今週のメインdeパツイチ2011
第46回フローラステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第46回 フローラステークス 東京・芝2000m  3歳牝オープン(GII) 2011年4月23日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 マイネソルシエール あすなろ賞 5着 500万下でなんとか入着までの馬。重賞では。 - -
2 セレブリティ 未勝利 1着 未勝利脱出は嵌った感あって。重賞だと? -
2 3 モスカートローザ 野路菊S 3着 トーンダウン。牝馬同士で変わればいいが... - -
4 マヒナ フラワーC 3着 前崩れになればそれなりに。3着なら。
3 5 ピュアブリーゼ フェアリーS 4着 詰めが甘い。それなりには走るがここだと? -
6 フレンドサンポウ 芙蓉S 7着 2桁着順ばかり。ここでは手が出ぬか。 - -
4 7 メジロミドウ 葉牡丹賞 12着 昇級初戦が散々。変わらぬ限り出番は。 - -
8 バウンシーチューン 牝未勝利 1着 末脚はなかなか。重賞でも展開次第で出番も。
5 9 アドマイヤセプター フェアリーS 3着 重賞好走あるも前走の凡走が気掛かりで。 - -
10 メロウメロディ フラワーC 10着 スピード不足。時計掛かる馬場じゃないと。 - -
6 11 カトルズリップス くるみ賞 1着 前2戦がイマイチ。行き切れれば怖いが... -
12 ダンスファンタジア フェアリーS 1着 前2走物足りぬ。巻き返しに期待したいが... -
7 13 マイネイサベル クイーンC 2着 前々走ぐらい走れば通用。問題は距離か。 -
14 ハッピーグラス 忘れな草賞 2着 重賞では流れに乗れないと苦しい。入着まで。 - -
8 15 サトノフローラ フラワーC 7着 前走は休み明け。一叩きした効果あれば。
16 マリアビスティー 阪神JF 12着 前走多少マシになるが重賞では厳しい。 - -
17 リトルダーリン 忘れな草賞 4着 やや持ち直すも今回重賞。前走以上は... - -

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第46回フローラステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第46回フローラステークスの展望と予想とヨタ話

 何だかんだあったがそれなりに順当に決まった桜花賞。
 じゃあオークスは?オークスTR・第46回フローラステークス。

 そんなこんなで、このフローラステークス。前述している通り、オークストライアル。今年はレーヴディソールが戦線離脱したこともあって、 まだまだ他の馬が入り込む余地があるのだが...このフローラステークスでそういう馬が現れるんでしょうか?注目の一戦。

 そんなフローラステークスなのだが、今年はどうもメンバーが貧素。例年だと、桜花賞に間に合わなかった(除外された)、新馬・500万下勝ち馬や、 距離の問題で桜花賞を諦めオークス一本で勝負してくる馬がいたりするのだが、今年はこの手の馬が皆無。桜花賞・桜花賞トライアル敗北組の敗者復活戦といった色合いが濃い一戦になってしまいました。

 となれば、敗者復活組中心で勝負するしかないでしょう。無難に勝負するならフェアリーステークス勝ちのダンスファンタジアや、重賞で好走しているマイネイサベル、アドマイヤセプター、マヒナ、ピュアブリーゼ辺り。 あとは、前走の敗北は無視、新馬戦の勝ちっぷりを再評価してサトノフローラとかさ。

<第46回フローラステークス予想>

◎マイネイサベル
○バウンシーチューン
▲サトノフローラ
△マヒナ
△ダンスファンタジア

 こういう組み合わせだから一波乱ありそうな感じだが...
 波乱前提にしても、どの馬が荒らすのかまるで見えてこねぇ。

結果

1着バウンシーチューン
2着マイネソルシエール
3着ピュアブリーゼ
4着ハッピーグラス
5着マイネイサベル

タイム:2分03秒3 3F:37.8秒
バウンシーチューン 牝3歳
騎手:三浦皇成 厩舎:美浦・田島俊厩舎
単勝:8番2690円
複勝:8番780円、1番4320円、5番210円
枠連:1-4 6290円 馬連:1-8 103540円
馬単:8-1 161550円
3連複:1-5-8 179170円
3連単:8-1-5 1131690円
ワイド:1-8 21850円
    5-8 1600円 1-5 8920円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。マイネソルシエールはないよなぁ。
 バウンシーチューンはズバリだったんだが、これでは...

 という訳で、9番人気のバウンシーチューンが勝ち、15番人気のマイネソルシエールが2着に入ったもんで、馬連10万、馬単16万、3連複17万、3連単113万馬券と大波乱の結果になった今回のフローラステークス。 道中は後方、最内でじっとしていたバウンシーチューンが直線で外に持ち出し進出。好位追走から抜け出したピュアブリーゼ、中団から馬群を縫って抜けてきたマイネソルシエールらをゴール手前で交わし1着でゴールへ。

 しかしなぁ。ここまで時計の掛かる馬場になるとは。馬場状態は不良ではなく重だったし、開幕週ということもあって、そこまで時計の掛かる馬場にはならないと踏んでいたのだが... 蓋を開けてみればこれですからねぇ。レースの上がりが37.8秒、最速の上がりを叩き出したバウンシーチューンでさえ36.2秒ですからねぇ。今回のフローラステークス、この辺りの巧拙がモロに出てしまった、 そんな感じの結果でしたな。

 そんなこんなで、今回のフローラステークス。元々メンバーがイマイチだった上に、イマイチなコンディション下でのレース。でもって、その結果がこれですからねぇ。 トライアルレースとしては役に立たないんじゃないでしょうか。まぁ、勝ったバウンシーチューンは良馬場でもいい末脚使っていただけに、それなりにやれそうな感じはするが、他はちょっとなぁ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。