今週のメインdeパツイチ2011
第33回新潟大賞典出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第33回 新潟大賞典 新潟・芝2000m  4歳上オープン(GIII) 2011年5月8日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 シャドウゲイト 中京記念 2着 時計掛からないと苦しい。馬場渋らないと... - -
2 マイネルゴルト 博多S 1着 地味だが堅実駆けは評価。展開次第で上位も。 -
2 3 イケドラゴン 目黒記念 2着 2桁着順連発。52kg歓迎だがそれでも苦しく。 - -
4 アンノルーチェ 中京記念 3着 今回相手揃った。余程嵌らぬ限り出番は。 - -
3 5 セイクリッドバレー 関屋記念 2着 去年の2着馬。展開さえ嵌れば今年も上位に。
6 アドマイヤメジャー 朝日CC 3着 ここなら巻き返しある。ただ57kgは微妙か。 - -
4 7 ダンスインザモア 福島記念 1着 成績頭打ち。前走の末脚は悪くないのだが... -
8 キタサンアミーゴ ダイヤモンド 3着 詰め甘い。上がり勝負になると見劣りそうで。 - -
5 9 タッチミーノット アメジストS 1着 前走強敵相手に僅差の競馬。この相手なら。
10 アロマカフェ ラジオNIKKEI 1着 今回叩き2戦目。相手関係も楽になるし。 -
6 11 マンハッタンスカイ 函館グランド 1着 良くなる気配なし。叩き2戦目でもスルー。 - -
12 ヤマニンウイスカー 虹の松原S 1着 前走がイマイチ。このクラスでは荷が重い? - -
7 13 サンライズベガ 小倉大賞典 1着 この条件ならそれなりに走る。前走の再現も。 -
14 アルコセニョーラ 七夕賞 2着 条件悪くないが一時期ほどの末脚ないだけに。 - -
8 15 ヤングアットハート 迎春S 1着 前走のビリが問題。巻き返しに期待したいが... -
16 マッハヴェロシティ 逆瀬川S 1着 大駆けタイプの馬。嵌れば重賞でも怖い。

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第33回新潟大賞典枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第33回新潟大賞典の展望と予想とヨタ話

 クラシックや天皇賞春、マイル戦で盛り上がる昨今ですが...
 そういう盛り上がりとは無縁の世界?第33回新潟大賞典。

 という訳で、この新潟大賞典。いつものアレ、ローカル場のハンデ重賞という奴ですよ。ただ、この新潟大賞典、 結果次第では安田記念や宝塚記念に向かうことも出来るだけに、他のローカル場のハンデ重賞とは少し違った趣になりがち。 GIへのステップとしてここを使う有力馬はほとんどいないが、ここで結果を出しGI戦線に参戦、そしてそこでも結果を出すというパターンはたまにあるだけにねぇ。 一昨年のシンゲンとか、大成するのにちと時間がかかったがコンゴウリキシオーとかさ。ローカル場のハンデ重賞ということで軽く扱ってはいけない一戦、それがこの新潟大賞典。

 まぁ、そんなこんな言ってみましたが、この新潟大賞典の傾向自体は他のローカル場のハンデ重賞とあまり変わりはないですけどね。 予想の方もこの流れを汲む形でするのが妥当でしょう。人気所が上位確保するも穴馬がちょいと絡んで大波乱、というのがこの手の条件ではありがちなパターン。

 で、この穴馬をうまく引っかけられるかどうか、それが大きな課題となる訳だが...相手が穴馬だけに、読み辛いのは仕方がないところ。 成績不安定だが嵌ればかなりの能力発揮するマッハヴェロシティとか、この手の条件ではたまに爆走あるダンスインザモア、 前走の大敗で一気に人気落としそうなヤングアットハートとかさ。あとは重賞やOPで好走しているのに、あまり人気を集めなかった馬を拾ってみたりとか、そんな感じでしょうか。

<第33回新潟大賞典予想>

◎タッチミーノット
○マッハヴェロシティ
▲セイクリッドバレー
△アロマカフェ
△サンライズベガ

 しかし、どの馬がどこまで人気になるかイマイチ読めないだけにねぇ...

結果

1着セイクリッドバレー
2着マッハヴェロシティ
3着サンライズベガ
4着ヤングアットハート
5着シャドウゲイト

タイム:1分58秒4 3F:35.1秒
出走取消:11番
セイクリッドバレー 牡5歳
騎手:丸山元気 厩舎:美浦・高橋裕厩舎
単勝:5番460円
複勝:5番170円、16番770円、13番250円
枠連:3-8 2040円 馬連:5-16 6480円
馬単:5-16 10990円
3連複:5-13-16 13250円
3連単:5-16-13 80490円
ワイド:5-16 1800円
    5-13 520円 13-16 3250円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中!マッハヴェロシティ来ましたな。
 しかし、ここまで来たなら差し切ってもらいたかった。残念!

 という訳で、ようやく重賞ゲットですよ。セイクリッドバレー。セントライト記念2着以降、新潟大賞典・関屋記念で2着、中山記念やエプソムC、ダービー卿CTで入着するなど、 重賞でそれなりに走るも勝つには至らなかったセイクリッドバレーだったが、今回良績ある新潟ということもあってか、これまでのような詰めの甘さを見せず、見事勝ち切って重賞制覇。 まぁ、内容的にはマッハヴェロシティに詰め寄られたのを何とか振り切った、そんな微妙な内容でしたけどね。

 しかし、今回の新潟大賞典、ここからGIへ、というよりか、いつものローカル場のハンデ重賞といった方がいい結果になってしまいましたな。 勝ったセイクリッドバレーにしても、2着のマッハヴェロシティにしても、今回の内容を考慮するとこれまで通りの結果しか出せそうにないし、 他の馬も特筆するような何かはないしさ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。