今週のメインdeパツイチ2011
第61回ダイヤモンドステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第61回 ダイヤモンドステークス 東京・芝3400m  4歳上オープン(GIII) 2011年2月19日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ミヤビランベリ AJC杯 2着 叩き2戦目で一変。楽に行ければここでも。
2 エーティーボス 小倉記念 4着 成績伸び悩む。重賞では入着が精一杯か。 - -
2 3 スノークラッシャー プロミネント 1着 末脚はかなりのもの。重賞だがこの相手なら。
4 コスモメドウ 万葉S 1着 前走楽勝。今回ハンデ53kg止まりだし連勝も。 -
3 5 アルコセニョーラ 七夕賞 2着 末脚はまだ健在。前崩れになれば... -
6 ビービーファルコン 万葉S 5着 徐々に良化するが重賞ではちと足りなくて。 - -
4 7 コスモヘレノス ステイヤーズ 1着 前走は流れに乗れず。巻き返しあっていい。
8 ゲシュタルト 京都新聞杯 1着 秋以降の成績今一つ。今回相手は楽だが... - -
5 9 アースシンボル オクトーバS 1着 52kgならそれなりに。あとは展開次第。 -
10 イケドラゴン 目黒記念 2着 前走は展開嵌った感否めず。苦しいか。 - -
6 11 スリーオリオン AR共和国杯 4着 この条件悪くないが前走が今一つ物足りなく。 - -
12 キングトップガン メトロS 6着 2桁着順連発。51kgと軽量だが出番は... - -
7 13 モンテクリスエス 万葉S 2着 一昨年の勝ち馬。復調気配伺えるだけに。
14 キタサンアミーゴ 松籟S 1着 今回昇級戦の上に重賞。展開嵌らぬと。 - -
8 15 シャインモーメント メイS 5着 足りない競馬続く。この条件では苦しい。 - -
16 ビートブラック 菊花賞 3着 前走は苦しい流れ。マイペースならもう少しは。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第61回ダイヤモンドステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第61回ダイヤモンドステークスの展望と予想とヨタ話

 長距離路線の大一番・天皇賞春に向けての一戦。
 ...といいたいところだが微妙な一戦。第61回ダイヤモンドS。

 という訳で、このダイヤモンドステークス。前述している通り、条件的には天皇賞春に直結していい一戦なのだが...あまり役に立たない一戦。 去年のフォゲッタブルや3年前のアドマイヤモナークのように、何頭かは天皇賞春を視野に入れてここを使っていたりするが、 どちらかというと、アルゼンチン共和国杯やステイヤーズステークス、そして万葉ステークスと秋・冬にひっそりと行われる長距離戦の一貫と考えたほうがいい一戦。

 で、今年もそんな感じの一戦に。万葉Sや日経新春杯がメインなのはいつも通り。しかし、今年は抜けた馬がいないのがねぇ。 実績的にはステイヤーズS勝ちのコスモヘレノスや、菊花賞3着のビートブラック、日本ダービー4着のゲシュタルトや目黒記念・AR共和国杯勝ちのミヤビランベリなんだろうけど、 近走凡走しているだけにねぇ。イマイチ信用できないのが実情。

 さらに、このダイヤモンドステークス、ハンデ戦ということもあってか、かなり荒れるレース。まぁ、荒れるといってもそれなりに人気所は絡んだりするのだが... とにかく2ケタ人気馬が突っ込んでくるのがねぇ。とりあえず、この条件で巻き返しありそうなコスモヘレノス辺りを軸にして、うまく人気薄を引っかけられればなぁ。 ハンデ魅力なアースシンボルとか、末脚鋭いスノークラッシャーとかさ。

<第61回ダイヤモンドステークス予想>

◎コスモヘレノス
○アースシンボル
▲ミヤビランベリ
△スノークラッシャー
△モンテクリスエス
△コスモメドウ

 ミヤビランベリの逃げ切りに期待するのもアリだが、これは人気次第。

結果

1着コスモメドウ
2着コスモヘレノス
3着キタサンアミーゴ
4着ビートブラック
5着ゲシュタルト
5着モンテクリスエス(同着)

タイム:3分31秒9 3F:35.3秒
コスモメドウ 牡4歳
騎手:A.クラストゥス 厩舎:美浦・畠山重厩舎
単勝:4番670円
複勝:4番280円、7番310円、14番340円
枠連:2-4 1020円 馬連:4-7 2080円
馬単:4-7 4360円
3連複:4-7-14 7770円
3連単:4-7-14 41740円
ワイド:4-7 720円
    4-14 1260円 7-14 1640円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。それなりの人気所で決着。
 ただ、その割にはまずまずの配当に。これで馬連2080円なら上々。

 でもって、ダイヤモンドステークスの結果。前述している通り、2番人気のコスモメドウが勝ち、4番人気のコスモヘレノスが2着に入るという無難な決着に。 オッズが割れたこと、3着に6番人気のキタサンアミーゴが入ったこともあって、そこそこの配当になったりしたが、まぁ、ここ数年の荒れっぷりからすれば比較的常識的な結果に。

 レース自体は、やはりミヤビランベリが単騎で逃げる展開。他に行く馬がいなかった上にこの距離ということもあって、前半3ハロン通過が38.1秒、1000m通過が1:02.7、 2000m通過が2:06.1とかなり緩い流れに。こういう流れなら前残りの競馬になっても不思議ではないのだが、今回はどちらかというと追い比べ勝負に。 好位にいたキタサンアミーゴが粘る中、中団からコスモヘレノスがじわりと進出。しかし、これらを外から伸びてきたコスモメドウがまとめて交わして先頭に。 あとは、その勢いのまま2着以下を突き放しゴールへ。

 という訳で、勝ったコスモメドウ。前走の万葉S同様ここも完勝。比較的ハンデが楽だったこともこの勝利に繋がったんだろうけど、 それを考慮してもこの勝利は評価していいんじゃないでしょうか。逆にイマイチだったのが1番人気のビートブラック。 最後方追走から末脚勝負に賭けたが今一つ弾けきれず4着止まり。どうも切れる脚がないようですなぁ。 こういう流れでこういう位置取りになってしまうとねぇ...こういう詰めの甘い競馬になってしまうのも仕方がないところですな。 そこそこ能力はあるが、結果出せるかどうかは展開次第、そんな感じの馬なんでしょうな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。