今週のメインdeパツイチ2011
第20回アーリントンカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第20回 アーリントンカップ 阪神・芝1600m  3歳オープン(GIII) 2011年2月26日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 スマートロビン エリカ賞 1着 前走が負けすぎ。一変あればいいのだが... - -
2 2 テイエムオオタカ 京王杯2歳S 3着 マイペースならかなり粘る。開幕週だし注意。
3 3 キョウエイバサラ 500万下 3着 芝未知数。この条件吉と出るか凶と出るか? -
4 4 カルドブレッサ こぶし賞 2着 前走展開嵌った感有。ここはちと苦しく。 -
5 アマノレインジャー 未勝利 1着 芝もそこそこ走るが重賞ではさすがに... -
5 6 ノーブルジュエリー エルフィンS 2着 前走微妙。期待されているほど走らぬ? -
7 ビップセレブアイ こぶし賞 4着 多少持ち直すが今回重賞。よほど嵌らぬと。 - -
6 8 マジカルポケット 函館2歳S 1着 朝日杯FS大敗が気掛かり。この距離長い? -
9 ラトルスネーク 500万下 1着 大駆けタイプ。前崩れなら前走の再現も。
7 10 ゲティスバーグ 未勝利 1着 展開嵌って未勝利脱出できた感有。苦しい。 - -
11 トキノエクセレント 500万下 2着 芝の成績今一つ。この条件ではさすがに... - -
8 12 ノーザンリバー 500万下 1着 芝もそれなりに走る。あとは展開次第か。
13 ロードハリアー 500万下 6着 昇級戦イマイチ。今回重賞だしさすがに。 - -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第20回アーリントンカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第20回アーリントンカップの展望と予想とヨタ話

 今週から阪神開催スタート。そんな阪神開幕戦はコレ。
 皐月賞・NHKマイルカップのステップ、第20回アーリントンカップ。

 そんなこんなで、このアーリントンカップ。弥生賞など優先出走権が与えられるトライアルレースと比べると地味な重賞だが、 ぽつりぽつりと有力馬をGI戦線に送り出す重賞、それがこのアーリントンカップ。内容次第だが、とりあえずマークはしておいた方がいい一戦。

 で、今年のアーリントンカップ。地味な重賞だけに出走馬が地味なのは仕方がないところだが、今年は例年以上に地味。重賞好走馬はマジカルポケット・テイエムオオタカしかいないし、 OP好走馬もノーブルジュエリーだけ。さらに、新馬・500万下勝ち上がり組も、好内容で勝つどころか微妙な負け方している馬ばかりだからなぁ。500万下勝った段階の評価ならスマートロビンも十分アリなのだが、 前走の京成杯が出遅れを考慮しても負けすぎだし。

 という訳で、ここは重賞好走馬中心で勝負してみましょうか。直線長い阪神外回りコースだが、好位追走からの押し切り期待でテイエムオオタカを。 直線が長いことを考慮するのかペースが落ち着く傾向があるし、阪神開幕週ということで前が止まらない可能性も十分あるだろうしさ。 あとは、追い比べ勝負になれば33秒台の末脚使えるラトルスネーク・マジカルポケット、勝ちはすべてダートだが芝もそれなりにこなすノーザンリバー辺りでどうでしょうか。

<第20回アーリントンカップ予想>

◎テイエムオオタカ
○ラトルスネーク
▲ノーザンリバー
△マジカルポケット
△ノーブルジュエリー

 ノーブルジュエリーも悪くはないが、人気になりそうだしなぁ...

結果

1着ノーザンリバー
2着キョウエイバサラ
3着テイエムオオタカ
4着ラトルスネーク
5着スマートロビン

タイム:1分34秒2 3F:35.1秒
ノーザンリバー 牡3歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・浅見厩舎
単勝:12番800円
複勝:12番290円、3番2620円、2番270円
枠連:3-8 13610円 馬連:3-12 41440円
馬単:12-3 65780円
3連複:2-3-12 65550円
3連単:12-3-2 574500円
ワイド:3-12 8020円
    2-12 890円 2-3 6550円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中!穴予想▲○で高配当ゲット。
 にしても、印打った馬、思ったほど人気なかったでしたなぁ。

 でもって、アーリントンカップの結果。先行馬があまりいなかったこともあって、前半3ハロン通過が35.4秒、1000m通過が0:59.1とそれほど速くならず。 道中はテイエムオオタカのマイペースの逃げで淡々と流れる展開に。こういう流れになるのであれば、前が残ってしまうのも、まぁ、仕方がないところでしょう。

 そんなこんなで、直線に入っても前に行ったテイエムオオタカや好位にいたキョウエイバサラが相変わらず先頭。しかし、1頭だけ伸びてきた馬が。 それが勝ったノーザンリバー。残り200mを過ぎた辺りで前述の2頭に並びかけ、そのままじわじわ抜け出し先頭へ。で、あとは他に伸びてくる馬もおらずキョウエイバサラ・テイエムオオタカが2・3着確保。

 しかし、イマイチでしたなぁ。1番人気のノーブルジュエリー。出遅れて後方からの競馬になったのが大体の敗因なのだが、それにしても直線の伸びがイマイチ。 まぁ、前走2着止まりだったことを考えればこんなもんなのかもしれませんが。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。