今週のメインdeパツイチ2011
第29回ニュージーランドトロフィー出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第29回 ニュージーランドトロフィー 阪神・芝1600m  3歳牡牝オープン(GII) 2011年4月9日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ロビンフット ファルコンS 4着 嵌れば前走ぐらいは走る。直線長い阪神なら。
2 ダノンシャーク 若葉S 3着 前走は流れに乗れず。ここも展開次第か。
2 3 トウショウクラウン 全日本2歳 5着 芝使ってみるがどこまで変わるか未知数で。 - -
4 グランプリボス 朝日杯FS 1着 今回叩き2戦目。さらに今回距離短縮で。 -
3 5 ディープサウンド 共同通信杯 3着 伸び悩む。展開の助けないと苦しいか。 - -
6 エーシンジャッカル 函館2歳S 4着 OPでの成績が物足りず。重賞では苦しい。 - -
4 7 ドナウブルー フィリーズ 4着 牝馬だが嵌ればいい脚使うだけに注意必要。
8 エイシンオスマン スプリングS 5着 前走健闘。ただそれ以上となると微妙で。 - -
5 9 タツミリュウ きんもくせい 1着 昇級後の成績物足りず。今回相手も揃って。 - -
10 ニジブルーム 共同通信杯 7着 前2走がイマイチ。距離短縮で変わる? - -
6 11 スギノエンデバー ファルコンS 2着 能力はあるが今回マイル。ちと厳しいか。 -
12 エーシンジェイワン ファルコンS 6着 前走悪くないがこの相手ではさすがに。 - -
7 13 コルポディヴェント 500万下 1着 能力は高そうだがダート専門の感あって。 - -
14 リキサンマックス きさらぎ賞 2着 ここもでハナか。ただ今回マイルだし楽は... - -
15 ラトルスネーク アーリントン 4着 前走ぐらいは走る。ただ前走以上となると? - -
8 16 リアルインパクト 朝日杯FS 2着 前2走を評価。あとは仕上がり次第か。 -
17 オメガブレイン 黄梅賞 1着 脚の使い所次第。この相手でも嵌れば。 -
18 キョウエイバサラ アーリントン 2着 芝で結果出した前走評価。軽視は禁物。 -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第29回ニュージーランドトロフィー枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第29回ニュージーランドトロフィーの展望と予想とヨタ話

 従来ならNHKマイルカップのステップなのだが...
 今年はこれも皐月賞TR?第29回ニュージーランドトロフィー。

 そんなこんなで、このニュージーランドトロフィー。例年通りのニュージーランドトロフィーなら、 翌週に皐月賞が行われることもあって皐月賞へのステップとしてはほとんど機能しないのだが、 今年は皐月賞が1週ズレたこともあって、ステップとして使えなくはない一戦に。

 そういうこともあってか、今年のニュージーランドトロフィー。賞金を上積みしてなんとか皐月賞に滑り込みたいOP・重賞好走馬が多数参戦。 若葉S3着のダノンシャークや共同通信杯3着のディープサウンド、きさらぎ賞2着のリキサンマックスとかさ。

 しかしだ。そんな目論見を吹き飛ばすつもりなのか、この馬が参戦。朝日杯FS馬グランプリボス。 スプリングSを使ったこともあって、大舞台への準備は一応整っているといっていい状態だったが...中1週でこのニュージーランドトロフィーに出走。 休み明けの前走は4着と悪くない内容だった上に、今回一度使った分上積みも見込めるだけにねぇ。ここは順当に勝ってしまうんじゃないでしょうか。

 で、予想の方もグランプリボス中心で。相手には順当に朝日杯FS2着のリアルインパクトを...といきたいところだが、休み明けなので今回は減点。 ここはダノンシャークで勝負してみましょう。あとはこの距離なら十分勝負になりそうなロビンフット、牝馬だがなかなかの末脚持っているドナウブルーを。

<第29回ニュージーランドトロフィー予想>

◎グランプリボス
○オメガブレイン
▲ダノンシャーク
△ロビンフット
△ドナウブルー
△リアルインパクト

 まぁ、グランプリボスを切って大穴狙うのも手だが...

結果

1着エイシンオスマン
2着エーシンジャッカル
3着グランプリボス
4着ディープサウンド
5着ロビンフット

タイム:1分34秒5 3F:34.6秒
エイシンオスマン 牡3歳
騎手:幸英明 厩舎:栗東・松永昌厩舎
単勝:8番5630円
複勝:8番910円、6番470円、4番130円
枠連:3-4 3760円 馬連:6-8 32820円
馬単:8-6 75520円
3連複:4-6-8 22850円
3連単:8-6-4 278820円
ワイド:6-8 7190円
    4-8 1690円 4-6 930円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、エイシンオスマンかぁ...
 ヒモなら分からんでもないが、勝っちゃうとはなぁ。

 そんなこんなで、12番人気のエイシンオスマンが勝ったもんで馬連3万馬券、馬単7万馬券と波乱の結果になった今回のニュージーランドトロフィー。 一応、1番人気のグランプリボスが3着確保し3連複・3連単はそこまで荒れなかったのだが、まぁ、3着は3着ですからね。かなり荒れたといっていい結果に。

 レース自体は、やはりリキサンマックスが逃げる展開。ただ、スタートしてから終始ハナという訳ではなく、タツミリュウ・エイシンオスマンの2頭を制して逃げる形。 ただ、そういう展開だったにも関わらず、ペースは前半3ハロン通過が35.9秒、1000m通過が0:59.9とそれほど速くならず。

 まぁ、こういう流れでは前残りになってしまうのも仕方がない訳で。2番手につけていたエイシンオスマン、直線で抜け出してそのまま押し切ってしまいました。 好位にいた人気のグランプリボスやディープサウンド、中団から伸びてきたエーシンジャッカルも差を詰めてきてはいたが、結局、これには及ばず2着争いをするまで。

 しかしなぁ、あっさり負けちゃいましたか。グランプリボス。一応、横一線に並んだ2着争いに加わった末の3着なんで、実質的にはほぼ2着なのだが...ここで勝てなかったのはイタい。 3歳になって伸び悩んだのか、それとも朝日杯フューチュリティステークスが微妙なレベルだったのか、そのどちらかは判断つかないが、とりあえず現状はこんなもんなのかもしれませんな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。