今週のメインdeパツイチ2011
第72回菊花賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第72回 菊花賞 京都・芝3000m  3歳牡牝オープン(GI) 2011年10月23日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 トーセンラー きさらぎ賞 1着 末脚はなかなか。展開嵌れば上位に。
2 ルイーザシアター 京都新聞杯 4着 詰めが甘い。ここでは余程嵌らぬと。 - -
2 3 スーサングレート 兵庫特別 4着 昇級してから伸び悩む。GIではさすがに... - -
4 ユニバーサルバンク 京都新聞杯 2着 前走負けすぎ。一叩きして変わればいいが... - -
3 5 フェイトフルウォー セントライト 1着 前走快勝。この調子なら春みたいには。
6 シゲルリジチョウ 美作特別 1着 嵌ればいい脚使うだけに一発も。穴で一考。 -
4 7 ゴットマスタング 500万下 1着 500万下だが勝ちっぷり評価。3着程度なら。 -
8 ベルシャザール 日本ダービー 3着 一押し足りない。入着はありそうだが... - -
5 9 ダノンミル 若葉S 1着 叩き2戦目で上積み見込めるがこの条件だと? - -
10 ロッカヴェラーノ すみれS 1着 前走が案外。一叩きして変わればいいが... - -
6 11 サダムパテック 皐月賞 2着 秋初戦まずまず。この条件ならそれなりに。 -
12 ハーバーコマンド HTB賞 2着 前走勝っておきたかった。GIでは力不足。 - -
7 13 ウインバリアシオン 日本ダービー 2着 オルフェーヴルを逆転するのは辛いが2着なら。 -
14 オルフェーヴル 日本ダービー 1着 休み明けの前走も完勝。順当に三冠達成か。 -
15 サンビーム 清滝特別 1着 逃げ馬だが大逃げタイプではなく。厳しい。 -
8 16 ダノンマックイン 兵庫特別 1着 一伸び足りない。条件戦はともかくGIでは。 - -
17 フレールジャック ラジオNIKKEI 1着 前走やや差のある3着。ワンパンチ不足か。 - -
18 ショウナンマイティ 弥生賞 4着 詰め甘い。うまく立ち回れば3着はあるが... -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第72回菊花賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第72回菊花賞の展望と予想とヨタ話

 楽勝で二冠達成したオルフェーヴル、三冠達成なるか?
 3歳牡馬クラシック三冠目・第72回菊花賞。

 という訳で、この菊花賞。前述している通り、3歳牡馬クラシックの三冠目、そしてオルフェーヴルの三冠が賭かった一戦。 冬場はやや詰めの甘い競馬が続いたが、皐月賞・日本ダービーを完勝。復帰戦となった神戸新聞杯も2着に2・1/2馬身の差をつけ完勝しているだけに、 ここも楽勝で三冠達成といきたいところだが...さて、どうでしょうか。

 まぁ、そうはいってみたものの、これといったライバルが現れないままここに至っていますからねぇ。先週の秋華賞のように「秋になって勢力図が一変」なんてことはあまり望めないんじゃないでしょうか。 となると、秋初戦を楽勝したオルフェーヴルの三冠は濃厚でしょうな。

 で、予想の方もオルフェーヴル中心で。先週、コースの内側をロスなく走れた馬が有利だったことや、逃げ馬が穴をあけることが多い京都の長距離戦という点を考慮すれば、 展開次第で紛れが生じることもありそうだが...割と自在に振る舞える馬だからねぇ。ここはこの馬で勝負するしかないでしょう。

 ただ、2着以下となるとそうとも言ってられないでしょう。次点候補なら日本ダービー・神戸新聞杯とオルフェーヴルに次ぐ2着を確保したウインバリアシオン、 皐月賞2着のサダムパテック辺りなんだろうけど、春結果を出せなかったフェイトフルウォー・トーセンラーが前走のセントライト記念で巻き返していますからねぇ。 あと、この辺りの馬が相手なら他路線の馬でも展開次第でチャンスはあるんじゃないでしょうか。条件戦でいい脚を使ったシゲルリジチョウ・ゴットマスタングや、 うまく逃げ込みできれば怖いサンビームとかさ。

<第72回菊花賞予想>

◎オルフェーヴル
○シゲルリジチョウ
▲ウインバリアシオン
△フェイトフルウォー
△トーセンラー
△サダムパテック

 あとは、オルフェーヴルがどれだけ人気背負うかどうかだな。

結果

1着オルフェーヴル
2着ウインバリアシオン
3着トーセンラー
4着ハーバーコマンド
5着サダムパテック

タイム:3分02秒8 3F:35.1秒
オルフェーヴル 牡3歳
騎手:池添謙一 厩舎:栗東・池江泰寿厩舎
単勝:14番140円
複勝:14番110円、13番140円、1番230円
枠連:7-7 320円 馬連:13-14 330円
馬単:14-13 400円
3連複:1-13-14 1050円
3連単:14-13-1 2190円
ワイド:13-14 170円
    1-14 320円 1-13 740円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、順当ならこうなりますわな。
 オルフェーヴル、前二冠同様強い競馬をして三冠達成。

 という訳で、前述している通りオルフェーヴルが勝ち、三冠達成。序盤戦はやや折り合いを欠く面もみられたが、それ以外はこれといった問題も発生せず中団で順調に駒を進める形に。 勝負所の3〜4コーナーで早め早めに進出し、直線入ったところで先頭に。あとは、後続を難なく突き放し独走態勢に持ち込み、そのままゴールへ。 2着には最後方待機から馬群を縫って抜けてきた2番人気のウインバリアシオン、3着には終始オルフェーヴルをマークするような形で駒を進めた3番人気のトーセンラーが入り、 1〜3番人気が1〜3着まで順に入るという人気通りの決着に。

 しかし、ここまであっさり三冠達成してしまうとはねぇ。オルフェーヴル。やはり、前走の神戸新聞杯で大方の決着がついてしまっていたんでしょうな。 菊花賞本番になっても、これといった新興勢力の台頭もなく、それでもって、その神戸新聞杯の再現をしたかのような結果になってしまうんですからねぇ。 とにかく、3歳勢では一頭だけ抜けた存在であることは間違いないでしょう。あとは「古馬相手にどこまでやれるか」でしょうな。本当に能力があるのか、 それとも現3歳世代のレベルがイマイチだっただけなのか、古馬と戦うことになる次のレースはその真価が問われる一戦になるんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。