今週のメインdeパツイチ2011
第45回小倉大賞典出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第45回 小倉大賞典 小倉・芝1800m  4歳上オープン(GIII) 2011年2月5日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 テイエムカゲムシャ 駿風S 1着 2桁着順ばかり。軽ハンデだが一変は... - -
2 ナリタクリスタル 新潟記念 1着 休み明け初戦上々の内容。勝ち負けに。 -
2 3 リルダヴァル NHKマイルC 3着 ハンデ56kg止まり。相手手薄だしここなら。
4 シゲルタック 比叡S 1着 前走が負けすぎ。よほど嵌らぬと出番は。 - -
3 5 オートドラゴン 八坂S 1着 昇級して頭打ち。嵌っても入着までか。 - -
6 スマートステージ 目黒記念 4着 前2走悪くなく。前崩れになれば一発も。 -
4 7 マヤノライジン 大阪城S 1着 前走が負けすぎ。一叩きしてもどこまで... - -
8 コスモセンサー ニューイヤー 1着 久々を快勝。ただ今回相手一気に強化され。 -
5 9 サンライズマックス 中日新聞杯 4着 スランプ脱出?ただ前走差のある内容だけに。 - -
10 サンライズベガ 新潟記念 3着 前2走がイマイチ。一変あればいいが...
6 11 アンノルーチェ 小倉日経OP 1着 ムラ駆けタイプ。嵌れば怖いが今回久々で... -
12 クレバートウショウ 石清水S 1着 今回重賞。前2戦のようにはいきそうになく。 - -
7 13 ドモナラズ 七夕賞 1着 この条件ならもう少しやれていい。前崩れで。 -
14 バトルバニヤン 小倉記念 2着 小倉得意。ただ今回相手も斤量も微妙で。 - -
8 15 ダイシングロウ バレンタイン 2着 末脚まずまず。53kgだし展開嵌れば大駆けも。
16 チョウカイファイト 福島民報杯 1着 重賞成績悪くないが今回久々。様子見。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第45回小倉大賞典枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第45回小倉大賞典の展望と予想とヨタ話

 各種重賞の裏でこっそりやってますよ。
 ローカル場のハンデ重賞・第45回小倉大賞典。

 という訳で、この小倉大賞典。前述している通り、ローカル場のハンデ戦。そんなこともあって、出走してくるメンバーもこの手の条件ではお馴染みの馬ばかり。 この小倉大賞典と似た条件で行われた去年暮れの中日新聞杯(ただし小倉での開催)が再び一度開催、そんな感じの一戦になってしまいました。

 ただ、今回は、前回(?)の上位馬が勝ち抜けしたこともあって、やや緩めのメンバー構成に。となれば、繰り上がりでサンライズマックス・バトルバニヤン辺りが台頭してきてもいいのだが... 別路線からかなり強力な馬が割り込んで来ちゃいましたからねぇ。鳴尾記念で強敵相手に僅差の競馬をしたリルダヴァル、新潟記念勝ち馬で久々となる中山金杯でも好走したナリタクリスタルがこの小倉大賞典に参戦。 さらにハンデもサンライズマックス・バトルバニヤンよりも1kg軽い56kgときたもんだ。今回はこの2頭中心で勝負するしかないでしょう。

<第45回小倉大賞典予想>

◎リルダヴァル
○ダイシングロウ
▲ナリタクリスタル
△サンライズベガ
△コスモセンサー

 一発狙うなら比較的ハンデ軽いスマートステージ・ドモナラズだが...
 まぁ、この辺りは展開の助けがないとちと苦しいですな。

結果

1着サンライズベガ
2着バトルバニヤン
3着リルダヴァル
4着スマートステージ
5着サンライズマックス

タイム:1分45秒3 3F:35.2秒
サンライズベガ 牡7歳
騎手:秋山真一郎 厩舎:栗東・音無厩舎
単勝:10番1970円
複勝:10番450円、14番600円、3番150円
枠連:5-7 5810円 馬連:10-14 19100円
馬単:10-14 40890円
3連複:3-10-14 16620円
3連単:10-14-3 179710円
ワイド:10-14 4200円
    3-10 1140円 3-14 1400円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。リルダヴァルがちょっとなぁ。
 うまく抜け出していれば勝てていたんだろうけど...

 でもって、小倉大賞典の結果。リルダヴァル・ナリタクリスタルの2頭が人気を集めたが...どちらも連対することはできませんでした。 ポジション的にはリルダヴァルが好位、ナリタクリスタルが中団から競馬するが、ナリタクリスタルは勝負所でじりじり下がって終了。 リルダヴァルは好位追走から前を窺っていたが、4コーナーから直線にかけて馬群に包まれる形になり抜け出せず。最後、なんとか外に持ち出し前との差を詰めるが、 一足先に抜けていたサンライズベガ・バトルバニヤンを交わすまでには至らず。結局、3着止まり。

 まぁ、そんなこんながあったが、勝ったのはサンライズベガ。ここ2戦はイマイチだったが、元々この手の重賞でそれなりに好走していた馬。 これくらいはやれていいでしょう。2着のバトルバニヤンも今回57kg背負っていたが、今回得意の小倉ということもあってか善戦。 それなりに荒れたが、まぁ、なくはない結果だったんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。