今週のメインdeパツイチ2011
第125回目黒記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第125回 目黒記念 東京・芝2500m  3歳上オープン(GII) 2011年5月28日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ヤングアットハート 新潟大賞典 4着 前走悪くなく。流れに乗れれば上位も狙える。 -
2 ケイアイドウソジン メトロS 1着 東京3勝。今回重賞だが前走ぐらい走れば。 -
2 3 アースシンボル オクトーバS 1着 昇級してからが今一つ。ただ52kgなら。 -
4 マカニビスティー 天皇賞春 4着 前走はフロック?それとも本来の走り? - -
3 5 オウケンサクラ 天皇賞秋 4着 前走大敗。よほど嵌らぬと出番はないか。 - -
6 マイネルアンサー ジューンS 1着 大駆けタイプ。今回叩き2戦目だし注意? -
4 7 マイネルキッツ 天皇賞春 1着 今年の成績案外も大負けはしていないだけに。 -
8 キングトップガン 大阪ハンC 2着 パンチ不足。ただ時計掛かれば出番も。 -
5 9 イコピコ 神戸新聞杯 1着 スランプ続く。さらに今回57.5kg背負って... - -
10 イケドラゴン 目黒記念 2着 去年の2着馬。ただ近走2桁着順ばかりで... - -
6 11 シャイニータイガー 白鷺特別 1着 前2戦悪くないが格下でのもの。重賞だと?
12 フォゲッタブル 菊花賞 2着 最近全く良いところがなく。望み薄か。 - -
7 13 シゲルタック 比叡S 1着 単騎逃げできる組み合わせ。前残りに注意。 -
14 トレイルブレイザー 烏丸S 1着 前走完勝。ハンデも54kgと手頃だし上位も。
15 モンテクリスエス 阪神大賞典 3着 この条件手堅く走る。ヒモなら十分ありそう。 -
8 16 トウカイトリック 天皇賞春 5着 前走は展開嵌った感否めず。ここでは。 - -
17 ハートビートソング WINS八代 1着 青葉賞3着がある馬。重賞でも十分やれる。 -
18 ジャミール ステイヤーズ 2着 前3戦イマイチ。相手関係楽にはなるが... - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第125回目黒記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第125回目黒記念の展望と予想とヨタ話

 裏に宝塚記念へのステップ・金鯱賞があったりしますが...
 こちらはどちらかというと残念天皇賞春・第125回目黒記念。

 という訳で、この目黒記念。前述している通り、天皇賞春の余力でここを使ってきた、そんな感じの馬が揃った一戦に。 天皇賞春4・5・6着のマカニビスティー・トウカイトリック・マイネルキッツ、他にもジャミール・フォゲッタブルといった天皇賞春組がこの目黒記念に出走。

 しかし、これらの天皇賞春組、あまり信用できそうにないのがなぁ。マカニビスティー・トウカイトリックは、これまでの成績考えれば天皇賞春の好走はフロックの可能性もあるし、 マイネルキッツはGI勝っていることもあってトップハンデの58.5kgですからね。ここは別路線組で勝負するのが正解でしょう。メトロポリタンS勝ちのケイアイドウソジンは57kgと妙に背負わされてるだけに強気の勝負はできないが、 青葉賞でペルーサ・トゥザグローリーに次ぐ3着があるハートビートソング、烏丸Sを楽勝したトレイルブレイザー辺りだったらハンデも手頃だし十分勝負になるんじゃないでしょうか。

<第125回目黒記念予想>

◎ハートビートソング
○シゲルタック
▲トレイルブレイザー
△ケイアイドウソジン
△マイネルキッツ
△モンテクリスエス

 一発狙うならシゲルタックの逃げ残り。軽量だし馬場が渋れば...

結果

1着キングトップガン
2着ハートビートソング
3着ヤングアットハート
4着トレイルブレイザー
5着マカニビスティー

タイム:2分32秒5 3F:36.7秒
出走取消:11番
キングトップガン 牡8歳
騎手:横山典弘 厩舎:栗東・鮫島厩舎
単勝:8番1630円
複勝:8番360円、17番160円、1番330円
枠連:4-8 750円 馬連:8-17 3000円
馬単:8-17 8610円
3連複:1-8-17 10550円
3連単:8-17-1 76530円
ワイド:8-17 1050円
    1-8 2260円 1-17 800円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。印は打っているんだが...
 微妙にタテ目になってしまいましたなぁ。残念!

 という訳で、勝ったのはキングトップガン。展開や51kgという軽ハンデ、やや時計の掛かる馬場状態という助けがあって、 1番人気ハートビートソングの追撃を阻止、クビ差これを退け1着でゴールへ。2着にはそのハートビートソング、 3着は数頭が並んだが8番人気のヤングアットハートがクビ差抜け出し3着確保。

 レース自体は、シゲルタックが逃げ、これをオウケンサクラ、そして勝ったキングトップガンや2着のハートビートソングが追う展開。 逃げ・先行馬がそれぞれのポジションをしっかり取りに行ったこともあって、馬群は縦長になったが、それも3コーナーまで。 4コーナーの段階でも一応シゲルタックが先頭をキープしていたが、後続はほぼ一団に。

 そんな状態の中、出し抜けを食らわす形で抜け出したのが勝ったキングトップガン。早め早めに進出し、いち早く逃げたシゲルタックを交わし先頭へ。 で、その勢いのまま後続を突き放し独走態勢に。さすがに直線が長い東京コースということもあって、最後、ハートビートソングも差を詰めてきたが、 なんとかこれを振り切ってゴールへ。

 そんなこんなで、勝ったのはキングトップガン。まぁ、大阪ハンブルクCで2着しているように、それなりには走る馬なのだが、 今回の勝利は、前述している通り展開やハンデ、馬場状態、これらがすべていい形で作用して出た結果と考えるのが妥当でしょう。 あと、2着以下も同様の傾向が見られるだけにねぇ...今回の目黒記念「あまりアテにできない」レースだったのかもしれませんな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。