今週のメインdeパツイチ2011
第13回京都ハイジャンプ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第13回 京都ハイジャンプ 京都・芝3930m  4歳上オープン(J.GII) 2011年5月14日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 テイエムトッパズレ 阪神SJ 2着 ようやくスランプ脱出したか。そろそろ。
2 2 エイシンボストン 小倉サマーJ 1着 伸び悩む。ここでも嵌って3着までか。 - -
3 3 マサノブルース 牛若丸JS 3着 昇級して頭打ち気味。展開嵌ればいいが... -
4 タマモグレアー 中山大障害 2着 前走案外。3戦目でもう一変あればいいが。 - -
4 5 ナムラチェンジ 障・オープン 5着 まずまずの脚使う。前が止まれば一発も。 -
6 スズカスペンサー 阪神SJ 3着 前2戦悪くなく。展開嵌れば3着はある。 -
5 7 アペリティフ 障・オープン 1着 連勝止まるが大負けした訳ではないだけに。 - -
8 ピサロナイト 障・未勝利 1着 未勝利脱出はやや嵌った感有。重賞だと? - -
6 9 グロッケンライン 障・オープン 2着 今回叩き2戦目も前走が負けすぎの感あって。 - -
10 キングジョイ 中山大障害 1着 前走長期休養明けも上々の内容。2戦目で。 -
7 11 トーセンジョーカー 障・オープン 1着 ここ2戦悪くなく。嵌れば重賞でも通用。 -
12 ランヘランバ 京都ジャンプ 1着 前々走で連勝止まるも前走楽勝で再び軌道に。 -
8 13 プライドイズハート 淀ジャンプ 1着 前2走僅差も3着以下とは差があるだけに。
14 デアモント 障・オープン 2着 今回相手揃った感あり。入着はあるが... - -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第13回京都ハイジャンプ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第13回京都ハイジャンプの展望と予想とヨタ話

 中山グランドジャンプ中止で春はここが目標に?
 数少ないJ.GII・第13回京都ハイジャンプ。

 という訳で、この京都ハイジャンプ。春の大一番となる中山グランドジャンプの開催が未定になったこともあって、この京都ハイジャンプが繰り上がりで春の大一番に。 さらに中山グランドジャンプに向かう筈だった馬も、路線変更してここに出走してきたもんで、実質的に春の大一番といっていいレースになってしまいました。

 そんなこんなで、なかなかの好メンバーとなった今回の京都ハイジャンプだが...それでも中心はやはりこの馬でしょうな。ランヘランバ。 牛若丸ジャンプSで敗れ連勝は止まってしまったが、次の春麗ジャンプSを楽勝し快進撃再開。さらに今回、中山の大障害コースではなく、既に勝ち鞍のある京都コースですからね。 相手はかなり揃っているが、ここもあっさり勝ってしまったりするんじゃないでしょうか。

 で、あとはその相手探し。実績を評価するならば、長期休養明けの前走でまずまずの走りみせた中山大障害馬キングジョイでしょう。 今回叩き2戦目で上積み見込めそうだし十分勝ち負けになるんじゃないでしょうか。あとは、徐々に調子戻してきたテイエムトッパズレ、 オープン連勝を評価してプライドイズハート辺りを。まぁ、ランヘランバが人気背負いそうだし、ここは買い目を増やさず相手絞ってこれ位で勝負するのが妥当でしょうな。

<第13回京都ハイジャンプ予想>

◎ランヘランバ
○プライドイズハート
▲キングジョイ
△テイエムトッパズレ

 前崩れの展開ならばナムラチェンジ・スズカスペンサーもアリかなー。

結果

1着タマモグレアー
2着ランヘランバ
3着アペリティフ
4着グロッケンライン
5着ナムラチェンジ

タイム:4分27秒1 3F:41.6秒
タマモグレアー セン7歳
騎手:林満明 厩舎:栗東・中竹厩舎
単勝:4番650円
複勝:4番170円、12番130円、7番610円
枠連:3-7 610円 馬連:4-12 790円
馬単:4-12 2130円
3連複:4-7-12 9000円
3連単:4-12-7 43240円
ワイド:4-12 380円
    4-7 2590円 7-12 1550円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。タマモグレアーが無印ではなぁ。
 さらに、キングジョイはいきなり落馬するし散々ですわ。

 でもって、京都ハイジャンプの結果。2番人気のキングジョイが最初の障害で落馬するというアクシデントがあったりしたが、道中は至って平穏。 ランヘランバが後続を離して逃げ、一人旅状態。勝負所に差し掛かっても相変わらずランヘランバが後続を引き離して先頭。で、このままランヘランバが1頭だけ別の競馬をして楽勝... してしまうかと思われたが、この馬が最後突っ込んできました。タマモグレアー。直線入った段階ではまだランヘランバと差があったが、そのランヘランバが最後止まったこともあって、 一気に差を詰めゴール直前で逆転。

 そんなこんなで、今回の京都ハイジャンプ。勝ったのはタマモグレアー。今年2戦の成績イマイチだったが、ここで一変。中山大障害でハナ差の2着があるだけに、 まともに走ればこれ位はやれる馬なんでしょうな。あと、ランヘランバ。今回2着に敗れはしたものの、3着以下とは大差。一応、能力の違いはアピールできたんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。