今週のメインdeパツイチ2011
第59回阪神大賞典出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第59回 阪神大賞典 阪神・芝3000m  4歳上オープン(GII) 2011年3月20日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 コスモラピュタ 菊花賞 5着 ここでも単騎逃げ。楽に行ければ一発も。
2 2 コスモメドウ ダイヤモンド 1着 長距離戦連勝。この距離なら能力全開か。
3 3 ナムラクレセント 日経新春杯 4着 重賞ではやや足りぬ。ここでは3着までか。 - -
4 ロールオブザダイス ブリーダーズ 5着 ダートならともかく、今回芝。さすがに.. - -
4 5 メイショウドンタク 天皇賞春 3着 凡走続き。去年の天皇賞春の再現は難しいか。 -
6 トウカイトリック 阪神大賞典 1着 去年の勝ち馬。ただ近走案外で巻き返しは? - -
5 7 マカニビスティー 名古屋GP 2着 ダートの成績は一応評価も今回芝の重賞で... - -
8 ゲシュタルト 京都新聞杯 1着 どうもぱっとしない。3着はありそうだが...
6 9 キタサンアミーゴ ダイヤモンド 3着 前走差のある3着。さらに今回別定戦で... - -
10 モンテクリスエス 万葉S 2着 復調しつつある。強敵不在だし上位狙える。
7 11 トーセンジョーダン AJC杯 1着 今回相手手頃。勝って次に繋げたいところ。
12 オウケンブルースリ ジャパンC 2着 相手手薄。一叩きした効果あれば復活も。
8 13 シグナリオ アメジストS 5着 準OPでなんとか入着までの馬。ここでは。 - -
14 エクセルサス 御堂筋S 2着 パンチ不足。今回重賞だしさすがに... - -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第59回阪神大賞典枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第59回阪神大賞典の展望と予想とヨタ話

 3歳馬だけじゃなく古馬もぼちぼち出番。
 天皇賞春へのステップ、第59回阪神大賞典。

 というわけで、この阪神大賞典。天皇賞春へのステップは各種あるが、基本はやはりこのレース。ここをステップにして本番で結果を出した馬は数知れず。 まさに「王道」というべきステップレースなのだが...最近はそこまでの勢いはないようで。今年もこのままズルズルいってしまうのか、それとも一矢報いることができるのか、ちと気になるところ。

 まぁ、それはそれとして。今回の阪神大賞典。日経新春杯や京都記念、中山記念で有力所が出尽くしてしまったのか、どうもパッとしないメンバー構成になってしまいました。 ただ、トーセンジョーダンやオウケンブルースリ、コスモメドウがいることを考慮すれば、ステップとしてそれなりには機能しそうな一戦。この辺りが結果を出してくれれば本番で有力視されるのは間違いないでしょう。

 というわけで、予想の方もこれらの馬中心で。GIでの好走を考えればオウケンブルースリなのだが...ここはやはりトーセンジョーダンを推すのが正解でしょう。 復帰して以降、着実に勝ち星を重ね、有馬記念にチャレンジ。結果は5着だったが、あのメンバー相手に僅差の5着でしたからね。前走のAJC杯同様、ここも通過点に過ぎないんじゃないでしょうか。

 あとは、トーセンジョーダンの相手探し。近走イマイチだが相手手頃なここで巻き返しありそうなオウケンブルースリでガッツリ勝負してもいいし、 長距離戦で結果出してるコスモメドウ・モンテクリスエスで勝負してもいいし。

 ※2011/03/19追記 トーセンジョーダンは出走取消になりました

<第59回阪神大賞典予想>

◎オウケンブルースリ
○コスモラピュタ
▲コスモメドウ
△モンテクリスエス
△ゲシュタルト

 一発狙うならコスモラピュタの逃げ切りかな。こういう条件だし。

結果

1着ナムラクレセント
2着コスモメドウ
3着モンテクリスエス
4着コスモラピュタ
5着メイショウドンタク

タイム:3分04秒4 3F:35.7秒
出走取消:11番
ナムラクレセント 牡6歳
騎手:和田竜二 厩舎:栗東・福島厩舎
単勝:3番540円
複勝:3番170円、2番140円、10番260円
枠連:2-3 780円 馬連:2-3 790円
馬単:3-2 2010円
3連複:2-3-10 2120円
3連単:3-2-10 11690円
ワイド:2-3 340円
    3-10 730円 2-10 560円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ナムラクレセント無印ではなぁ。
 モンテクリスエス・コスモラピュタはいい狙いだったんだが...

 でもって、阪神大賞典の結果。それなりに入れ替わりがあったように見えたレースだったが...入れ替わっていたのは前の集団だけ。 結局、最後方待機で直線勝負に賭けたモンテクリスエスが突っ込んできた程度で、あとは典型的な前残りの競馬。2番手追走のナムラクレセント、 3番手追走のコスモメドウが逃げたコスモラピュタを交わして、そのまま1・2着。逃げたコスモラピュタは前述の2頭に交わされて終了、 かと思いきや、最後まで踏ん張りきってモンテクリスエスと並んだままゴールへ。

 そんな中、まるでいいところなかったのが2番人気のオウケンブルースリ。ゲートの出が悪く後方からの競馬になってしまったが、 同じような位置にいたモンテクリスエスが3着に入っていることを考えればねぇ。8着止まりというのはどうなんでしょうか? まだ本調子にないのか、それともこれ以上の上積みがないのか...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。