今週のメインdeパツイチ2011
第6回キーンランドカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第6回 キーンランドカップ 札幌・芝1200m  3歳上オープン(GIII) 2011年8月28日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ガルボ 阪急杯 2着 久々が問題だが重賞好走ある馬だけに。
2 サープラスシンガー 福島民友C 8着 近走不振の上に今回休み明け。さすがに... - -
2 3 グランプリエンゼル ヴィクトリア 4着 かなり復調した様子。前2走ぐらい走れば。 -
4 ケイアイアストン バーデンC 1着 前走が案外。重賞ではちと荷が重いのか。 - -
3 5 コパノオーシャンズ 淀短距離S 4着 2桁着順連発は頂けない。現状では厳しい。 - -
6 シャウトライン アイビスSD 4着 そこそこは走るがこの相手では入着までか。 - -
4 7 マヤノツルギ UHB杯 6着 成績冴えず。一変あってもこの条件では... - -
8 カレンチャン 阪神牝馬S 1着 前走より相手強化も上位は確保しそうで。 -
5 9 ビービーガルダン 高松宮記念 4着 一昨年の勝ち馬だがここ数戦いいところなく。 - -
10 アンシェルブルー ヴィクトリア 5着 ここ数戦の好走を評価。ここでも上位。 -
6 11 レジェトウショウ TVh杯 1着 準OPの走り悪くなく。流れに乗れれば上位も。
12 パドトロワ UHB杯 1着 函館SS案外もOP勝ち時ぐらい走れば上位も。 -
7 13 ショウナンカザン 淀短距離S 1着 重賞の成績物足りず。今回距離短縮も一変は。 - -
14 ショウナンアルバ スワンS 2着 前2走が物足りず。大きく変わらぬ限り。 - -
8 15 ジョーカプチーノ NHKマイルC 1着 この斤量、相対的に有利。あとは仕上がり次第。
16 オリオンスターズ 伏見S 1着 伸び悩む。このクラスは荷が重いのか。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第6回キーンランドカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第6回キーンランドカップの展望と予想とヨタ話

 今週でサマー2000シリーズは終了ですが、こっちはまだ。
 サマースプリントシリーズ第4戦・第6回キーンランドカップ。

 そんなこんなで、このキーンランドカップ。北海道滞在したままシリーズ制覇を狙う函館スプリントS組がメインだが、 この辺りから秋の大一番・スプリンターズステークスを目指す有力馬もぼちぼち登場。シリーズの行方だけではなく、秋を見据えた一戦になるのがこのキーンランドカップ。

 で、今年もそのパターンの馬がちらほら。NHKマイルC勝ち馬で前走の安田記念でも僅差の5着があるジョーカプチーノや、 一昨年の勝ち馬で高松宮記念4着のビービーガルダン、京都金杯・阪急杯2着のガルボ、ヴィクトリアマイル4着のグランプリエンゼルがこのレースで始動。

 でもって、予想の方もこれらの馬を考慮する形に。今年は函館SS勝ちのカレンチャンがいるだけに、この馬を軸にしてガッツリ勝負してもいいのだが... 勝ったとはいえ僅差、さらに出走メンバーがイマイチだったことを考えると、そこまで強く推せないのがなぁ。ここは休み明けでもジョーカプチーノで勝負してみましょうか。 別定戦ということで他の馬と同じ56kgで走れるのは大きいでしょうし。で、次点にカレンチャンを。あとは、前2戦が案外だが京都金杯・阪急杯の内容を評価してガルボ、ここ数戦まずまずの結果出してるアンシェルブルー・グランプリエンゼル辺りで。

<第6回キーンランドカップ予想>

◎ジョーカプチーノ
○グランプリエンゼル
▲カレンチャン
△ガルボ
△レジェトウショウ
△アンシェルブルー

 ただ、このキーンランドC、割と荒れるレースだけにねぇ。どうなることやら。

結果

1着カレンチャン
2着ビービーガルダン
3着パドトロワ
4着ケイアイアストン
5着ショウナンカザン

タイム:1分08秒6 3F:35.6秒
カレンチャン 牝4歳
騎手:池添謙一 厩舎:栗東・安田隆厩舎
単勝:8番190円
複勝:8番110円、9番360円、12番290円
枠連:4-5 570円 馬連:8-9 1790円
馬単:8-9 2320円
3連複:8-9-12 5010円
3連単:8-9-12 19290円
ワイド:8-9 650円
    8-12 480円 9-12 2920円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。カレンチャンは妥当なところだが...
 ビービーガルダン来ちゃうとなぁ。これはちと厳しい。

 でもって、キーンランドカップの結果。前走から相手が変わってどうなるかと思ったが、なんてことはなかったですな。 函館スプリントステークスに続き、このキーンランドカップもカレンチャンが制覇。ここ数戦は少し控えて好位〜中団の競馬が多かったが、今回は積極策。 3〜4コーナーの勝負所で早めに先頭に立ち、そのまま押し切ってしまいました。

 しかし、こうも簡単に連勝してしまうとはねぇ。カレンチャン。サマースプリントシリーズ自体はあと1戦残っているだけに、これで決まりという訳にはいかなかったが、 とりあえず、秋に繋がる競馬は出来たんじゃないでしょうか。逆に、暗雲が漂いだしたのがジョーカプチーノ・アンシェルブルー。 ジョーカプチーノは休み明け、アンシェルブルーは馬体重+14kgが堪えたと考えればこんなもんかもしれないが...大丈夫なんでしょうか?



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。