今週のメインdeパツイチ2011
第16回シルクロードステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第16回 シルクロードステークス 京都・芝1200m  4歳上オープン(GIII) 2011年1月29日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サンダルフォン 北九州記念 3着 重賞ではちと詰め甘く。ここではヒモまで。 -
2 セイコーライコウ サンライズS 1着 連勝で準OP脱出するも重賞ではさすがに。 - -
2 3 スプリングソング 京阪杯 1着 去年ほ1番人気で大敗。リベンジなるか? - -
4 ショウナンカザン 淀短距離S 1着 前走は評価も57kgはちと重すぎの感あって。 - -
3 5 ティファニーケイス 桂川S 1着 前走負けすぎ。今回も同型が強力で... -
6 アーバニティ スワンS 4着 調子急降下。うまく立て直せていればいいが... - -
4 7 モルトグランデ 京阪杯 3着 いい脚使う。前が止まれば一発ありそうで。
8 シンボリグラン オーシャンS 3着 前走のビリが問題。斤量は楽になるが... - -
5 9 ジョーカプチーノ NHKマイルC 1着 ここでもハナ。58kgだが押し切り見込め。 -
10 ウエスタンダンサー 淀短距離S 11着 2桁着順ばかり。52kgだがさすがに厳しく。 - -
6 11 ウエスタンビーナス UHB杯 1着 暗中模索。一変あればいいが望み薄で... - -
12 ファイングレイン スワンS 7着 芝に戻れば多少は走る。ただこの相手だと... -
7 13 ジェイケイセラヴィ キーンランド 2着 この条件大負けせず。あとは流れ一つか。 -
14 スカイノダン 北九州記念 2着 53kgなら悪くなく。ヒモなら十分狙える。
8 15 アーバンストリート 京洛S 1着 末脚戻った。相変わらず展開が鍵だが嵌れば。 -
16 グランプリエンゼル オパールS 1着 前走かなりマシになる。そろそろ出番か。

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第16回シルクロードステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第16回シルクロードステークスの展望と予想とヨタ話

 ダート路線は大一番に向け詰めの段階に入っている昨今ですが...
 短距離路線もぼちぼち動き始めます。第16回シルクロードS。

 という訳で、このシルクロードステークス。目標はもう少し先になるが、一応、高松宮記念へのステップといっていいレース。 阪急杯みたいに直結するレースではないが、それでもファイングレインやソルジャーズソングが本番で結果出しているんだし。

 で、今年はというと、この馬が出てきました。NHKマイルカップ馬・ジョーカプチーノ。スワンSで戦列に復帰しいきなり3着。マイルCSはさすがにダメだったが、 その次のラピスラズリSできっちり巻き返し復帰後初勝利。でもって、そのジョーカプチーノがこのシルクロードステークスに出走。まぁ、ハンデ戦ということもあって、 58kgとそれなりの斤量を背負うことになったが...他の実績馬も57kgとそれなりに背負っていることを考慮すれば、これくらいは大丈夫でしょう。ここでもきっちり結果出してくれるんじゃないでしょうか。

 となれば、あとはその相手探し。前述のジョーカプチーノを筆頭に、それなりに行く馬が揃っているだけにペースは速くなりそう。だったら、ここは差し・追込馬中心で勝負するのが妥当でしょう。 前走のラピスラズリSでいい脚使ったグランプリエンゼルや、京阪杯で最速の上がりを出したジェイケイセラヴィ、そこそこの位置から伸びてくるスカイノダン、前2走の末脚を評価してモルトグランデとかでどうでしょうか。

<第16回シルクロードステークス予想>

◎ジョーカプチーノ
○グランプリエンゼル
▲ジェイケイセラヴィ
△スカイノダン
△モルトグランデ
△サンダルフォン

 まぁ、ジョーカプチーノそのものが潰れてしまう可能性もあるけどね。

結果

1着ジョーカプチーノ
2着アーバニティ
3着モルトグランデ
4着セイコーライコウ
5着シンボリグラン

タイム:1分08秒2 3F:33.4秒
ジョーカプチーノ 牡5歳
騎手:藤岡康太 厩舎:栗東・中竹厩舎
単勝:9番220円
複勝:9番150円、6番960円、7番290円
枠連:3-5 2980円 馬連:6-9 7890円
馬単:9-6 11040円
3連複:6-7-9 29100円
3連単:9-6-7 121520円
ワイド:6-9 2680円
    7-9 560円 6-7 7040円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ジョーカプチーノは来たんだが...
 アーバニティまではフォローできませんでした。うーむ。

 まぁ、それはそれとしてシルクロードステークスの結果。1番人気のジョーカプチーノが順当に勝ったのだが...こういう競馬になるとはねぇ。 これまで同様、積極的に出て行って逃げ切り...といきたかったんだろうけど、スタートで1〜2馬身ほど出遅れ後方からの競馬に。

 ただ、前半3ハロン通過が34.8秒というペースにしては前残りの展開にならなかったことも幸いして、直線で盛り返し。 ジョーカプチーノ、外から一気に突き抜け、そのままゴールへ。2着にはそのジョーカプチーノについていくような形になったアーバニティ、 3・4着には同じくジョーカプチーノと同じような位置にいたモルトグランデ・セイコーライコウがそれぞれ確保。

 しかしなぁ。勝ったジョーカプチーノ。やや展開に恵まれた感はあったが、出遅れ、さらに58kg背負ったにも関わらず、出走馬中最速の上がり32.6秒を叩き出し勝ってまったのはねぇ。 これだけやれれば本番でも十分勝負になるでしょう。あと、2着のアーバニティも上々の内容。かなり調子戻ってきたんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。