今週のメインdeパツイチ2011
第144回天皇賞秋出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第144回 天皇賞(秋) 東京・芝2000m  3歳上オープン(GI) 2011年10月30日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 シルポート マイラーズC 1着 粘り足りず。ただ今回好枠引いただけに... -
2 ダノンヨーヨー マイルCS 2着 前走の末脚評価。一叩きした効果あれば。
2 3 アクシオン 札幌記念 2着 前走が完敗。この条件ではちと苦しくて。 - -
4 エイシンフラッシュ 日本ダービー 1着 GI好走は評価も休み明けでこの相手だと? - -
3 5 ブエナビスタ 天皇賞秋 1着 ぶっつけ本番だが去年と同じローテ。連覇も。 -
6 ビッグウィーク 菊花賞 1着 ここ数戦いいところなく。条件合わない? - -
4 7 ダークシャドウ 毎日王冠 1着 前走の末脚を評価。能力的にはGIでも通用。 -
8 ペルーサ 天皇賞秋 2着 去年の2着馬。嵌れば今年も上位争い可能。 -
5 9 ジャガーメイル 天皇賞春 1着 久々の前走好走。上積み見込めるだけに。 -
10 メイショウベルーガ エリ女王杯 2着 牡馬相手でも問題なし。展開次第で一発も。 -
6 11 ローズキングダム ジャパンC 1着 連敗は脱出。ただ今回相手一気に強化されて。 -
12 トーセンジョーダン 札幌記念 1着 東京好走ある馬。GIでも流れに乗れれば。
7 13 ミッキードリーム 朝日CC 1着 毎日王冠3着が精一杯。この相手では... - -
14 シャドウゲイト 中京記念 2着 パンチ不足。時計掛かる馬場状態じゃないと。 - -
15 シンゲン オールカマー 1着 一叩きした効果ありそうだがどこまで変わる? - -
8 16 ナリタクリスタル 新潟記念 1着 格下感否めず。前走7着で決着済っぽくて。 - -
17 トゥザグローリー 有馬記念 3着 前2走が問題。一息入れて変わればいいが... - -
18 アーネストリー 宝塚記念 1着 好調だがこの枠順は厳しく。去年並み? -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第144回天皇賞秋枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第144回天皇賞秋の展望と予想とヨタ話

 秋華賞・菊花賞と続いた3歳GIも終了。今週から古馬の出番。
 中長距離馬もマイラーも集結!第144回天皇賞秋。

 まぁ、そんなこんなで、オールフェーヴルの三冠達成で盛り上がっているGI戦線ですが、古馬路線もこの天皇賞秋で開幕。 この後もジャパンカップや有馬記念という大舞台が続き、そして有馬記念では前述したオールフェーヴルとの対決が見込まれているだけに、 各馬、ここで結果を出していい形で次を迎えたいところ。

 で、今回の天皇賞秋。有力所が多少欠けていたりするが、去年の覇者ブエナビスタに、宝塚記念馬アーネストリー、 去年のジャパンカップ馬ローズキングダムに去年のダービー馬エイシンフラッシュとかなりの顔ぶれに。 さらに、GIで好走したペルーサ・トゥザグローリーに、GII勝ちで勢いに乗るダークシャドウ・トーセンジョーダン、 そして、天皇賞春勝ちのジャガーメイル、菊花賞勝ちのビッグウィークといった長距離馬、マイルCSで2着に入ったダノンヨーヨーやマイラーズCを逃げ切ったシルポートといったマイラー等も揃い、 バラエティに富んだ一戦となりました。

 しかし、ここまでメンバーが揃うとなると予想するのも一苦労。去年の勢いあるなら、ブエナビスタ・ローズキングダムでいいんだろうけど... ブエナビスタはジャパンカップ降着でケチがついたのか、その後大舞台で2着を連発してしまうし、ローズキングダムは当時の末脚を失って詰めの甘い競馬続いたりしたし、 今年はイマイチ信用できないのが実情。実際、この2頭が出走した宝塚記念ではブエナビスタが2着、ローズキングダムが4着に敗れ、アーネストリーの台頭を許すことになってしまったんだし。

