今週のメインdeパツイチ2011
第24回マイルチャンピオンシップ南部杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第24回 マイルチャンピオンシップ南部杯 東京・ダ1600m  3歳上オープン(JpnI) 2011年10月10日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 バーディバーディ 帝王賞 3着 前走の崩れ方が問題。巻き返しあればいいが。 - -
2 2 イーグルビスティー 建依別賞 2着 前々走で決着済。この条件では出番はなさそう。 - -
3 ワキノカイザー 大綱まつり特 1着 前走のビリを度外視してもこの条件では辛い。 - -
3 4 ブラボーデイジー マーチS 2着 再びスランプに。今回牡馬相手だしさすがに... - -
5 ランフォルセ エルムS 1着 前走着差以上に強い内容。ここでも通用。
4 6 ダノンカモン フェブラリS 4着 少し詰め甘いがフェブラリーS4着は評価でき。
7 エスポワールシチー 帝王賞 2着 一時期ほどの強さなく。あってヒモまでか。 -
5 8 シルクフォーチュン プロキオンS 1着 末脚は鬼。今回東京だし展開さえ嵌れば...
9 オーロマイスター 南部杯 1着 去年の勝ち馬。立ち直りつつあるだけに注意。 -
6 10 ゴールドマイン 青藍賞 1着 マーキュリーC完敗。この相手では苦しくて。 - -
11 トランセンド ドバイWC 2着 実績ダントツ。この条件なら休み明けでも。 -
7 12 ダイショウジェット オーバルSP 1着 調子戻ってきたか。今の勢いならそれなりに。 -
13 ロックハンドスター 桐花賞 1着 前3戦がイマイチ。今回相手もかなり手強く。 - -
8 14 クリールパッション 名古屋大賞典 3着 GIで妙に好走する馬。嵌れば3着はありそうで。 -
15 ボレアス JDダービー 2着 前走楽勝もレベルは?だったかも。ここだと? - -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第24回マイルチャンピオンシップ南部杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第24回マイルチャンピオンシップ南部杯の展望と予想とヨタ話

 いつもなら盛岡で行われるのだが、今年は東京で行われることに。
 秋なのにフェブラリーS?第24回マイルチャンピオンシップ南部杯。

 という訳で、このマイルCS南部杯。前述している通り、今年は盛岡ではなく東京での開催に。そして、それに伴い出走条件も変更され中央のレース扱いに。 そんなこんなで、今年のマイルCS南部杯、使いやすくなったこともあってか中央の有力馬がかなり揃うことに。

 で、その筆頭となるのがこの馬、トランセンド。ジャパンカップダート、フェブラリーステークスと大きいところを立て続けにゲットし、ドバイに遠征。 そのドバイでも、ヴィクトワールピサに負けはしたものの最後まで粘りきって2着を確保し、日本馬ワンツーの片棒を担ぐことに。 そんなトランセンドがこの南部杯で戦列復帰するとあっては、注目しない訳にはいかないでしょう。

 という訳で、予想の方もトランセンド中心で...といきたいところだが「盤石」とまではいかないんじゃないでしょうか。 スマートファルコン・フリオーソといった強力なライバルがいないのは幸いだが、それでもエスポワールシチーやオーロマイスターといったGI・JpnI勝ち馬に、 フェブラリーSでかなりのところまで詰め寄ってきたダノンカモン、夏場の重賞を勝ち勢いあるランフォルセ・ボレアス・シルクフォーチュンがこの南部杯に参戦してますからねぇ。 ドバイWC以来ということで仕上がりきっていなかったりすると、これらの馬に足元をすくわれる、なんてこともあるんじゃないでしょうか。

<第24回マイルチャンピオンシップ南部杯予想>

◎トランセンド
○シルクフォーチュン
▲ダノンカモン
△ランフォルセ
△エスポワールシチー

 穴狙うならたまに大駆けあるダイショウジェット・クリールパッションかな。

結果

1着トランセンド
2着ダノンカモン
3着シルクフォーチュン
4着エスポワールシチー
5着ダイショウジェット

タイム:1分34秒8 3F:37.0秒
トランセンド 牡5歳
騎手:藤田伸二 厩舎:栗東・安田隆厩舎
単勝:11番160円
複勝:11番110円、6番190円、8番410円
枠連:4-6 240円 馬連:6-11 600円
馬単:11-6 800円
3連複:6-8-11 3610円
3連単:11-6-8 8790円
ワイド:6-11 260円
    8-11 720円 6-8 1610円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。3着シルクフォーチュンで好配当ゲット。
 トランセンド1着でこの配当だったら上々でしょうな。

 そんなこんなで、あっさりという訳ではなかったが圧倒的人気のトランセンドが勝利した今回のマイルチャンピオンシップ南部杯。 それほど積極的に行く馬がいないこともあって、すんなりトランセンドがハナを奪って逃げる展開になるかと思ったが、蓋を開けてみれば前半3ハロン通過が34.3秒、1000m通過が0:57.8とかなりのハイペースに。 エスポワールシチーがハナを主張し、トランセンドに譲らず。さらに好スタートを決めたダノンカモンやバーディバーディ、ブラボーデイジーが前のエスポワールシチー・トランセンドにプレッシャーをかけ続けたこともあって、中盤全くペースが落ちず終い。

 そんなこともあって、直線では前に行った馬の我慢比べに。まぁ、こういう流れだったこともあってシルクフォーチュンやダイショウジェットといった追込馬も突っ込んできたが... 結局、前に行った有力馬がそのまま踏ん張って上位確保することに。直線入った段階ではエスポワールシチーがかなりの粘りをみせ、そのまま押し切る勢いだったが、さすがに最後まで持たず。 で、止まったところをトランセンド・ダノンカモンが交わし、この2頭が並んだままゴールへ。シルクフォーチュンは最後差を詰めるもこの2頭には及ばず3着まで。

 で、勝ったのはトランセンド。こういう流れや久々だったこともあって色々苦戦したが、なんとか能力で押し切った、そんな内容でしたな。 ただ、こういう内容だっただけに反動がちと心配。この後、大きなレースが待ち受けているだけにねぇ。調子落ちしなければいいが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。