今週のメインdeパツイチ2011
第56回京王杯スプリングカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第56回 京王杯スプリングカップ 東京・芝1400m  4歳上オープン(GII) 2011年5月14日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 フィフスペトル 東風S 1着 相手なりには走るようになり。展開次第で。 - -
2 クレバートウショウ マイラーズC 2着 前走は展開嵌った感否めず。ここでは。 - -
2 3 シンボリグラン 高松宮記念 8着 人気以上には走る。だがここでは入着まで。 - -
4 ユキノハボタン 醍醐S 1着 昇級後の成績物足りず。さらに今回重賞で... - -
3 5 ストロングリターン 難波S 1着 今回相手一気に強化も嵌ればいい脚使うだけに。
6 サンカルロ 高松宮記念 2着 この距離ならきっちり結果出す。ここでも。 -
4 7 ジョーカプチーノ NHKマイルC 1着 時計勝負歓迎。馬場渋らなければチャンス。
8 コスモセンサー ニューイヤー 1着 伸び悩む。このクラスでは荷が重いようで。 - -
5 9 ラインブラッド 魚沼S 1着 ここ数戦は評価も重賞成績イマイチなのが... - -
10 フラガラッハ 阪急杯 3着 重賞だと大敗することも。ちと苦しいのか。 - -
6 11 シルポート マイラーズC 1着 今回同型少なく。単騎逃げなら前走の再現も。
12 ショウワモダン 安田記念 1着 かなり復調。GI勝ちの東京で完全復活を。
7 13 ドリームバレンチノ 薩摩S 1着 1400mだと詰め甘くなり。しかも今回重賞で... - -
14 ガルボ シンザン記念 1着 上がり勝負になると辛い。今の東京だと? - -
8 15 ショウナンアルバ 高松宮記念 6着 ちょっと走るようになる。嵌れば3着も。 -
16 エーシンフォワード マイルCS 1着 ぶっつけ本番はキツかったか。一変に期待。
17 アポロドルチェ アイビスSD 4着 近走散々。たまに一発ある馬だがさすがに... - -

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第56回京王杯スプリングカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第56回京王杯スプリングカップの展望と予想とヨタ話

 今週は古馬牝馬のマイルGI・ヴィクトリアマイルがありますが...
 こっちにも注目。安田記念へのステップ、第56回京王杯SC。

 という訳で、この京王杯スプリングカップ。前述している通り、安田記念へのステップレース。安田記念に向かうにはヴィクトリアマイルやマイラーズカップ、 ダービー卿CTがあったりするが、高松宮記念組が参戦しやすい距離ということや本番と同じ東京で行われることもあってか、有力所はこの京王杯スプリングカップに集中。

 そんなこんなで、ステップレースというよりプレ安田記念といった方がいい一戦。今年もマイルCS馬エーシンフォワード、安田記念馬ショウワモダン、 NHKマイルカップ馬ジョーカプチーノや、高松宮記念2着・スプリンターズS3着のサンカルロといった短距離〜マイル路線で結果を出した馬が勢揃い。

 でもって、予想の方もこれらの馬中心で勝負...といきたいところだが、やや人気薄めの馬が絡んでちょっと荒れるのがこの京王杯スプリングカップ。 実績馬の中でもちょっと人気がなさそうなところを狙っていくのが正解でしょうな。前走の敗北で人気落としそうなジョーカプチーノとか、安田記念以降負け続きのショウワモダンとかさ。 あとは楽に逃げられるなら前残りありそうなシルポートとかどうでしょうか。

<第56回京王杯スプリングカップ予想>

◎ジョーカプチーノ
○シルポート
▲サンカルロ
△エーシンフォワード
△ショウワモダン
△ストロングリターン

 まぁ、でも、どの馬が人気になるかイマイチ分からんけどな。

結果

1着ストロングリターン
2着シルポート
3着ジョーカプチーノ
4着コスモセンサー
5着クレバートウショウ

タイム:1分20秒2 3F:33.8秒
ストロングリターン 牡5歳
騎手:石橋脩 厩舎:美浦・堀厩舎
単勝:5番850円
複勝:5番250円、11番240円、7番180円
枠連:3-6 690円 馬連:5-11 2990円
馬単:5-11 6430円
3連複:5-7-11 5390円
3連単:5-11-7 37790円
ワイド:5-11 1180円
    5-7 880円 7-11 700円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中!まぁ、来たことは来たんだが...
 結構人気でしたなぁ、シルポート。3番人気だったとは。

 でもって、京王杯スプリングカップの結果。先行馬がそれなりに揃った一戦だったが、やはりこの馬が行きました。シルポート。 そしてそれに続く形で今回はきちんとゲートを出たジョーカプチーノが追走。ただ、ハナ争いは激しくなくすんなり隊列確定。 そんなこともあってか、前半3ハロン通過が35.0秒とこの距離のレースにしては緩めのペースに。

 となれば、前に行った馬が残ってしまうのも仕方がないところ。直線に入ってもシルポート・ジョーカプチーノが相変わらず先頭。 ただ、そこは東京コース。このまま押し切り勝ちとはいかなかったようで。中団から伸びてきたストロングリターンが前2頭との差を詰め、 逃げ粘るシルポートと並んだところでゴール。で、写真判定の結果ストロングリターンに軍配が。

 そんなこんなで、勝ったのはストロングリターン。今回重賞、しかもそれなりに相手も揃った一戦だったが...克服してしまいました。 しかも、こういう展開の中での差し切り勝ちですからね。これは十分評価できる結果なんじゃないでしょうか。逆にイマイチだったのが、1番人気のサンカルロ。 後方追走から少し順位を上げて9着でフィニッシュ。まぁ、上がり3ハロン33.2秒の末脚使っていることだし、今回は「展開がハマらなかった」の一言で済ませてもいい気がするが... どうなんでしょうかねぇ、これ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。