今週のメインdeパツイチ2011
第45回スプリンターズステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第45回 スプリンターズステークス 中山・芝1200m  3歳上オープン(GI) 2011年10月2日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ラッキーナイン クラシックM 1着 前走より斤量2kg減。巻き返しありそうで。
2 ケイアイアストン キーンランド 4着 そこそこ走るもこの条件では荷が重くて。 - -
2 3 パドトロワ キーンランド 3着 前走より条件厳しくなり。展開嵌らぬと。 - -
4 エーシンリジル 北九州記念 2着 前走物足りず。この辺りが限界っぽくて。 - -
3 5 ロケットマン Gシャヒーン 1着 短距離で無類の強さをみせている馬。ここも。
6 サンカルロ 高松宮記念 2着 休み明けの前走上々。去年以上あっていい。
4 7 フィフスペトル 京成杯AH 1着 前走は相手に恵まれた感あって。ここだと? - -
8 ダッシャーゴーゴー CBC賞 1着 GIで上位入線も連続で降着。三度目の正直?
5 9 ヘッドライナー CBC賞 2着 イマイチ踏ん張れない内容続く。GIでは... - -
10 カレンチャン キーンランド 1着 連勝評価。今回相手揃うが十分勝ち負けに。 -
6 11 トウカイミステリー 北九州記念 1着 前々走の末脚評価。前崩れになれば一発も。 -
12 アーバニティ 高松宮記念 3着 ここ数戦物足りない内容続く。ちと厳しいか。 - -
7 13 ビービーガルダン 高松宮記念 4着 前走好走を評価。そろそろ大きいところを。 -
14 エーシンヴァーゴウ セントウルS 1着 夏の成績評価も使い詰めになった分辛くて。 - -
8 15 サンダルフォン アンコールS 1着 良化スロー。今の状態では通用しそうになく。 - -
16 グリーンバーディー Gシャヒーン 4着 去年は7着。前走も案外だっただけに... - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第45回スプリンターズステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第45回スプリンターズステークスの展望と予想とヨタ話

 今週から10月。そして秋のGIシリーズも開幕。
 まずは短距離戦。第45回スプリンターズステークス。

 という訳で、このスプリンターズステークス。夏場に行われたサマースプリントシリーズの総決算という位置付けにしてもいい一戦だが、 まぁ、それはそれで別に考えた方が良かったりするのがこのスプリンターズステークス。シリーズに全力投球してしまった馬はここにきて息切れしてしまうのか、 「入着はしたが...」という結果に終わってしまうことが多々あるだけにねぇ...

 そんなこんなで、セントウルSやキーンランドCをシリーズの一戦としてではなく「ここへのステップ」として使ってきた馬を中心して勝負するのが妥当なところでしょう。 サンカルロやダッシャーゴーゴー、ビービーガルダンとかさ。どの馬もGIで好走している馬だし、十分勝ち負けになる筈。

 ただ、今年はそう簡単に決まらないんじゃないでしょうか。サマーシリーズ組はサマーシリーズの重賞を2勝しているエーシンヴァーゴウ・カレンチャンと例年にない強力な布陣だし、 海外勢も前哨戦のセントウルSで結果を出したラッキーナインに海外の短距離GIを勝ちまくっているロケットマンが相手ですからねぇ。今回はこの3勢力が拮抗している状態と考えた方がいいでしょう。

 でもって、この辺りを踏まえて、今回のスプリンターズステークスの予想を。前哨戦のセントウルSの内容を考慮すれば、今回そのセントウルSよりも斤量2kg減で出走できるラッキーナインや、 休み明けでも好走したダッシャーゴーゴー・サンカルロで勝負したくなるところだが...ここはロケットマンを中心にしてみましょう。一線級相手に戦っているにも関わらず21戦17勝2着4回とパーフェクト連対。 さらに、今年はこれまで勝てなかったドバイゴールデンシャヒーンやインターナショナルスプリントを楽勝するなど最盛期を迎えている状態ですからねぇ。 日本でどこまでやれるか未知数な面あるが、この馬、ちょっと格が違うんじゃないでしょうか。

<第45回スプリンターズステークス予想>

◎ロケットマン
○トウカイミステリー
▲ラッキーナイン
△サンカルロ
△ダッシャーゴーゴー
△カレンチャン

 あとは手堅く各勢力から有力所を引っ張ってくる形で。

結果

1着カレンチャン
2着パドトロワ
3着エーシンヴァーゴウ
4着ロケットマン
5着ラッキーナイン

タイム:1分07秒4 3F:34.4秒
競走除外:13番
カレンチャン 牝4歳
騎手:池添謙一 厩舎:栗東・安田隆厩舎
単勝:10番1120円
複勝:10番420円、3番1050円、14番610円
枠連:2-5 7260円 馬連:3-10 13030円
馬単:10-3 30430円
3連複:3-10-14 25610円
3連単:10-3-14 212610円
ワイド:3-10 3330円
    10-14 1260円 3-14 4690円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーむ、軸馬がイマイチでしたなぁ。
 まぁ、2着のパドトロワが無印なのでどうにもなりませんが。

 でもって、スプリンターズステークスの結果。ゲート入り後ビービーガルダンが放馬したり、人気の海外勢2騎が直線に差し掛かった辺りでゴチャついて力を発揮できず終わったりと、 何かと波乱の多いレースに。馬券の方もパドトロワが2着に突っ込んだこともあって、馬連万馬券、3連単21万馬券と荒れてしまう始末。

 レース自体は、行くと目されていたヘッドライナーにパドトロワも絡んでいったため、ヘッドライナーの単騎逃げにはならず。 そんなこんなで、競ってきた馬がいたこともあって前半3ハロン通過が33.0秒とそれなりのペースに。前に行った馬も残れないことはないが、 どちらかというと中団につけた馬にチャンスが巡ってくる展開に。

 で、やってきたのがカレンチャン。これまでは積極的な競馬することが多かったが、今回はスタートで後手を踏んだこともあって中団からの競馬に。 ただ、じっくりと駒を進められた分、末脚を温存できたようで。出走馬中最速の上がり3ハロン33.8秒を叩き出し、逃げ粘るパドトロワを一蹴。 最終的に1・3/4馬身の差をつけ完勝してしまいました。

 しかし、終わってみれば例年イマイチな結果に終わっていたサマースプリントシリーズ組が上位を独占する結果に。 ただ、今回の上位2頭はいづれもキーンランドカップからここに直行してきた馬。セントウルS経由で挑んてきた馬は相変わらずだったようで。 エーシンヴァーゴウの3着がやっと。やはりそっちに本腰入れちゃうとここまで持たないようですなぁ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。