今週のメインdeパツイチ2011
第16回クラスターカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第16回 クラスターカップ 盛岡・ダ1200m  3歳上オープン(JpnIII) 2011年8月15日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サンエムパーム 大沼S 7着 OPでビリ連発。大きく変わりそうにはなくて。 - -
2 2 ディスパーロ 山桜特別 1着 地元でそこそこ走るが今回中央勢が相手で... - -
3 3 ラブミーチャン かきつばた記 3着 この連勝は評価。いい頃の走り戻ったようで。
4 コロニアルペガサス ムーンライト 2着 ここ数戦大敗ばかりで。この条件では... - -
4 5 トーセンクロス 安芸S 1着 今回重賞だがこの相手なら即上位争いに。 -
6 サンキンスピーチ 岩鷲賞 4着 大敗多い。この条件ではムリっぽく。 - -
5 7 ゴールドマイン すずらん賞 1着 マーキュリーCが負けすぎ。この条件では... -
8 ドスライス NST賞 1着 スランプ脱出した様子。今回相手も手頃で。
6 9 サムデイシュアー トレノ賞 2着 前走の大敗が問題。能力不足の感あって。 - -
10 オシャベリコパ 早池峰賞 2着 前2走が負けすぎ。ここで巻き返しとは... - -
7 11 グランドラッチ NST賞 6着 そこそこの脚使うがそれでも3着までか。 -
12 スマートブレード 川中島S 1着 たまに大駆けある馬。前々走ぐらい走れば。
8 13 ゼンノモナルカ 飛騨牛カップ 4着 大きいところでは今一つ。交流重賞では... - -
14 エイシンタイガー きらっとS 4着 ダート慣れすればもう少しやれる。一変注意。 -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第16回クラスターカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第16回クラスターカップの展望と予想とヨタ話

 中央開催挟んで再びお盆の交流重賞に。
 お盆の交流重賞シリーズ第二戦・第16回クラスターカップ。

 しかしだ。このクラスターカップ。結構貴重な短距離の交流重賞なのだが...翌日に同じ短距離の交流重賞サマーチャンピオンが控えていることもあって、 そっちとこっちで有力馬が分散する結果に。まぁ、元々そこまで有力馬が出てくる一戦ではないので、やや寂しいメンバー構成になってしまうのはいつも通りといえばその通りなのだが...今年はここまでメンバーが揃わないとはねぇ。

 まあ、そんなこと言っていても仕方がないので、とっととクラスターカップの予想を。今年の中央勢、重賞で好走しているような馬がおらず、オープン馬中心のメンバー構成に。 しかも、どの馬も油断するとすぐ2桁着順取ってしまう馬ばかり。

 かといって、他の馬で勝負するのもなかなか難しいところ。実績的にはラブミーチャンがダントツなのだが、ここ最近は交流重賞で結果を出せていないだけにねぇ。 一応、復調しつつあるのか前2走ともに楽勝しているが、レースのレベルを考えるとどこまで評価いいのか分からないのが実情。ここは、たまに凡走するのが気掛かりも、ここ数戦比較的安定して結果出しているドスライス・トーセンクロス辺りで勝負するのが妥当でしょう。

<第16回クラスターカップ予想>

◎ドスライス
○エイシンタイガー
▲トーセンクロス
△ラブミーチャン
△スマートブレード

 一発狙うなら、一変期待でエイシンタイガーかな。

結果

1着ドスライス
2着グランドラッチ
3着ラブミーチャン
4着スマートブレード
5着サンエムパーム

タイム:1分10秒4 3F:36.4秒
ドスライス 牡5歳
騎手:柴田善臣 厩舎:栗東・森厩舎
単勝:8番190円
複勝:8番110円、11番140円、3番110円
枠連:5-7 790円 馬連:8-11 1250円
馬単:8-11 1500円
3連複:3-8-11 670円
3連単:8-11-3 3160円
ワイド:8-11 310円
    3-8 140円 3-11 380円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。グランドラッチが薄めでアウト。
 ドスライスが軸なら買い目増やしすぎるのもアレだし...

 まぁ、それはともかく。クラスターカップの結果を。積極的に出て行ったのはやはりラブミーチャン。この馬がハナを奪って逃げ、 それをエイシンタイガー・ドスライスが追いかける展開。で、直線に入ったところでエイシンタイガーが脱落し、ラブミーチャン・ドスライスの一騎打ちに。 ただ、この一騎打ちも長続きせず、ラブミーチャンが早々に脱落し、あとはドスライスの独壇場。結局、そのドスライスが後続に6馬身の差をつけ楽勝してしまいました。

 という訳で、勝ったのはドスライス。こういうメンバー構成だっただけに、こういう結果になってしまうのは、まぁ、仕方がないでしょう。 その一方でサッパリだったのがトーセンクロス。そこそこのポジションは確保したが、途中でずるずる後退してビリという結果に。 時々凡走ある馬なだけに、今回がそのタイミングだっただけと言えなくもないが...イヤな負け方ですなぁ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。