今週のメインdeパツイチ2011
第60回スプリングステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第60回 スプリングステークス 阪神・芝1800m  3歳オープン(GII) 2011年3月26日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ショウナンパルフェ いちょうS 3着 強敵相手に好走ある馬。重賞でも即通用。 -
2 ホッコーガンバ 500万下 1着 今回芝の重賞だし相手も強力。出番は... - -
2 3 エイシンオスマン 500万下 1着 デイリー杯大敗が問題。この距離長い? - -
4 ゴールドブライアン 京都2歳S 1着 詰め甘い。そこそこの末脚は使うのだが... - -
3 5 アドマイヤサガス デ杯2歳S 2着 前2走が物足りぬ。この相手では... - -
6 オルフェーヴル シンザン記念 2着 前2走は展開向かず。巻き返しに期待。 -
4 7 ベルシャザール ホープフルS 1着 あと一押し足りない。ここではヒモまで。 - -
8 ニジブルーム 500万下 1着 そこそこの末脚使う。ただ今回相手強くて。 -
5 9 タガノロックオン 500万下 1着 朝日杯FSで12着。重賞では苦しいようで。 - -
10 ギリギリヒーロー 札幌2歳S 5着 重賞の成績芳しくなく。入着あれば... - -
6 11 グランプリボス 朝日杯FS 1着 2歳王者がここで始動。ただ過信は出来ぬ。 -
12 スーサングレート 未勝利 1着 パンチ不足。重賞ではよほど嵌らぬと。 - -
7 13 ダブルオーセブン すずらん賞 1着 共同通信杯5着を評価。地方馬だが軽視禁物。
14 リフトザウイングス 東スポ杯2歳S 2着 朝日杯FSでも健闘。流れに乗れさえすれば。
15 ステラロッサ アルメリア賞 2着 前走は相手が悪かった?真価問われる一戦。 -
8 16 トーセンマルス 弥生賞 9着 前走で決着済?今回相手も揃っているし... - -
17 リベルタス 朝日杯FS 3着 今回先行馬不在。展開次第で逆転も。 -
18 サトノオー 共同通信杯 6着 前走6着も末脚は評価でき。展開次第で。

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第60回スプリングステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第60回スプリングステークスの展望と予想とヨタ話

 これで3歳牡馬クラシックの役者は揃う?
 皐月賞トライアル・第60回スプリングステークス。

 で、そんなスプリングステークスですが、中山開催中止の影響で今年は阪神で実施されることに。同じ週、同じ場で似たような条件の毎日杯が開催されることもあって、 そっちとこっちで有力所が分散することになってしまいましたが...それでも、このメンバーですからね。こっちはこっちで皐月賞トライアルとして十分機能するんじゃないでしょうか。

 まぁ、その辺りは結果が出てから考えるとして、とりあえずスプリングステークスの予想を。このスプリングステークスで2歳王者グランプリボスが始動。 そういうこともあって、この馬を中心にして勝負...したいところだが、その朝日杯FSが混戦だったことや、今回休み明けということを考慮すると、どこまで信用していいのかイマイチみえないのが実情。 今回相手もかなり揃っているしさ。

 という訳で、今回は別の馬で勝負してみましょうか。ここは朝日杯FSでグランプリボスに敗れ3着だったリベルタスとかどうでしょうか。 今回前に行く馬が少ないこともあって、展開嵌りそうだしさ。あとは追い比べ勝負になったときのために瞬発力上位の馬を。共同通信杯の末脚を評価してサトノオー・ダブルオーセブン、 嵌ればいい脚使うリフトザウイングス・オルフェーヴルとかさ。

<第60回スプリングステークス予想>

◎リベルタス
○ダブルオーセブン
▲サトノオー
△リフトザウイングス
△グランプリボス
△オルフェーヴル

 グランプリボスに人気集中するようなら切るのもアリかな?

結果

1着オルフェーヴル
2着ベルシャザール
3着ステラロッサ
4着グランプリボス
5着エイシンオスマン

タイム:1分46秒4 3F:34.8秒
オルフェーヴル 牡3歳
騎手:池添謙一 厩舎:栗東・池江泰寿厩舎
単勝:6番470円
複勝:6番190円、7番200円、15番400円
枠連:3-4 1360円 馬連:6-7 1420円
馬単:6-7 2940円
3連複:6-7-15 6030円
3連単:6-7-15 28270円
ワイド:6-7 510円
    6-15 1070円 7-15 1330円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。オルフェーヴルは一応来たんだが。
 他がさっぱりではなぁ。リベルタスは13着だし...うーむ。

 でもって、スプリングステークスの結果。予想はアレな感じになってしまいましたが、重賞やOPで結果を出している馬が上位を占めるという順当な結果に。 勝ったのはオルフェーヴル。1勝馬だが、重賞でも好走していただけにこれくらいはやれていいでしょう。2着のベルシャザールもホープフルS勝ち馬なんだしさ。

 レース自体は、前に行く馬があまりいなかった割には前半3ハロン通過が35.0秒、1000m通過が0:59.5と緩いペースにはならず。ホッコーガンバが逃げ、 それをグランプリボス・ベルシャザールが追いかける展開。そんな中、勝ったオルフェーヴルは中団からの競馬。直線では、前に行ったグランプリボス・ベルシャザールが踏ん張っていたが、 これをじわりじわり追い詰め先頭へ、そしてそのままゴールへ。

 という訳で、勝ったのはオルフェーヴル。ここ数戦は展開が嵌らず取りこぼしていただけにねぇ、流れにさえ乗れればこういう結果になっても不思議ではないでしょう。 1番人気は意外だったが、まぁ、順当といえば順当な結果。逆にグランプリボスは...どうなんでしょう?休み明けを考慮すればこんなもんなのかもしれないが、 どうもピリっとしませんなぁ。一叩きして変わればいいのだが。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。