今週のメインdeパツイチ2011
第41回高松宮記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第41回 高松宮記念 阪神・芝1200m  4歳上オープン(GI) 2011年3月27日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 レッドスパーダ 東京新聞杯 1着 短距離でもまずまずの走り。ヒモなら。
2 ショウナンアルバ スワンS 2着 多少マシになるが今回GI。苦しい。 - -
2 3 サンダルフォン アンコールS 1着 末脚まずまずも、この条件では見劣るか。 - -
4 キンシャサノキセキ 高松宮記念 1着 去年の勝ち馬。ただ最近後手踏むこと多くて。 -
3 5 ジョーカプチーノ NHKマイルC 1着 前2戦上々の内容。GIでも十分勝ち負け。
6 アーバニティ シルクロード 2着 最近はそこそこ走る。ただこの条件では... - -
4 7 スプリングソング 京阪杯 1着 前2戦が案外。この辺りが壁なのか? - -
8 サンカルロ 阪急杯 1着 前走完勝。スプリンターズSぐらい走れば。 -
5 9 ヘッドライナー CBC賞 1着 前走の大敗が問題。スランプに陥ったか。 - -
10 サマーウインド JBCスプ 1着 ダで結果出す。血統的には芝もOKっぽいが... -
6 11 シンボリグラン シルクロード 5着 一時期ほどの走りなく。さすがにGIでは。 - -
12 ビービーガルダン 高松宮記念 2着 去年ハナ差の2着。叩き2戦目で変われば。 -
7 13 ダッシャーゴーゴー オーシャンS 1着 スプリンターズSでも好走。展開次第で。 -
14 エーシンフォワード マイルCS 1着 去年の3着馬。能力あるがぶっつけ本番だと? -
8 15 ワンカラット キーンランド 1着 今回一叩きした効果見込める。一変警戒。
16 ウエスタンビーナス UHB杯 1着 ここ数戦2桁着順ばかり。ここでは出番なし。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第41回高松宮記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第41回高松宮記念の展望と予想とヨタ話

 中山の代替開催だとか何かとバタバタしていますが...
 この変更は予定通り。今年は阪神で行われるGI・高松宮記念。

 という訳で、今回の高松宮記念。例年通りだと中京で行われるこの高松宮記念ですが、今年は中京競馬場が改装中ということもあって阪神競馬場での開催に。 芝1200mと条件自体はそのままなのだが...ねぇ。中京とは異なり、右回り、直線の坂、そして内回りといっても中京と比べて50mほど直線が長かったりしますからね。 「例年通りの高松宮記念」にはならないんじゃないでしょうか。

 まぁ、それはそれとして高松宮記念の予想を。今の阪神コース、逃げ・先行勢、差し・追込勢、どちらも有利不利はないんじゃないでしょうか。 ただ、今回の出走馬、短距離戦にしてはハナを奪ってスピードで押し切るタイプの馬が少ないんだよなぁ。ヘッドライナーが思い切って逃げてみたりとかしなければ、 ジョーカプチーノやサマーウインド、レッドスパーダ辺りが前に行ってスンナリ隊列確定、短距離戦にしてはペースが落ち着きそのまま前に行った馬が押し切り...なんてこともあるでしょう。

 という訳で、ここはジョーカプチーノで勝負。前走は出遅れて後方からの競馬になってしまったが、元々前に行って押し切るタイプの馬。 うまく前につけられれば、前述したような押し切り勝ちもあっていいでしょう。前走より斤量が楽になるのも○だし。

 あとは、その相手。去年の短距離路線を支えた有力所が集まっているだけに、その辺りで手堅く勝負するのが正解でしょう。 去年の覇者キンシャサノキセキやスプリンターズSで2着入線(結果は4着降着)したダッシャーゴーゴー、前走の阪急杯を楽勝したサンカルロとかさ。 あとは叩き2戦目で一変ありそうなワンカラットを。

<第41回高松宮記念予想>

◎ジョーカプチーノ
○ビービーガルダン
▲ダッシャーゴーゴー
△サンカルロ
△キンシャサノキセキ
△ワンカラット

 一発狙うなら去年ハナ差の2着だったビービーガルダンだが...どこまで変わる?

結果

1着キンシャサノキセキ
2着サンカルロ
3着アーバニティ
4着ビービーガルダン
5着レッドスパーダ

タイム:1分07秒9 3F:34.3秒
キンシャサノキセキ 牡8歳
騎手:U.リスポリ 厩舎:美浦・堀厩舎
単勝:4番450円
複勝:4番170円、8番290円、6番1380円
枠連:2-4 1800円 馬連:4-8 2370円
馬単:4-8 3970円
3連複:4-6-8 33730円
3連単:4-8-6 129290円
ワイド:4-8 780円
    4-6 3900円 6-8 6730円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。あー、なんか散々ですわ。
 重く印打った馬が降着の加害馬・被害馬っていうのはなぁ...

 まぁ、それはともかく。高松宮記念の結果。前述している通り、降着だ何だあったが、終わってみれば去年秋のスプリンターズステークスの上位馬で決まってしまいましたな。 勝ったウルトラファンタジーが抜け、キンシャサノキセキ・サンカルロが繰り上がりで1・2着に入った、そんな感じの結果に(ダッシャーゴーゴーの降着も同じだったりしますが…)

 レース自体は、やはりヘッドライナーが思い切って逃げる展開。で、これを追いかける形でダッシャーゴーゴー・キンシャサノキセキ・ジョーカプチーノといった人気所が追走。 しかし、その人気所の中のジョーカプチーノ、上がっていこうとしたところでダッシャーゴーゴーが進路をカットされてしまい脱落。その後は、2番手につけていたダッシャーゴーゴーが直線に入ったところで先頭、 そのまま押し切る勢いだったが...前半3ハロン通過が33.7秒、2ハロン目から4ハロン目まで10秒台のラップが連続したこともあって、最後失速。好位から競馬したキンシャサノキセキ、 中団追走から差してきたサンカルロ・アーバニティに交わされ4着(結果は降着で11着)。

 そんなこんなで、勝ったのはキンシャサノキセキ。高松宮記念連覇達成。最近出遅れて後方からの競馬になることが何度かあったが、今回はすんなり好位確保。 展開的にもいい塩梅に嵌って2着に1・1/4馬身の差をつけ完勝。まぁ、これまでの成績考えればこれ位はやれていいでしょう。しかし、心配なのがダッシャーゴーゴー。 スプリンターズステークスに続いてここでも降着。能力はあるんだが、そういう面が直らないとねぇ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。