差を詰めただけ。レッドデイヴィスがこれを1・1/2馬身退け押し切り勝ち。

 しかしなぁ、この結果はどうなんでしょ?展開の有利不利がなかっただけに、あっさり負けてしまったアドマイヤサガス・ドナウブルーは減点必要でしょう。 逆に、2着のオルフェーヴルはまだまだチャンスあるでしょう。今回もスタートが悪く後方から。でもって、出走馬中最速の上がり33.5秒を叩き出して2着確保ですからねぇ。 まともだったら...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。