今週のメインdeパツイチ2011
第58回日経新春杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第58回 日経新春杯 京都・芝2400m  4歳上オープン(GII) 2011年1月16日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ドモナラズ 七夕賞 1着 たまに一発ある馬。そろそろ出番? -
2 2 ナムラクレセント 天皇賞春 4着 一時期の勢いはない。今回相手も揃うし。 - -
3 3 メイショウクオリア 福島記念 4着 パンチ不足。時計掛かる馬場じゃないと辛い。 - -
4 4 オートドラゴン 八坂S 1着 昇級戦がイマイチ。逆転は難しいか。 - -
5 ローズキングダム ジャパンC 1着 有馬記念取消でここへ。58kg止まりだし注意。 -
5 6 ウィルビーキング 御堂筋S 1着 昇級後の成績サッパリ。一変は... - -
7 エーティーボス ファイナルS 4着 多少マシになるが今回相手強すぎで。 - -
6 8 ルーラーシップ 鳴尾記念 1着 この相手なら巻き返しある。あとは展開次第か。
9 ゲシュタルト 日本ダービー 4着 多少上向く。うまく流れに乗れれば上位も。 -
7 10 ホワイトピルグリム 金鯱賞 4着 伸び悩む。今回、ハンデも相手も微妙で... - -
11 ヒルノダムール 鳴尾記念 2着 前走2着も内容悪くなく。ここでも上位。 -
8 12 コスモヘレノス ステイヤーズ 1着 楽に先手取れる組み合わせ。前残り注意。
13 ビートブラック 菊花賞 3着 菊花賞展開嵌った感あるが今回も嵌れば。

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第58回日経新春杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第58回日経新春杯の展望と予想とヨタ話

 年が明けて初のGII。第58回日経新春杯。
 時期的に出走馬が微妙だったりする重賞だが...

 しかしだ、今年は違います。頭数自体は相変わらずフルゲートに満たなかったりするのだが、ジャパンカップ勝ちのローズキングダムや、 鳴尾記念を勝ち有馬記念でもいい勝負をしたルーラーシップ、そして鳴尾記念でそのルーラーシップに肉薄した皐月賞2着馬ヒルノダムールがこの日経新春杯に出走。 さらにステイヤーズS勝ちのコスモヘレノス、京都新聞杯勝ちのゲシュタルト、菊花賞3着のビートブラックもいますからねぇ。なかなかの一戦に。

 でもって、そんな今年の日経新春杯の予想を。実績的にはローズキングダムがダントツ。今回はハンデ戦ということでどこまで背負わされるか心配だったが、 蓋を開けてみれば58kg止まり。これならばローズキングダムが順当に勝っても不思議ではないのだが、気掛かりな点がいくつか。

 それは、展開と天気。今回、これといった逃げ馬が不在。さらに有力所は差し・追い込みに集中。後ろで有力所が牽制しあってしまうと、前に行くコスモヘレノス・ビートブラックや、 好位から競馬するルーラーシップ辺りにまんまと押し切られてしまう可能性も。特に今回、京都コースですからねぇ。前残りには注意しなといけないでしょう。 あと天気。馬場が渋ると自慢の末脚もフルに発揮できなくなる可能性も十分あるだけにねぇ。そうスンナリ決まらないんじゃないでしょうか。

<第58回日経新春杯予想>

◎ルーラーシップ
○コスモヘレノス
▲ヒルノダムール
△ローズキングダム
△ビートブラック

 という訳で、先行できるルーラーシップを中心にして勝負。

結果

1着ルーラーシップ
2着ヒルノダムール
3着ローズキングダム
4着ナムラクレセント
5着ホワイトピルグリム

タイム:2分24秒6 3F:34.5秒
ルーラーシップ 牡4歳
騎手:U.リスポリ 厩舎:栗東・角居厩舎
単勝:8番320円
複勝:8番120円、11番140円、5番110円
枠連:6-7 920円 馬連:8-11 960円
馬単:8-11 1660円
3連複:5-8-11 450円
3連単:8-11-5 3250円
ワイド:8-11 260円
    5-8 150円 5-11 210円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中!3連単、ズバリ当てたが...3250円ですか。
 ローズキングダム3着なら、もう少しつきそうなもんだが。うーむ。

 という訳で、日経新春杯の結果。ローズキングダム来ませんでした。直線ではルーラーシップの独走態勢に。ローズキングダムは、 なんとか3着を確保し、2着に食い込めるかどうかの位置まで押し上げたところでゴールを迎えて終了。

 レース自体は、これといった逃げ馬がいなかったこともあって緩めのペース。前半3ハロン通過こそ34.2秒と速かったが、その後ペースが落ち1000m通過は1:00.1。そして、馬群も一団に。 となれば、直線での追い比べ勝負になってしまうのは仕方がないところ。まずは好位につけていたルーラーシップが抜け出し、それをヒルノダムールが追撃。 ローズキングダムは内を突いて前を窺うが...58kgがさすがに堪えたのか伸びがイマイチ。で、結局、前述している通り、ルーラーシップが1頭だけ抜け出し1着、 そして、ヒルノダムール、ローズキングダムが並んでゴールし、それぞれ2・3着確保。

 そんなこんなで、ちょっと順序の入れ替えがあったりしたが...まぁ、順当な結果でしょうな。ローズキングダムはあと一伸びがあっても良さそうだが、 ハンデとかローテーションのことを考えると今回はこんなもんなのかもしれませんな。次もあることだし。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。