今週のメインdeパツイチ2011
第16回マーメイドステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第16回 マーメイドステークス 阪神・芝2000m  3歳上牝オープン(GIII) 2011年6月19日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アスカトップレディ パールS 1着 前走を評価。今回53kg止まりだしチャンス。
2 2 ポルカマズルカ 迎春S 2着 いい頃の走り戻ったようで。軽量だし注意。
3 3 ロイヤルネックレス 御堂筋S 3着 大きく負けていない。52kgなら3着も。 -
4 4 ブロードストリート 秋華賞 2着 実績馬も最近凡走ばかりで。一変は? - -
5 アースシンボル オクトーバー 1着 昇級後の成績散々。今回牝馬相手だが... -
5 6 イタリアンレッド 愛知杯 4着 あと一押し足りない。53kgでどこまで? - -
7 セラフィックロンプ 愛知杯 1着 牡馬相手とはいえ前2戦が負けすぎでは... - -
6 8 フミノイマージン 福島牝馬S 1着 能力は通用。展開さえ嵌れば上位争いに。
9 ラフォルジュルネ 関門橋S 1着 前走ブービーと大敗。巻き返しあればいいが。 - -
7 10 ディアアレトゥーサ 福島記念 2着 今年の成績がイマイチ。相手楽になるが... - -
11 モーニングフェイス 中山牝馬S 6着 前々走が精一杯の感。ここでは入着まで。 - -
8 12 マイネプリンセス 1000万下 1着 昇級戦案外だが良馬場で巻き返しの可能性も。
13 プロヴィナージュ 京都大賞典 3着 復調気配。この条件なら十分勝負になり。 -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第16回マーメイドステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第16回マーメイドステークスの展望と予想とヨタ話

 今週から中山開催スタートですが...重賞は阪神のみ。
 そんな阪神の重賞、第16回マーメイドステークス。

 で、このマーメイドステークス。去年の年末からだらだら続く牝馬限定重賞のうちの1つ。ここ最近は阪神牝馬S・福島牝馬Sと別定戦が続いていたが、 このマーメイドステークスはハンデ戦。別定戦の阪神牝馬S・福島牝馬Sと比べ、斤量的に恵まれることもあってか、準OPや条件戦を勝ち上がった馬が多数出走、 そして結果を出したりするのがこのマーメイドステークス。

 でもって、今回のマーメイドステークス。去年・一昨年はGIで好走しているような実績馬も多数出走していたが、今年のマーメイドステークス、この手の馬はプロヴィナージュ・ブロードストリートぐらい。 まぁ、以前のマーメイドステークスに戻った、と考えていいんじゃないでしょうか。

 ただ、予想するとなると、それはそれで厄介なことに。これといって抜けた馬もおらず混戦模様。それでいてハンデ戦ですからねぇ。 3年前の単勝万馬券みたいな荒れ方はしないと思うが、去年のように人気薄がちょっと絡んで波乱、なんてことは十分起こり得るんじゃないでしょうか。

 そんなこんなで、ここは多少荒れることを前提にして予想するのが正解でしょう。前走のパールSで阪神JF3着など重賞で結果を出しているベストクルーズを破ったアスカトップレディ、 展開が鍵だが福島牝馬S・中山牝馬Sと結果を出したフミノイマージン、ここ数戦凡走続いたが、前走の阪神牝馬Sで4着に入ったように復調しつつあるプロヴィナージュといった辺りをおさえておいて、 軽ハンデで一発ありそうなポルカマズルカ・マイネプリンセスで高配当狙ってみましょうか。

<第16回マーメイドステークス予想>

◎アスカトップレディ
○マイネプリンセス
▲プロヴィナージュ
△フミノイマージン
△ポルカマズルカ

 ラフォルジュルネの巻き返しに期待するのもアリだが、
 前走の中京記念(15着)があまりにも負けすぎだからなぁ...

結果

1着フミノイマージン
2着ブロードストリート
3着アースシンボル
4着イタリアンレッド
5着モーニングフェイス

タイム:2分00秒4 3F:35.0秒
フミノイマージン 牝5歳
騎手:太宰啓介 厩舎:栗東・本田厩舎
単勝:8番560円
複勝:8番220円、4番400円、5番1800円
枠連:4-6 2110円 馬連:4-8 3490円
馬単:8-4 6450円
3連複:4-5-8 93350円
3連単:8-4-5 425710円
ワイド:4-8 1500円
    5-8 8290円 4-5 11400円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ブロードストリート無印ではなぁ。
 まぁ、軸馬が散々ではどうにもなりませんが...

 でもって、マーメイドステークスの結果。いつも通り、後方待機から末脚勝負に賭けたフミノイマージン。 前半3ハロン通過が36.0秒、1000m通過が1:01.2と緩めのペースだったが、問題なし。直線で溜めた末脚を全開。 出走馬中最速の上がり3ハロン34.3秒を叩き出し他馬を圧倒。結局、2着のブロードストリートに1・1/4馬身の差をつけ完勝してしまいました。

 そんなこんなで、今回のマーメイドステークス。勝ったフミノイマージンもそうだが、後方待機から直線での末脚勝負に賭けた馬が上位独占する結果に。 2着のブロードストリートは中団よりやや後ろ、3着のアースシンボルは最後方、4着のイタリアンレッドはフミノイマージンと同じような位置にいて、それぞれこの結果ですからね。 こういうペースだったら前残りがあっても不思議ではないのだが...うーん、なかなか難しいですなぁ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。