今週のメインdeパツイチ2011
第18回マーチステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第18回 マーチステークス 阪神・ダ1800m  4歳上オープン(GIII) 2011年4月10日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ダイショウジェット ポラリスS 1着 嵌れば前走ぐらいは走る馬。軽視は禁物。 -
2 ハギノリベラ 金蹄S 1着 このハンデ魅力。あとは展開さえ嵌れば。 -
2 3 メテオロロジスト 佐賀記念 1着 前走GI好走馬を破る。ここも展開次第で。 -
4 タガノジンガロ 仁川S 2着 前走で連勝止まるも斤量56kgで巻き返しも。
3 5 マチカネニホンバレ エルムS 1着 たまに凡走あるのが問題も前走の好走を評価。 -
6 キングスエンブレム シリウスS 1着 前走案外。この条件で巻き返しあればいいが。 - -
4 7 テスタマッタ フェブラリS 2着 多少良化するがこの相手ではちと苦しい。 - -
8 マイネルアワグラス 名古屋GP 4着 一時期ほどの勢いなく。この条件では苦しい。 - -
5 9 ラヴェリータ エンプレス杯 1着 交流重賞連勝も今回ハンデ56.5kgが微妙で。 - -
10 ブラボーデイジー エンプレス杯 2着 復調したが今回牡馬が相手。ハンデも微妙。 - -
6 11 アドマイヤシャトル 仁川S 6着 多少クラス慣れしたがこの条件では苦しい。 -
12 シビルウォー 名古屋GP 3着 伸び悩む。ハンデも微妙だし入着が精一杯か。 - -
7 13 ピイラニハイウェイ アルデバラン 1着 重賞でもほどほどに好走。ただ今回は? - -
14 オーロマイスター 南部杯 1着 スランプ脱出の兆し。能力はあるだけに。
8 15 インバルコ 平安S 2着 前走は評価もハンデ57.5kgがちと微妙で。 -
16 クリールパッション フェブラリS 6着 コース実績イマイチも末脚あるだけに注意。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第18回マーチステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第18回マーチステークスの展望と予想とヨタ話

 フェブラリーSが終わって一ヶ月近く経ちました。
 そろそろ次の目標に向けて有力馬が始動?第18回マーチS。

 という訳で、このマーチステークスからかしわ記念や帝王賞に向けて有力馬がぼちぼち再始動。まぁ、ハンデ戦ということもあって、 かなりの斤量を背負わされる実績馬はさすがに出てきませんが、各種重賞勝ち馬が大挙して出走してきたもんで、なかなかの一戦に。

 でもって、予想の方もこれら実績馬中心でいきたいところだが...どうなんでしょうかねぇ?このマーチステークス、何かと荒れる一戦ですからね。 ただ、それが中山コースに由来するものであれば、今年は案外荒れないのかもしれないしさ。その辺りの傾向がなかなか読み辛いんだよなぁ。

 そんなこんなで、予想するのも何かと難儀な一戦。まぁ、ハンデのバラツキがあまりない分、それなりに実績が物を言いそうな雰囲気。 フェブラリーSもまずまず好走したマチカネニホンバレとか、JCダート3着などGIで好走していたアドマイヤスバルを破って佐賀記念を制したメテオロロジスト、 前走のポラリスSで4着に入り復調気配伺える南部杯勝ち馬オーロマイスターとかさ。

<第18回マーチステークス予想>

◎メテオロロジスト
○ハギノリベラ
▲マチカネニホンバレ
△オーロマイスター
△タガノジンガロ
△インバルコ

 穴なら人気薄の実績馬。クリールパッション・ダイショウジェットとか。

結果

1着テスタマッタ
2着ブラボーデイジー
3着インバルコ
4着マチカネニホンバレ
5着タガノジンガロ

タイム:1分50秒0 3F:36.1秒
テスタマッタ 牡5歳
騎手:四位洋文 厩舎:栗東・村山厩舎
単勝:7番1200円
複勝:7番400円、10番630円、15番380円
枠連:4-5 4490円 馬連:7-10 14670円
馬単:7-10 28330円
3連複:7-10-15 51390円
3連単:7-10-15 289140円
ワイド:7-10 4070円
    7-15 2120円 10-15 3890円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。いやぁ、この組み合わせはちょっと...
 一応、実績はある馬なんでこれくらいは走っていいだけどさ。

 でもって、マーチステークスの結果。メテオロロジストが単騎で逃げ、それをマチカネニホンバレが追いかけるという、まぁ、予想された通りの展開。 ペースは前半3ハロン通過が36.1秒、1000m通過が1:01.6とそれほど速くならなかったこともあって、直線での追い比べで勝敗を決する形に。

 で、その追い比べで抜け出してきたのが勝ったテスタマッタ。最初は後方集団に属していたが、道中、ペースが緩くなった辺りで徐々に進出し、いつの間にか好位へ。 ここ最近の走りだと、この位置から伸びきれずそこそこ止まりだったりするのだが...今回は違いましたな。力強い足取りで馬群を抜け出し、そして独走態勢に。 最終的には2着のブラボーデイジーに2・1/2馬身の差をつけ完勝。

 しかしなぁ、勝ったテスタマッタ。ここまで強い勝ち方するとは。GIで好走していたりする馬なのだが、 ここ数戦、前述したような頭打ちの競馬続いただけにねぇ。一変を期待するのはちょっとキツかったんだが...蓋を開けてみればこれですからね。 まぁ、とりあえず今回の完勝で「完全復活した」と判断して次に備えましょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。