今週のメインdeパツイチ2011
第47回函館記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第47回 函館記念 函館・芝2000m  3歳上オープン(GIII) 2011年7月24日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 メイショウクオリア 福島記念 4着 OPはそこそこ走るも重賞では力不足っぽくて。 - -
2 コロンバスサークル 五稜郭S 3着 ここ数戦悪くなく。52kgだし展開次第で。
2 3 マヤノライジン 大阪城S 5着 嵌って入着ある程度の馬。多くは望めぬ。 - -
4 キングトップガン 目黒記念 1着 前走重賞勝ちも条件嵌った感有。ここでは。 - -
3 5 マンハッタンスカイ 函館記念 6着 函館良績あるが成績低迷続いているだけに... - -
6 ダンスインザモア 福島記念 1着 前走悪くなく。展開さえ嵌れば上位狙える。
4 7 トウショウウェイヴ AR共和国杯 7着 そこそこの末脚は使うが最近結果出なくて。 -
8 ダイワジャンヌ AJC杯 5着 前2戦がイマイチ。このハンデでも出番は... - -
5 9 メインストリーム ダイヤモンド 4着 一叩きした効果見込める。一変あれば重賞でも。
10 ウォークラウン アメジストS 3着 格下だがそこそこ走る。53kgだし嵌れば。
6 11 ルールプロスパー 東京ロイヤル 1着 ここ数戦いいところなく。去年の勢いは... - -
12 ミッキーペトラ 青函S 1着 久々を快勝。さらに今回前走より斤量軽くなり。 -
7 13 アクシオン 札幌記念 3着 近走いまいち。一叩きしたがどこまで。 - -
14 シャインモーメント AJC杯 7着 最近は嵌ってなんとか入着する程度。厳しい。 - -
8 15 エドノヤマト 青函S 4着 昇級戦がイマイチ。この条件では苦しい? - -
16 マイネルスターリー 函館記念 1着 去年の勝ち馬。前走快勝しているだけに注意。

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第47回函館記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第47回函館記念の展望と予想とヨタ話

 夏競馬真っ盛りですが、函館開催はそろそろ終盤戦に。
 今週はサマー2000シリーズの2戦目・第47回函館記念。

 という訳で、この函館記念。前述している通り、サマー2000シリーズの2戦目。サマー2000シリーズ1戦目の七夕賞組もちらほらいたりするが、 巴賞や五稜郭Sといった函館のOP戦を使って出てきた北海道滞在組がほとんど。でもって、サマー2000シリーズの方も、このまま北海道に滞在して札幌記念を使い結果を出す、そんな感じの馬がほとんど。

 そんなこんなで、北海道滞在組にとっては大事なサマー2000シリーズ開幕戦となるのだが...今年の出走メンバー、イマイチですな。 前述した五稜郭Sや巴賞からここに出走してくる馬がほとんどなのだが、上位馬がマイネルスターリーしかいないのがねぇ。 ブリッツェンやストロングガルーダがいればそれなりの格好はついたんだが、どっちも出て来ないし。

 となれば、今回は別路線組を狙うのが妥当でしょう。準OPだが青函Sを快勝したミッキーペトラや、嵌ればいい脚使う上に今回ハンデ53kgで出走できるウォークラウンとかさ。 あとは無難に巴賞勝ちのマイネルスターリー、五稜郭S3着馬で52kg魅力のコロンバスサークルといった函館OP組を。

<第47回函館記念予想>

◎ミッキーペトラ
○メインストリーム
▲ウォークラウン
△マイネルスターリー
△ダンスインザモア
△コロンバスサークル

 穴なら叩き2戦目で一変ありそうなメインストリームを。

結果

1着キングトップガン
2着マヤノライジン
3着アクシオン
4着メイショウクオリア
5着コロンバスサークル

タイム:2分00秒3 3F:35.9秒
キングトップガン 牡8歳
騎手:横山典弘 厩舎:栗東・鮫島厩舎
単勝:4番760円
複勝:4番300円、3番900円、13番530円
枠連:2-2 19400円 馬連:3-4 15910円
馬単:4-3 23640円
3連複:3-4-13 69140円
3連単:4-3-13 401180円
ワイド:3-4 3400円
    4-13 2450円 3-13 7690円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。これはちょっとなぁ。
 キングトップガンが人気集めるも、これはこれで買い辛いし。

 でもって、函館記念の結果。前・後ろの位置取りはあまり関係なかったが...内・外の影響はかなり出てしまったようで。 今回の函館記念、うまく内を突いた馬が上位を独占する結果に。内枠のメイショウクオリア・マヤノライジン・キングトップガンは出たなりに内を確保し、 直線でも内。で、そのままゴールへ。一応、枠順自体は外のアクシオンが上位に突っ込んできているが...この馬もうまく内を確保して進出してきたタイプ。 直線でも馬群を捌く程度には外に持ち出したりしたが、極力外にはいかないように立ち回ってこの結果に。

 まぁ、外を回った馬もコロンバスサークルやダンスインザモアのように、それなりの着順は確保しているのだが... 今回はこの内外の差を挽回するまでには至らなかったようで。そこそこ止まりという結果に。

 そんなこんなで、今回の函館記念。とりあえずキングトップガンが勝ったのだが...「うまく立ち回った分勝てた」という感は否めないだけにねぇ。 どこまで評価していいのやら。2着以下も同様。逆に、外を回って結果出せなかった馬は、今回の敗北をそこまで悲観的に考える必要はないでしょう。 もう少し条件が合えば巻き返しあっていいでしょう。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。