今週のメインdeパツイチ2011
第16回秋華賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第16回 秋華賞 阪神・芝2000m  3歳牝オープン(GI) 2011年10月16日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 キョウワジャンヌ ローズS 3着 流れに乗って上位確保した感有。ここだと? - -
2 リヴァーレ 三面川特別 1着 重賞の壁あったか。GIでは荷が重そうで。 - -
2 3 リトルダーリン 忘れな草賞 4着 嵌ればそこそこの脚使う。3着穴で一考。 -
4 アヴェンチュラ クイーンS 1着 復帰後の成績評価。ここでも勝ち負けに。 -
3 5 フレンチボウ 牝500万下 1着 パンチ不足。時計掛かる展開じゃないと。 - -
6 ピュアブリーゼ オークス 2着 粘れなかった前走不満。一変あればいいが。 -
4 7 マイネソルシエール フローラS 2着 馬場渋れば怖い。週末天気崩れそうなだけに... -
8 デルマドゥルガー クイーンC 3着 いい頃の走り戻った?展開嵌れば一発も。 -
5 9 エリンコート オークス 1着 前走は休み明け堪えたか。絞れれば一変も。 - -
10 スピードリッパー オークス 5着 前走負けすぎ。今回相手もかなり強くなって... - -
6 11 ゼフィランサス 牝500万下 1着 ぶっつけの上に格下。これではさすがに。 - -
12 ホエールキャプチャ 桜花賞 2着 前走有力所を一蹴。最後の一冠ゲットなるか? -
7 13 アカンサス スイートピー 1着 前走が案外。一叩きした効果あっても... - -
14 メモリアルイヤー 西部日刊スポ 4着 1000万下で勝ち切れず。この条件ではさすがに。 - -
15 マイネイサベル ローズS 2着 嵌ればいい脚使う。ここでも展開次第で。
8 16 カルマート 紫苑S 1着 オークスは16着も一夏越えて馬が変わったか。
17 レッドエレンシア UHB賞 1着 手薄な所勝った感否めず。距離も微妙で。 - -
18 マルセリーナ 桜花賞 1着 前走は久々が堪えたか。一叩きして変われば。 -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第16回秋華賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第16回秋華賞の展望と予想とヨタ話

 今週から本格的に秋のGIシリーズスタート。
 3歳牝馬クラシックの最終戦・第16回秋華賞。

 という訳で、この秋華賞。前述している通り、3歳牝馬クラシックの最終戦。去年の秋華賞や今年の牡馬路線のように「三冠達成を賭けた一戦」にはならなかったが、 実績馬がきっちり出揃ったこともあって、それなりには盛り上がりそうな一戦に。

 ただ、今回の秋華賞。これらの実績馬で順当に決まるかといわれると...正直、微妙なところ。というのも、秋初戦の紫苑S・ローズSがああいう結果でしたからねぇ。 紫苑Sではオークス2着のピュアブリーゼが12着と大敗するし、ローズSでは秋華賞・オークスと好走したホエールキャプチャが勝ったものの、桜花賞馬マルセリーナは6着、 オークス馬エリンコートは10着と不甲斐ない結果。まぁ、一叩きして調子が上向けば十分巻き返しできるんだろうけど、その通りになるかといわれると...ねぇ。

 そんなこんなで、今回の秋華賞。「春の実績馬が今回も力を発揮できず凡走する」なんてシナリオも想定しておいた方がいいでしょう。 とりあえず、一叩きして変わる余地が多いマルセリーナを中心にして勝負してみますが、一発狙いでカルマート・マイネイサベル・デルマドゥルガー辺りもマークしておきたいところ。 あと、週末の雨で馬場状態が悪くなっているようなら、マイネソルシエールの大駆けに期待するのもアリでしょうな。15番人気で2着に入ったフローラSぐらい走れば、ひょっとすると...

<第16回秋華賞予想>

◎マルセリーナ
○マイネソルシエール
▲アヴェンチュラ
△ホエールキャプチャ
△カルマート
△マイネイサベル

 波乱ナシならアヴェンチュラ・ホエールキャプチャ辺りでいいでしょう。

結果

1着アヴェンチュラ
2着キョウワジャンヌ
3着ホエールキャプチャ
4着アカンサス
5着リヴァーレ

タイム:1分58秒2 3F:35.8秒
アヴェンチュラ 牝3歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・角居厩舎
単勝:4番310円
複勝:4番130円、1番360円、12番110円
枠連:1-2 2840円 馬連:1-4 3100円
馬単:4-1 4250円
3連複:1-4-12 1720円
3連単:4-1-12 12680円
ワイド:1-4 860円
    4-12 170円 1-12 590円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。アヴェンチュラはいいとしても...
 キョウワジャンヌはちょっとキツいですなぁ。

 でもって、秋華賞の結果。予想で「春の実績馬が今回も力を発揮できず凡走」なんて言っていたら、その通りになってしまいましたな。 勝ったのは故障で春シーズンを棒に振ったアヴェンチュラ。そして2着にはキョウワジャンヌ。一応、ここでもホエールキャプチャが春同様ほどほどの着順をゲットしたが... かなりの人気背負ってこの結果では期待はずれと言われても仕方がないところ。ちなみに、桜花賞馬マルセリーナは7着、オークス馬エリンコートは10着といいところナシ。

 レース自体は、メモリアルイヤーが飛ばしていったこともあって前半3ハロン通過が34.6秒、1000m通過が0:58.3とかなり早め。まぁ、飛ばしていったのはメモリアルイヤーの1頭だけなので、 他の馬にとってはやや早めのペース、といったところだったんだろうけど...それでもロスが多かった馬は最後でかなり苦しくなったようで。結局、先行・差し・追込関係なく、内側をロスなく立ち回った馬が上位を独占する結果に。 2着のキョウワジャンヌだけではなく、リヴァーレ・リトルダーリンや、比較的外目の枠だったがうまく内に潜り込んで最内から突っ込んできたアカンサスとかが台頭することに。

 そんなこんながあったが、とりあえず、勝ったのはアヴェンチュラ。枠順や道中のポジションにかなり助けられた面はあったが、 直線に入って後続をあっさり突き放してしまうなど、能力の高さを窺わせる内容でした。一方、人気を背負ったホエールキャプチャ。 勝った馬に比べ外を走らされたことが堪えた感はあるが...正直、こんなもんかもしれませんな。「大きいところでは決め手を欠く」というのは相変わらずなんでしょうな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。