今週のメインdeパツイチ2011
第11回JBCスプリント出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第11回 JBCスプリント 大井・ダ1200m  3歳上オープン(JpnI) 2011年11月3日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サマーウインド JBCスプ 1着 去年の勝ち馬。間隔開くがいきなりでも。 -
2 2 ポートジェネラル 来週土曜は黒 1着 一時期ほどの粘りなく。行き切れても... - -
3 ダイワメンフィス 春野町菊の森 1着 地元ならまずまずもこの条件では厳しく。 - -
3 4 パフォーマンス 道営スプ 1着 道営成績評価。交流重賞でも通用しそうで。 -
5 ジーエスライカー さきたま杯 2着 前走完敗。この相手だとさすがに辛いか。 - -
4 6 ラブミーチャン 東京盃 2着 前走の粘り評価。展開嵌ればここでも再現可能。 -
7 ナイキマドリード さきたま杯 1着 やや伸び悩むも流れ向けば巻き返しも。 -
5 8 テンジンミナトオー デイリー賞 5着 自己条件で入着までの馬。ここでは厳しい。 - -
9 オーロマイスター 南部杯 1着 前走が案外。前々走ぐらい走ればいいのだが... - -
6 10 セレスハント 東京スプ 1着 59kg背負って勝った前走評価。ここでも。 -
11 スーニ 東京盃 1着 重賞連勝で完全復活。調子崩さなければ。 -
7 12 セイクリムズン かきつばた記 1着 一叩きした効果見込め。上位争いは可能。
13 ブリーズフレイバー メトロ賞 1着 前走は展開厳しく。もう少し緩い流れなら... -
8 14 ニシノコンサフォス オータムSP 3着 交流重賞では行くのも一苦労。多くは望めぬ。 - -
15 ダッシャーゴーゴー CBC賞 1着 新馬以来のダート。こなせれば即通用していい。

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第11回JBCスプリント枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2011年版
第11回JBCスプリントの展望と予想とヨタ話

 JBCシリーズの2戦目はスプリント戦。
 連覇?返り咲き?それとも?第11回JBCスプリント。

 で、このJBCスプリント。その名の通りスプリント戦。コース設定上微妙に距離が短くなったり延びたりすることもあるが、今回はきっちり1200m戦。 連覇を狙うサマーウインド、返り咲きを狙う一昨年の覇者スーニ、この2頭がこのJBCスプリントに参戦。

 ただ、この2頭の一騎打ちになるかどうかは微妙なところ。サマーウインドは休み明け、スーニは最近までスランプに陥っていた等、 それぞれ何かしら問題抱えているだけに、正直、信用しきれないのが実情。さらに、今回、他のメンバーも揃ってますからね。 今回と同じ大井ダ1200mの東京スプリントを勝ち、前走のOP戦で59kgを背負ったにもかかわらずきっちり勝ったセレスハント、 かきつばた記念を完勝、叩き2戦目で上積みありそうなセイクリムズン、前走の東京盃で見せ場作ったラブミーチャン、中央芝のGIで好走あるダッシャーゴーゴーとかさ。 ここまでメンバーが揃うとさすがに「一騎打ち」なんていってられないでしょう。

 で、これらを考慮してJBCスプリントの予想を。ダートをきっちりこなせるならばダッシャーゴーゴーで勝負したいのだが、ちと不安があるのでここは別の馬で。 OPとはいえ前走の勝利評価できるセレスハントで勝負。あとは前述のダッシャーゴーゴー、JBCスプリント勝ち馬サマーウインド・スーニを。

<第11回JBCスプリント予想>

◎セレスハント
○パフォーマンス
▲ダッシャーゴーゴー
△サマーウインド
△セイクリムズン
△スーニ

 しかし、一筋縄ではいきそうにない一戦ですな。一波乱あるかも。

結果

1着スーニ
2着セイクリムズン
3着ダッシャーゴーゴー
4着ラブミーチャン
5着セレスハント

タイム:1分10秒1(R) 3F:36.6秒
競走除外:9番
スーニ 牡5歳
騎手:川田将雅 厩舎:栗東・吉田直厩舎
単勝:11番250円
複勝:11番110円、12番130円、15番180円
枠連:6-7 360円 馬連:11-12 460円
枠単:6-7 660円 馬単:11-12 930円
3連複:11-12-15 1200円
3連単:11-12-15 4750円
ワイド:11-12 190円
    11-15 460円 12-15 480円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。人気所での決着だったが...
 軸馬が来ないのではなぁ。印は打っててもタテ目でアウト。

 そんなこんなで、スーニがダート短距離路線の王者に返り咲き。前走同様今回も後ろからの競馬。直線では、好位から競馬したラブミーチャン・セイクリムズン、 中団から伸びてきたダッシャーゴーゴーが並んで争っていたが、これを外からまとめて交わして先頭へ。で、あとはその勢いのまま突き抜け、最終的に1・1/4馬身の差をつけ完勝。

 という訳で、勝ったのはスーニ。まぁ、これだけやれれば十分でしょう。ただ、盤石というにはまだ早いんじゃないでしょうか。今回、サマーウインドは休み明けだったし、 2着以下の馬も展開次第でもっと差を詰められるだろうしさ。まぁ、再戦に相応しい舞台が用意されていないのがちょっとアレですが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。