 そんなこんなで、「有力所がこういう状態だから、その宝塚記念を制したアーネストリーで勝負するのが妥当。ぶっつけ本番ではなく、きっちり前哨戦使って勝っているんだし」みたいな形で予想をまとめようとしたのだが...この枠順ですよ。 よりによって大外枠18番を引いてしまうとは。さらに、ハナを奪って逃げたいシルポートは最内枠を引いた上に、出来れば前で競馬したいシャドウゲイトが中途半端に外枠を引いてしまったこともあって、スンナリ好位を確保することがかなり厳しい状況に。

 という訳で、回り回ってブエナビスタ中心に。休み明けが心配だが、一応去年もそれで勝っていることだし、極端な変化がない限り大丈夫なんじゃないでしょうか。 相手には前走札幌記念を勝ったトーセンジョーダンを。有馬記念で好走していることを考えれば、この相手でもそれなりに通用しそうだし、今回は[2-1-0-0]の東京コースですからね。 そして、東京5勝、前哨戦の毎日王冠を勝ったダークシャドウも当然マーク。そのマイチに王冠では、直線で馬群に包まれたにも関わらず、あの末脚を使って差し切っちゃってますからね。 GIでも注意必要でしょう。

<第144回天皇賞秋予想>

◎ブエナビスタ
○ジャガーメイル
▲トーセンジョーダン
△ダークシャドウ
△アーネストリー
△ダノンヨーヨー

 あと、一度使って変わり身ありそうなジャガーメイル・ダノンヨーヨーにも注意。

結果

1着トーセンジョーダン
2着ダークシャドウ
3着ペルーサ
4着ブエナビスタ
5着トゥザグローリー

タイム:1分56秒1(R) 3F:35.8秒
トーセンジョーダン 牡5歳
騎手:N.ピンナ 厩舎:栗東・池江泰寿厩舎
単勝:12番3330円
複勝:12番850円、7番260円、8番350円
枠連:4-6 910円 馬連:7-12 7020円
馬単:12-7 23560円
3連複:7-8-12 22790円
3連単:12-7-8 214010円
ワイド:7-12 2520円
    8-12 3950円 7-8 1090円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。○▲でこの配当なら上々でしょう。
 ブエナビスタ3着なら3連単もゲットだったんだが...まぁ、仕方ないか。

 という訳で、人気所がかなりコケたこともあって波乱の結果になった今回の天皇賞秋。2番人気のダークシャドウが2着を確保したこともあって、そこまで極端には荒れなかったが... 1着が7番人気のトーセンジョーダン、3着が6番人気のペルーサだったこともあって、3連単は21万馬券とかなりの配当に。

 レース自体は、大方の予想通りシルポートが単騎で逃げる展開。ただ、事前に「飛ばして逃げる」と言っていたとはいえ、ここまで飛ばすことになるとは。 前半3ハロン通過が34.3秒、1000m通過が0:56.5と時計の出る今の東京を考慮してもかなりのハイペースで逃げる展開に。さらに、これを後続馬がそれなりの位置で追っかけちゃいましたからねぇ。 スピードについていけなかったり、追走で精一杯になってしまった馬はそこで終了。

 で、次々と各馬が脱落していく中、馬群から抜けてきたのが勝ったトーセンジョーダン。ダークシャドウもこれにつれて上がってきたが、 一歩先に抜け出したトーセンジョーダン、これを最後まで抜かせず。最後は内からブエナビスタ、外からペルーサが差を詰めてきたが、結局、この並びのままゴールへ。

 しかし、勝ったトーセンジョーダン。この相手、そしてこのタイムで勝ったのは十分評価できるんだが...今回は他の有力馬に比べ、順調に使えた分勝てた感じは否めませんな。 次はこれら有力馬の巻き返しあるだろうし、このまま順調に勝ち続ける、という訳にはいかないんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。