今週のメインdeパツイチ2011
第143回天皇賞(春)出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第143回 天皇賞(春) 京都・芝3200m  4歳上オープン(GI) 2011年5月1日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ビートブラック 菊花賞 3着 この条件歓迎も日経新春杯大敗が気掛かりで。 -
2 ヒルノダムール 大阪杯 1着 前走重賞勝ちもハナ差。それなりには走るが... -
2 3 ナムラクレセント 阪神大賞典 1着 日経新春杯4着で決着済。この相手では。 - -
4 ローズキングダム ジャパンC 1着 前2戦が案外。巻き返しに期待したいが... - -
3 5 ジェントゥー ロワイヤル 1着 距離は合うがスピードについていけるかが鍵で。 - -
6 ペルーサ 天皇賞秋 2着 ゲート難は克服も今度は妙に詰め甘くなって。 -
4 7 マカニビスティー 名古屋GP 2着 阪神大賞典7着で決着済。ここでは出番なし。 - -
8 マイネルキッツ 天皇賞春 1着 一昨年の勝ち馬。前走悪くなく今年も上位に。
5 9 トゥザグローリー 有馬記念 3着 前2戦完勝。この勢いならGIに手が届いても。 -
10 トーセンクラウン 日経賞 3着 良化スロー。去年はビリだったし厳しいか。 - -
6 11 ゲシュタルト 日本ダービー 4着 最近詰め甘い競馬続く。ここでは入着まで。 - -
12 コスモヘレノス ステイヤーズ 1着 重賞での走り悪くなく。少し時計掛かれば怖い。 -
7 13 ジャミール ステイヤーズ 2着 前2戦がイマイチ。GIではちと荷が重いか。 -
14 トウカイトリック 阪神大賞典 1着 去年は9着。今年の成績今一つだし出番は... - -
15 エイシンフラッシュ 日本ダービー 1着 前走で立ち直ったか。今回上積みも見込め。
8 16 オウケンブルースリ ジャパンC 2着 成績低迷続く。条件悪くないが一変は... - -
17 フォゲッタブル 菊花賞 2着 前走が負けすぎ。いい頃の走りは望めないか。 - -
18 コスモメドウ ダイヤモンド 1着 万葉S・ダイヤモンドSを評価。GIでも嵌れば。 -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第143回天皇賞(春)枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第143回天皇賞(春)の展望と予想とヨタ話

 3歳クラシックも先週の皐月賞で一段落。
 で、次は古馬の出番ですよ。第143回天皇賞(春)

 という訳で、今年の天皇賞春。有馬記念勝ちのヴィクトワールピサがドバイに遠征し、古馬の有力所が欠けてしまったりしているが... そのヴィクトワールピサを抜きにしても、ジャパンカップ馬のローズキングダム、日本ダービー馬エイシンフラッシュ、一昨年の天皇賞春馬で去年も2着に入ったマイネルキッツといったGI馬に加え、 天皇賞秋2着のペルーサ、皐月賞2着のヒルノダムール、有馬記念3着のトゥザグローリーに菊花賞3着のビートブラックといったGI好走した4歳馬、さらに海外から長距離GIを2勝したジェントゥーが参戦するなど、 なかなかのメンバーに。ここ数年今一つメンバーが揃わなかった感のあるこの天皇賞春だが、今年は見応えのある一戦になるんじゃないでしょうか。

 で、そんな天皇賞春の予想。実績的には「ジャパンカップ馬ローズキングダムと日本ダービー馬エイシンフラッシュの再戦」みたいな構図になるのだが...今回はこの2頭よりもこの馬でしょう。トゥザグローリー。 3歳の春は今一つ結果を残せなかったが、去年秋から本格化。中日新聞杯を快勝した勢いで有馬記念にチャレンジし、ハナ・クビ差の3着。その後、日経新春杯・日経賞と使ってどちらも楽勝し、この天皇賞春に挑戦。 今回、ヴィクトワールピサが不在だし、前述のローズキングダム・エイシンフラッシュも前哨戦で負けていることを考えれば...ねぇ。この馬にチャンスが巡ってきても何ら不思議でもないでしょう。

 そんなこんなで、予想はトゥザグローリー中心で。ちょっと距離が長い感もあるが、今回これといった逃げ馬もおらず、緩いペースになりそうな雰囲気。 前2走みたいな競馬に持ち込めればこの距離でも通用するんじゃないでしょうか。あとはその相手。2度使って詰めの甘い結果続いたローズキングダムよりも、 今回叩き2戦目で上積みありそうなエイシンフラッシュ、そして同じく叩き2戦目のマイネルキッツでどうでしょうか。で、これに続く形でローズキングダム、ヒルノダムール、ペルーザを。

<第143回天皇賞(春)予想>

◎トゥザグローリー
○コスモメドウ
▲エイシンフラッシュ
△マイネルキッツ
△ヒルノダムール
△ペルーサ

 逃げ馬で一発狙うのもアリなのだが...今年はこの手の馬がいないからなぁ。

結果

1着ヒルノダムール
2着エイシンフラッシュ
3着ナムラクレセント
4着マカニビスティー
5着トウカイトリック

タイム:3分20秒6 3F:36.0秒
ヒルノダムール 牡4歳
騎手:藤田伸二 厩舎:栗東・昆厩舎
単勝:2番1690円
複勝:2番550円、15番300円、3番450円
枠連:1-7 2970円 馬連:2-15 6810円
馬単:2-15 15590円
3連複:2-3-15 25530円
3連単:2-15-3 189840円
ワイド:2-15 2280円
    2-3 2560円 3-15 1600円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。でも、印が△○とやや薄め。
 エイシンフラッシュが1着だったら悪くはなかったのだが...

 でもって、天皇賞春の結果。これといった逃げ馬がいなかった上に、レースを引っ張ると目されていたナムラクレセントが出遅れて後方からの競馬になったもんで、レースは前半1000m通過が1:04.2、2000m通過が2:08.7という超スローペースに。 まぁ、馬場状態が稍重とそれなりに悪かったことを考えれば、多少時計掛かるのは仕方がないところだが...ここまで遅くなるとはねぇ。

 で、この超スローペースで調子が狂ってしまったのか、道中折り合いを欠く馬が多数。1周目の直線でコスモヘレノス・コスモメドウが上がっていくのにつられてトゥザグローリーが、そして向こう正面でナムラクレセントが上がっていくのにつられて、 マイネルキッツ・ローズキングダムがそれぞれ前に飛び出してしまう始末。結局、この辺りで折り合いを欠いた馬は最後まで持たず直線で失速。この乱展開に惑わされず自分のポジションをきっちりキープしたヒルノダムール・エイシンフラッシュが直線でこれらの馬に代わって先頭に立ち、 そしてそのままゴールへ。

 そんなこんなで、GI好走馬が1・2着を確保するという割と順当な結果だったのだが...4・5着に入った馬のことを考えるとなぁ。結果的に無難な馬が1・2着しただけで、 レース自体はかなり紛れの多い内容だったんじゃないでしょうか。逆に、大敗したローズキングダム(11着)・トゥザグローリー(13着)、こういう内容だっただけに今回の大敗はあまり気にしなくてもいいんじゃないでしょうか。 まぁ、折り合いを欠いてしまったのはちと心配ですが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。