今週のメインdeパツイチ2011
第14回エーデルワイス賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第14回 エーデルワイス賞 門別・ダ1200m  2歳牝オープン(JpnIII) 2011年10月13日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 グンジョウ ファンタ賞 3着 前2戦が案外。相手強化のここでは... - -
2 コテキタイ リリーカップ 2着 ここにきて一変。時計もまずまずなだけに。
2 3 サブリナラッシュ ウィナーズ 3着 ちと差のある内容続く。この条件では辛い。 - -
4 フリスコベイ ダ千二1:13.9 1着 前走完勝もいきなりの交流重賞でどこまで? -
3 5 リカチャンス ライオンズ特 1着 前走が負けすぎ。中央馬相手では厳しいのか。 - -
6 ユカナ フォーティー 1着 展開嵌れば好走するがこの相手となると。 - -
4 7 クリック ブックネット 3着 前2走負けすぎ。ここでは力不足の感あって。 - -
8 シェアースマイル 500万下 1着 昇級戦も順当に勝利。この勢いならここも。
5 9 シーキングブレーヴ フローラルC 2着 前走は芝。ダートならもう少しやれる筈。 - -
10 ロクイチスマイル 500万下 4着 嵌ればそれなりに走る馬。ヒモ穴で一考。
6 11 マリアサンシャイン フレッシュ 1着 ここ数戦ビリ争いばかり。多くは望めぬか。 - -
12 レイモニ リリーカップ 1着 前々走を評価。あとは仕掛け所次第か。
7 13 アイアムネフライト すずらん賞 9着 ダートはこなすがやや力不足の感あって。 - -
14 セレブレ ブックネット 1着 前走のビリが問題も立て直しているなら。 -
8 15 ジョウノソナタ ダ千二1:13.5 1着 ダートで一変。前走フロックでなければ。 -
16 サンダーウィスカー フローラルC 4着 あと一押し足りない。3着はありそうだが... - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第14回エーデルワイス賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第14回エーデルワイス賞の展望と予想とヨタ話

 芝ではすでに各種重賞が行われていますが...
 2歳のダート路線はこれから。第14回エーデルワイス賞。

 という訳で、このエーデルワイス賞。牝馬限定戦なのでこれを開幕戦とするのは微妙な気もするが、とりあえず、このエーデルワイス賞で2歳ダート路線開幕。 「牝馬限定戦」ということで何かと軽視されそうな一戦だが、去年このレースを勝ったリアライズノユメはその後兵庫ジュニアグランプリを勝ち、全日本2歳優駿でも2着に。 さらに去年4着のクラーベセクレタは南関東で牝馬ながら羽田盃・東京ダービーを制するなど、かなりの馬を輩出しているだけに軽くは扱えない一戦。

 ただ、今年のエーデルワイス賞、小粒な感は否めないですな。中央勢が揃わないのは今に始まった事じゃないが、地元勢がやや手薄なのが気になるところ。 例年だとフローラルカップやリリーカップ上位馬や、中央に挑んでそれなりの成果を出した馬が揃うのだが...今年はこの手の馬があまりおらず。レイモニ・コテキタイ・シーキングブレーヴぐらい。

 となれば、ここは中央勢で勝負するのが妥当でしょう。新馬・500万下と楽勝したシェアースマイルもいることだしさ。あとはこの相手探し。 前述しているレイモニ・コテキタイ・シーキングブレーヴ辺りになるんだろうけど、ここは中央500万下で好走したレイモニ・ロクイチスマイル優先でいきましょうか。

<第14回エーデルワイス賞予想>

◎シェアースマイル
○セレブレ
▲レイモニ
△フリスコベイ
△ロクイチスマイル
△コテキタイ

 ダートで一変したジョウノソナタも怖いが、ここは様子見かな。

結果

1着シェアースマイル
2着シーキングブレーヴ
3着ロクイチスマイル
4着ジョウノソナタ
5着フリスコベイ

タイム:1分13秒3 3F:37.8秒
シェアースマイル 牝2歳
騎手:丸山元気 厩舎:美浦・栗田徹厩舎
単勝:8番180円
複勝:8番120円、9番440円、10番140円
枠連:4-5 650円 馬連:8-9 3020円
馬単:8-9 4390円
3連複:8-9-10 3820円
3連単:8-9-10 20140円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、シーキングブレーヴですか。
 買えなくはないが、他に印まわしちゃうとちょっとねぇ...

 でもって、エーデルワイス賞の結果。勝ったのは1番人気のシェアースマイル。道中は中団よりやや前での競馬。勝負所で外からマクり気味に進出し直線へ。 あとは、内で粘るフリスコベイを交わし先頭へ。そして差を詰めてくるシーキングブレーヴ・ロクイチスマイル・ジョウノソナタを振り切ってゴールへ。

 しかし、これまでのようにスンナリとはいきませんでしたな。シェアースマイル。直線入ったところではこの勢いのまま独走態勢に持ち込み楽勝、 なんて雰囲気だったが、そこまで伸びず終い。まぁ、とりあえず重賞勝ったことは評価するが...相手強化されるとどうなんでしょうかねぇ?



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。