今週のメインdeパツイチ2011
第60回ラジオNIKKEI賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第60回 ラジオNIKKEI賞 中山・芝1800m  3歳オープン(GIII) 2011年7月3日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ヴィジャイ 夏木立賞 1着 良馬場ならもう少しやれる筈。一変警戒。 -
2 2 カフナ 若葉S 2着 トライアル好走を評価。55kgだし出番も。 -
3 3 ヒラボクインパクト セント賞 1着 昇級後の成績サッパリ。よほど嵌らぬと。 - -
4 フルアクセル 500万下 1着 嵌ればいい脚使う馬。重こなせるのも○で。
4 5 ターゲットマシン 寒竹賞 1着 前2走が案外。一変あれば怖いが、さて? -
6 アバウト 500万下 1着 楽に逃げられる組み合わせ。前残り注意。
5 7 マイネルラクリマ 白百合S 1着 GIでも好走ある馬。この条件なら勝ち負けに。 -
8 プランスデトワール マーガレット 2着 地味だがそこそこの走り見せ。ここでも。 -
6 9 エポワス 500万下 1着 距離延長がちと心配。この条件では... - -
10 フレールジャック 500万下 1着 未勝利・500万下快勝。重賞でも通用していい。
7 11 ダーズンローズ 500万下 1着 ピリっとしない。前々走ぐらい走ればいいが... - -
12 ミヤビファルネーゼ 500万下 1着 末脚まずまずも共同通信杯10着で決着済? -
8 13 ショウナンパルフェ 青葉賞 2着 前2走評価できるが57kgはちと分が悪く。 - -
14 ディアフォルティス 黒竹賞 1着 ダートで頭打ち。芝使ってみるが一変は? - -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第60回ラジオNIKKEI賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第60回ラジオNIKKEI賞の展望と予想とヨタ話

 秋に向けての一戦?それとも余力で賞金稼ぎ?
 3歳馬限定の重賞・第60回ラジオNIKKEI賞。

 という訳で、このラジオNIKKEI賞。この開催から3歳馬も古馬と一緒になって走る形になっているのだが、このラジオNIKKEI賞は3歳限定戦。 そういうこともあってか、古馬との対決を避けて賞金を上積みしたい条件馬がここに集結。まぁ、「残念ダービー」と言われているように、 春の3歳牡馬クラシック戦線で結果を出せなかった馬が余力でここを使う、なんてパターンの馬もいたりするが...ここ数年の主役は条件勝ち上がり馬ばかりだからなぁ。

 で、予想の方もこれら条件勝ち上がり組でいいでしょう。ショウナンパルフェやカフナも悪くはないのだが...それなりにハンデ背負っていることを考えるとね。 ここは500万下を好内容で勝ち上がった上に斤量をそれほど背負わされていないフルアクセルやフレールジャック、500万下よりも上のクラスで結果出したプランスデトワール・マイネルラクリマ辺りで勝負するのが正解なのかもしれませんな。

<第60回ラジオNIKKEI賞予想>

◎フルアクセル
○アバウト
▲マイネルラクリマ
△フレールジャック
△プランスデトワール
△カフナ

 あと、逃げ残り期待でアバウトとかもアリかな。

結果

1着フレールジャック
2着マイネルラクリマ
3着カフナ
4着ターゲットマシン
5着アバウト

タイム:1分46秒9 3F:35.1秒
出走取消:9番
フレールジャック 牡3歳
騎手:福永祐一 厩舎:栗東・友道厩舎
単勝:10番460円
複勝:10番190円、7番160円、2番150円
枠連:5-6 770円 馬連:7-10 1350円
馬単:10-7 2420円
3連複:2-7-10 1710円
3連単:10-7-2 8390円
ワイド:7-10 570円
    2-10 500円 2-7 310円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。でも、人気の組み合わせでしたな。
 もう少し穴っぽい馬が絡むと踏んでいたんだがなぁ...

 という訳で、毎年それなりに荒れるラジオNIKKEI賞だったが、今年は1〜3番人気馬が上位を独占。 ただ、5番人気のプランスデトワールが1コーナーで逸走、4番人気のショウナンパルフェの進路を妨害するというアシスト(?)があって、この結果ですからね。 「順当な結果」というには微妙な内容。

 まぁ、そんなこんながあったが、勝ったのはフレールジャック。道中はやや折り合いを欠く感じだったが、それでも最後までしっかりと走り、 好位追走から押し切り狙うマイネルラクリマを捕らえゴールへ。無傷の3連勝で重賞制覇。今回は「OP・重賞で結果を出している馬に比べハンデが有利だったから勝てた」という感じもあるが、 馬体重-10kgや折り合いを欠くというハンデを克服してこの結果ですからねぇ。これはこれで十分評価できるでしょう。

 あと、他の馬。2着のマイネルラクリマ、3着のカフナは「まあ、こんなもんかな」という結果。人気の一角を担ったショウナンパルフェは9着と大敗してしまったが、 前述している通り1コーナーでの不利がすべて。今回の結果は無視していいんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。